« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

最近の休日・・・&ぐうたら度数2105

昨年の10月にブログとやらを始めて、今回が30件目の記事になります。
皆さんのコメントが励みとなり、「ぐうたらな」私がここまでくることが出来ました。
相変らずのネタなしブログですが、これからもよろしくお願いします!

・・・んでやっぱりネタがない(^^;)
それで休日の過ごし方でもご紹介しようかと。
興味がないと言わずに最後まで読んで下さいね(^_^)vただし・・・長いですよ~(*_*)

まずは22日(金)の休日からいってみま~す!
この日は職場の仲間と山登り+温泉+宴会の予定だったんですが、所用により欠席(T_T)
午前中は色々な用事をこなし、あっという間にお昼です。
ぽっかり空いた午後ですが、ビデオを観たり本を読んだりとインドアなことをしようかと思いましたが、何日か前の朝日新聞の1面に載っていた,佐賀県川副(かわそえ)町の麦畑の航空写真を思い出し、その黄金の絨毯のような麦畑を見るために出かけることにしました。

Dc052313家の近くの九州新幹線の高架工事現場です。
再来年に開通予定。鹿児島が近くなるな~。






Dc052316途中の曲渕ダムです。
今の季節は緑がきれいです。






Dc052319さらに峠を進むと巨大なループ橋があります。
こんなの必要なの?って思う方も多いでしょうね。












Dc052327_2 峠を越えてしばらく走ると川副町に到着。
確かに道の両端は一面黄金色の麦畑でした。
ただこのあたりは山や小高い丘のような所がないのが残念です。
上から見下ろしたら新聞の航空写真のようにもっと素敵だったでしょうけど。


せっかくここまで来たので佐賀空港に行ってみることにしました。
Dc052332こんな道を走ります。
どこまで行ってもこんな調子。
いや~さすが佐賀平野!どこを向いても平地平地・・・。




Dc052334 飽きちゃいました(@_@)
途中で引き返し、迷走しながらも八女I.C.からワープして帰りました。







翌23日(土)の休日ですが、この日は長女が美容院に行くというので、孫娘のお守です。7月で1歳になりますが、最近はつかまり立ちも上手になり、目が離せません。
Dc052336 スカートがなんとも可愛い!













天気が良いので、奥さんと孫娘の3人で油山牧場(もーもーらんど)に行くことにしました。Dc052338 車で20分ほどで到着。
市内にこんな牧場があるなんて信じられませんね~。
阿蘇に来た気分になれますよ?。





Dc052348 牧場といえばソフトクリームを食べないとね~。
感じの悪いサングラスですが,先日「通販生活」で買ったウォーキング用です。
もともと顔が怖いのでいいかな。










Dc052352 遠くに福岡市の中心部が見えます。
「ほんなこと博多は海にも山にも近くて、よかところやんね~」と実感!。





Dc052355 孫娘も初めて見るヤギに感動??













Dc052357 手を突っ込んで羊の耳を引っ張ったりしてます。







Dc052368 ニワトリにも興味があるようですが・・・このあと泣き出しました。












Dc052390 このガチョウ達が悪いんですよね~。
ガーガーとうるさい声で寄ってきて足を突かれました。
けっこう痛いのですが、それを奥さんが面白がって動画に撮ってました。
あとで観たらそうとう面白くて、家族全員大うけでした。

ちなみにこの観光牧場?は山の中腹にあり、斜面ばかりで相当運動になりますよ。
孫娘も退屈しだしたようだし、私も奥さんも歩くのが辛くなってきた^^;ので退散することにしました。
ここで油山の入口(観光道路沿い)に美味しいパン屋があることを思い出し、寄ってみることに。
店はすぐにわかりましたが、とにかくどのパンもめちゃくちゃ高い!!コストパフォーマンス重視の夫婦には無理なお店だ!1個だけ買って逃げるように(>_<)出ました。
店名は内緒にしときます。
そして自宅に向かって小笠木(おかさぎ)峠を走っていたら、パン屋の幟を発見!フラフラと寄ります。
ほんとに看板や幟に弱い夫婦です。山の中にある一軒家でパンを焼いているようです。
Dc052391 この小さな石釜で焼きます。







Dc052392 安いです!!おいしいです!!







Dc052395 テラスで無料のコーヒーを飲みながら食べます。
モチモチした食感が最高。
国産小麦(北海道産)使用とのことです。
ただし店頭販売は土日のみで、11時開店、なくなり次第終了らしいです。



Dc0523101 場所は那珂川町の山田の交差点から小笠木峠に入って500メートルほど走れば右側にあります。
「山ん中の石釜パン屋さん」・・・パンフレットを見るとこれが名前のようです。
マヨネーズ少なめのツナマヨネーズのパンがお勧めかな。お土産用のパンと野菜(一袋100円)を買い込んで無事に帰宅しました。


次の休日、28日(木)は強風が吹き荒れた1日でした。
自転車好きの私は、眠いのを我慢しながらジロ・デ・イタリア(イタリアを一周する自転車レース)を毎日のように見ています。
見ているばっかりじゃ~ってことで、久しぶりにサイクリングに行きました。
午前中は雑用に追われ、昼過ぎからまったりと出発。まずはお気に入りの太宰府天満宮を目指します。家から30分ほどで到着。
Dc053019さすがに平日の参道はガラガラです。







Dc053022自転車を押して歩いていたら、菖蒲の池がありました。
夜ライトアップした時はもっと綺麗に見えるかな?





Dc053027九州国立博物館の前で一枚。







それからは車の少ない、路面のきれいな道を選んで、適当に走っていました。
途中メーターを見たら速度45キロ!こんなスピードで巡航できるなんてやっぱり日頃の自転車通勤で脚力がついたんだな~と我ながら感心。
Dc053030 あさくら・筑前町方面の麦畑の途中で写真撮影。
撮影中に2回も自転車が倒れました(T_T)
それぐらい風が強い日でした。





そろそろ帰ろうかと来た道を折り返します。
・・・まったく進みませんです(^_^;)
巡航スピード45キロは脚力じゃなかったのね~。追い風のおかげだったんですね~。
それから自宅まではコンビニでアイスを食べたりしながらヘロヘロで帰宅です。
当然ながら失った水分はビールとワインで補給しました!


さて5月のぐうたら度数いってみま~す♪
・バイク・・・距離こそ少ないですが、タンデムで近場をうろうろしたり、ソロで迷走したりと、それなりに良かったかな ○
・本・・・野村監督の「野村再生工場」やユニクロを立ち上げた柳井正社長の「一勝九敗」はなかなか面白かったです。
ソフトバンクの地元にいながら今年から夫婦で楽天を応援していますが、本を読んでますます楽天が好きになりました。 ○
・自転車・・・通勤&サイクリング1回 ○
・ウォーキング・・・最近夫婦で歩数計(シチズンのTW700)を買いました。
パソコンにつなぐと歩数や距離を自動で読み込み、日本地図が出てきて「バーチャル日本一周」が楽しめます。
今は北海道をスタートして反時計廻りで秋田に向かっています。
案外と面白くて、最近はむきになって歩いています(笑)。  ◎
・筋トレ・・・スロートレーニングの本を読みながら、ちょっとだけ頑張りました。  ○
・酒・・・いつも飲みすぎるんで、こんなこっちゃいかんと一発奮起?して、10日間ぐらい自宅での晩酌を自粛しました。
これからも晩酌は休日前だけにしようと思っていますが、ぐうたらな私が続くかな?もちろん奥さんはいつも旨そうに飲んでます。  ○
・仕事・・・ブログに仕事のことは書きたくないのですが、最近はトラブルやクレーマー対応も多く、新しい業務も入ってきて,覚えることがたくさん!・・・頭をかかえています。
がんばらないかんな~。  ××
※やっぱり10年間一緒に過ごした愛犬が天国に旅立ったのが辛かった。
今でも奥さんや娘は思い出してはメソメソしているようです。ほんと家族の中心だったな~。
ぐうたら度数はちょっと低めの40%。

最後までお読みいただき,ありがとうございました。次回も長編で勝負??
覚悟しといて下さいね~(^_^)v

| | コメント (12) | トラックバック (0)

寄り道だらけの二人旅&ぐうたら度数2104

またまたちょっと(かなり?)賞味期限の過ぎた記事で申し訳ありませんm(_ _)m

今日(5月5日)はお休みです。
家内と休みがたまたま合ったし,天気も良いのでタンデムでどこかに行こうかな~と。
時間も10時半なのであまり遠くにも行けず,色々と考えていたら,「鷹島(たかしま)」に行ってみよう~と決定!
最近,佐賀県の唐津と長崎県の鷹島の間に橋ができたらしいです。

自宅近くのインターから都市高に乗り,インカムで「都市高が渋滞しとったりして・・」と笑って話していたら,ホントに大渋滞(T_T)
バイクの利点をいかしてなんとか進んでいると??事故処理中でした。
そこを通り過ぎたらスイスイ。そのまま西九州自動車道に入ります。
ところが前原の料金所を出てからしばらくするとまたまた大渋滞!今度は事故ではなさそうです。
他の道に行ってみようと海沿いの国道に進路変更・・・やっぱり同じでした。
家内に「どうする~?」と聞くと「やめとこう」の返事。
鷹島まで延々とすり抜けするのも大変なんで,来た道をちょっとだけ戻り,定番の?糸島半島に向かいます。
写真でも反対車線が渋滞しているのがわかりますね~。
やっぱりGWはどこに行っても大変だ!Dc050632
Dc050634







ブラブラと食材の店なんかを見てたら,近くにケーキ工房を発見!
こだわりの卵で作っているプリンは美味しかったけど,値段も高め。
試食したケーキも美味しかったけど,値段も立派なんで買いません。
Dc050639_2 Dc050636








Dc050645
今日の家内は自衛隊バージョンです(笑)。












プリンのあとはいつものように二見ヶ浦に行きますが,駐車場から車があふれている状態で,すぐに退散。
色々考えて,以前長女から教えてもらっていた「伊都菜彩」というJAがやっている?市場に行くことにします。
途中で「糸島手造りハム」の看板を発見!フラフラと立ち寄ります。
コーヒーとチーズパンで休憩し,ウインナーと生ハムのセットをお土産に。
また走り出しますが,今度は「杉能舎(すぎのや)」という酒蔵の看板を発見!やっぱり引き寄せられるように立ち寄ります(笑)。
Dc050646







Dc050652
地ビールが有名で,色々と賞を取っているようで・・・地ビール3本セット,「鳳寿」という日本酒,「恋ほたる」という微発砲酒?を購入。
日本酒好きの私は晩酌が楽しみに・・・早く帰って飲みたいな~(笑)。








Dc050658_2
再び走り出して「伊都菜彩」に到着。
かなり大きな道の駅って感じです。魚から野菜まで新鮮な物が揃っていました。


ここで「博多巻き」という名の海鮮巻きを買い,隣のうどん屋さんで(持ち込みOK)遅めの昼食。
うどんも地元の小麦粉を使っているそうで,美味しかったです。うどんができるまで厨房のおばちゃん達の連携の悪さ?を観察してたら結構面白かった(どんな夫婦だ~!)。
お腹もいっぱいになり,近くの神社で休憩して帰宅します。
看板につられて寄り道ばかりのツーリング,走行距離は100㌔ちょっとでしたが,トップケースにはお土産いっぱいで,楽しめました。

さて先月(4月)のぐうたら度数いってみま~す♪

○バイク・・・バッテリー充電してチョイ乗り1回 ×
○自転車・・・長い冬眠から目覚め,自転車通勤を再開。通勤のみで,110㌔ △
○本・・・次女から東野圭吾の「手紙」を借りて読んでみますが,私とあまり相性が良くないようです?
 この作品は映画化もされた話題作らしいですが,よく言えば読みやすい,私的には,小説というよりまさに映画の脚本のような文体がどうなのかな~って感じです。
 村上春樹の「国境の南,太陽の西」を久しぶりに読み返しましたが,やっぱり面白い。
 ま~村上春樹は大好きな作家なんで,評価も甘いですけど(笑)。
○映画・・・好きなんですけど,まったく観てません。バイクのレースや自転車(ロードレース)の番組を録画して,それを観るので精一杯?
○カメラ・・・新しいコンデジとそのガイドブックまで買ったというのに,なかなか撮るチャンスがありません。
 新年度で,仕事が忙しかったと言い訳しときます(笑)。
ぐうたら度数はやっぱり高めの90%

| | コメント (10) | トラックバック (0)

タビーまた会おうね

仕事中,携帯にメールが一件。
なんだか嫌な気がした。
「タビーが逝きました」。

5月7日の10時30分,タビー(ダックスフント・雌)が6月の11歳の誕生日を迎えることなく,天国に旅立ちました。
あんなに元気だったあなたが,お正月に急に倒れて,ほんとうにビックリしました。
すぐにお母さんが病院に連れて行ったんだけど,もう以前のように元気になることはないことを先生から告げられた。
どうしてタビーが病気にならないといけないんですか。
タビーが何か悪い事でもしたんですか。
お父さんはとてもくやしい気持ちになったのを覚えています。
いつから病気があなたの体にいたのかは分からないけれど,その事実を受け入れるのは辛く,信じられないことだった。
薬のおかげで,かなり体調も戻り,時には以前と同様に走り回ったりするのを見て,もしかしたら,このまま元気になるんじゃないかと思ったりしました。
しかし,その思いは奇跡を期待する気持ちでしかなく,そして奇跡はなかなか起こらないから奇跡と言うのであって,確実に最期の日に向かっていた。
Dc102003_2 Dc102038_2








あなたが我が家に来たのは,平成10年の8月16日でした。
その日のことをお父さんは良く覚えていますよ。
親戚の家で生まれたあなたをもらいに家族で行きました。
一緒に生まれた兄弟が元気に家の中を走り回る中,あなたは台所の隅で一人寝そべっていました。
上目遣いのあなたと目があった,その瞬間のことをなぜかよく覚えているんです。
嫌がることもなく抱えられ,我が家の6人目の家族になりました。
夜になってケージに入れたけど,兄弟達と別れた寂しさからか,いつまでもクンクンと泣きやまず,結局お父さんがケージの横で朝まで添い寝をしましたね。
その日から始まったあなたとの生活はほんとうに楽しかった。
初めて公園に連れて行った時のことだけど,外の世界が初めてだったからか,喜ぶどころか一歩も動けずにいたのが内弁慶なあなたらしくて,ちょっと笑えた。
下校中の下のお姉ちゃんを迎えに行ったり,旅行の時にはおじいちゃんの家で留守番したり。
それとあなたはみんなの顔や足を舐めるのが好きな,変な娘でした。
お父さんが寝る時は,必ず添い寝をしてくれました。
それになんといっても,お気に入りのオモチャ(コング)で遊ぶのが大好きだったね。
それを持ってきては,投げて遊んでもらいたくて,しつこい程に甘えてほえたり。
お昼はいつも一人でお留守番だから,家族が帰ってきたら,時間を惜しんで遊んでもらいたいよね。
食いちぎったり,無くしたりでいったい何個のコングを買ったんだろうか。
お父さんは疲れて帰ってきた時なんかは,あなたと遊んだり,散歩に行くのが少々面倒だった。
でも,仕事が忙しくなり,気が滅入っている時ほど,あなたに癒してもらっているのが実感できましたよ。
Dc040212_2 Dc040206_2








あなたが来た10年前は,まだまだお父さんも若くて,気が短いところもあったけど,最近はずいぶんと丸くなった気がする。
お母さんも仕事にバレーにと頑張っていたけど,最近は仕事をしつつ,ガーデニングや木彫りに興味があるみたいです。
それとなんとバイク大嫌いだったお母さんが今じゃタンデムでツーリングに行くようになりました。
お父さんもタンデムがこんなに楽しいとは思いませんでした。
中学3年生だった上のお姉ちゃんは立派なお母さんになりましたよ。
あなたが歩くのも辛くなった頃には毎日のように孫娘をだっこして,あなたを乳母車に乗せて,散歩してくれました。
中学1年生だったお兄ちゃんはコックをしています。
中学時代から好きだったバスケットは今も続けているみたいです。
小学4年生だった下のお姉ちゃんは大学生で,学校とバイトで忙しそう。
教科書で重くなったバッグを持って,学校に行っています。
みんな気持ちの優しい大人になってくれました。
たぶんあなたがいつも家族の中心にいてくれたからだと思います。
Dc091250_2








7日に亡くなり,8日に灰となり,今は小さな骨壺の中。
ところで天国はどうですか。
お父さんは気が小さくて,子供の頃は「死」だとかを考え出すと,眠れませんでした。
でもまたあなたに会えると思うと,死後の楽しみができたような妙な気持ちです。
ただ,お父さんもお母さんもまだまだ長生きするつもりですから,しばらくはお気に入りのコングで遊んだり,大好きなササミを食べて気長に待っていて下さいね。
あと何十年かしたら,また天国であなたを含めた家族6人が揃いますね。
100年もすれば,最近つかまり立ちのできるようになった孫娘だって天国にきますよ。
もしかしたら天国では話ができるかな。
何を話そうかな。
時には怒りすぎたこともあったけど,今度会ったら謝らないといけないな。
Dc032650_2 Dc031031_2








今でもドアを開けるとあなたが尻尾を振って玄関に来そうな気がします。
食事をしていても,足下にあなたがいるような気がします。
ついつい骨壺に向かって「たーちゃん」とか言ったりしてます。
お母さんも仕事から帰ってきて,誰もいない部屋に入るのが寂しいようです。
公園を散歩していても元気に遊んでいる犬ばかりに目がいって困ると言ってます。
10年も一緒にいたんで,あなたがいない生活に慣れるのは大変ですよ。
でも,うちにもらわれて良かったよね,みんなにいっぱい愛されて。
あなたがいた10年間は,我が家の大きな変化のあった10年間だったかもしれない。
そんな時に一緒にいることができて,ほんとうに良かった。
Dc050613_2
タビー最後の写真。
天国に旅立つ1週間前に、ベランダで撮影。





Dc030234_3


お気に入りのコングと。













4月ぐらいからは本当にきつそうで,息をするの大変そうで,見ているのも辛いものでした。
体を撫でてやりながら,「頑張れ」と言ってみたりするけれど,心の中では「そんなに頑張らなくていいよ」と言ってました。
体調が良さそうな時に散歩に誘ったらめずらしく尻尾を振って嬉しそうに。
でも外に出たらやっぱり歩けなくて。
結局いつものコースをだっこして散歩することに。
それでもお父さんは嬉しかった。
Conv0003_4
お父さんはこの写真のタビーが一番好きです。







あなたをもらいに行った時は家族5人で,あなたとお別れする時は孫娘も来てくれて6人。
最初から最後まで家族の中心で人気者でした。
いつかお別れの日が来るのは分かっていたけど,いざ会えなくなると,ああすれば良かったと後悔だらけです。
今となっては,たくさんの写真の一枚一枚が貴重になってしまいました。

本当に楽しい時間をありがとう。
タビーまた会おうね

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »