« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

「ルーブル美術館展」in京都(1日目)

夏休みをもらって、1泊2日で京都に行って来ました。

今回の目的はタイトルにもあるように、京都市美術館で開催中の「ルーブル美術館展」を観るためです。

絵を観るためにわざわざ京都に出かけるのも贅沢かな~って思いましたが、ま~フランスに行くよりはずいぶんと安いやろ~って自分自身に言い訳(^^)。

私は高校1年の時に友達と、5年程前に仕事で行ったので、今回が3回目です。



飛行機嫌いの私はいつものように「のぞみ」で出発です。

今回の参加者・・・私、奥さん、大学生の次女(お初で~す♪)の3名です。
Dc082407 Dc082410

10時すぎに京都に着き、バイクで日本一周中の長男と合流します。久しぶりに見た長男は疲れた感じもなく、ひょうひょうと旅をしているようです。
Dc082414

食事の後、私達3人は地下鉄、長男はバイクで美術館に移動します。



これが京都市美術館です。
Dc082421 Dc082424 Dc082430

ずいぶんと重厚で立派な美術館です。それもそのはず、昭和8年にできた日本で2番目に古い公立美術館だそうです。外観もすばらしいですが、館内の造りも歴史を感じさせるもので、階段や壁などひとつひとつが芸術品でしたね~。

「ルーブル美術館展」ですが、東京で2月28日から始まり、その後京都に場所を移して開催中です。

70点ほどの作品がありますが、フランスのルーブル美術館から初めて出される作品もあって、かなりな人気となり、土日は1~2時間待ちという情報も・・・。

しかし、今日は外で待たされることもなく、すんなりと入れました。館内で15分程度待ちましたが、それでも拍子抜けするぐらいにスムーズでした。

会場ではさすがに多くの人でごった返していましたが、それでも気になる作品はしっかりと目の前で観ることができました。

私の知識&文章力では絵のすばらしさを伝えることができませんが、テレビや本でしか観たことのなかった作品が目の前にあるという事実・・・何か信じられないことのようでした。

フェルメールの「レースを編む女」・・・実はこんなに小さな作品だったんだ!日本初来日だそうです。

ラ・トゥールの「大工ヨセフ」・・・ロウソクの明かりの表現に息を止めて見入っていました。

他にもレンブラントの自画像などもありましたが、風俗画?なんかが意外に良かったですね~。

思いのほかスムーズに展覧会を観ることができて、ずいぶんと時間ができました。いつものことですが、ぐーたら夫婦(家族)は旅行の行程なんて考えていません(^^;)。地図を見ながら家族会議。清水寺に行くことにしました。私達3人はバス、長男はバイクです。
Dc082432



この日は少し曇っていてわりと涼しかったんですが、清水寺に着いた時はかなり日差しが強かったです。最近さびしくなった頭頂部を保護しながら(*_*)写真を撮ります。
Dc082446 Dc082451 Dc082453

ここには「音羽霊水」というのがあります。清水寺の名のゆえんとも言われているそうです。湧き水をヒシャクで飲むと、ご利益があるとか・・・。近くにいた中学校の先生?の話では、3筋の水は向かって右から長寿,縁結び,学業だそうです。
Dc082458

・・・って聞きながら見ていたら、奥さんは学業を飲んでる!飲むなら長寿やろ~(^^;)。あとから聞いたらやっぱり意味なんか知らなかったそうです。



茶店に入って体が冷えたところで、長男とお別れです。
Dc082475 Dc082479

半袖が×ですが、気をつけてね~♪。ちなみにこの日は琵琶湖の近くでキャンプしたようです。



まだまだホテルに行くには時間があるので、今度は金閣寺と竜安寺に行くことにしました。

京都はバスの1日乗車券(500円)でどこにでも移動できて便利ですね~。ただし奥さんと次女は相当な方向音痴で、しかも分かっていないくせにサッサと適当に歩いていくんで、ガイド役の私は大変でした(@_@)。

ピカピカの金閣寺です。
Dc082487

人気があるんでしょうね、中国人をはじめ外国人ばかりでした。でもなぜか気持ち的にはスルーしていました。私がアクセサリーとか時計とか「光り物」が嫌いだから?・・・なんてことはないでしょうけど(^^;)。三島由紀夫の「金閣寺」を読んだ時は感動したのにな~。

竜安寺の石庭です。
Dc082472_2 Dc082498_2   

一部補修中でしたが、やっぱり落ちついた気分になります。有名な銭形のつくばいには4つの文字があり、真ん中の□の部分と合わせて「吾唯足知(ワレタダタルヲシル)」と読めます。意味は「限りない欲望に溺れずに,現状を善しとしなさい」ってことみたいです。趣味が多くて遊んでばかりの私は家族から「しゅみお」などと言われていますが、心に突き刺さる言葉です(*_*)。となりにいた奥さんからは「ワレタダタルヲしらなね~」と言われましたm(_ _)m。



竜安寺からはバスでホテルまで移動します。ホテルに荷物を置いて鴨川沿いを歩き、祇園へ行きます。
Dc0824104 Dc0824117

ガイドブックに載っていた「竹香」という中華料理店に行きましたが、安くて早くて美味しかった。地元の常連客も多いみたいです。当然ビールがすすみます。おすすめはタケノコがいっぱいの春巻き。



ホテルに戻って次女は部屋へ、夫婦はラウンジに突撃です。
Dc0824123

実は部屋に「宿泊者限定!オードブルとビールで1,000円!しかもビールのお替わりは半額の300円!」のパンフレットがあったんです。ビール好きの夫婦がこれを見逃すはずがありません(*^_^*)。しっかり3杯飲んで、部屋に戻り・・・ません。コンビニでビールとつまみを買ってからやっと部屋に戻りました。コンビニの袋を見た次女は呆れ顔でしたけど(=_=)。



そんなこんなで、京都の1日目は気持ちよく飲んで食べて終わりました(^_^)v。




| | コメント (12) | トラックバック (0)

バイクで日本一周!行ってきます~♪

突然ですが、8月19日に出発しました。

約3週間の予定です。

日本海側を北上して北海道へ。

太平洋側を南下して、たぶん四国経由で帰ります。

9月の10日前後に博多到着の予定です。

リアシートに荷物満載のバイクを見かけたら、声をかけて下さい。


























アッ!言い忘れていました・・・行ったのは長男です(笑)。
Dc082002




| | コメント (14) | トラックバック (0)

納涼タンデムツーリング

お盆中はずっと仕事でした。

16日の日曜日がやっと休みになったんで,北九州市の平尾台(日本三大カルストの一つ)にある「千仏鍾乳洞」に行きました。

ここは昭和10年に天然記念物に指定された由緒ある?鍾乳洞です。

それにしてもこの日は雲が多くて涼しい1日でしたね~。

最近は昼はセミの声,夜はコオロギが鳴いています。

もしかして,このまま秋になっちゃうの~?

夜もクーラーいらずで,冷夏を実感です。



いつものように,昼前に遅めの出発です。

太宰府I.C.~小倉南I.C.までは高速でワープしますが,Uターンラッシュのためか,途中10㌔ほど渋滞していました。

それでもバイクの利点?で,なんとか1時間20分ほどで平尾台に到着です。

駐車場にバイクを止めて,鍾乳洞の入口まで10分ほど歩きます。

入口には無料のゴム草履がありますが,用意周到な夫婦ですから(笑),ソフトクリームで一息ついてからは持参の「マイ・ビーサン」で鍾乳洞に突撃です。

鍾乳洞の入口は写真のようにかなり低いです。
Dc0816142 Dc081693 Dc081692

中に入ってしばらくは広めの洞窟を歩きますが,すぐに狭くなります。

しかも足下は地下水が流れ,氷水のようにとんでもなく冷たいです(*_*)。

それに一人しか通れないような狭い部分も多くて,離合のために渋滞・・・冷たい水の中で待たされるのはかなり辛い(T_T)。
Dc0816120 Dc0816127 Dc0816128

入口から900m地点(ここまで照明あり)まで行くつもりでしたが,3分の2?ぐらい進んだ所で勇気ある撤退です(^^;)。

ま~それでもじゅうぶんに楽しく(深みにはまったり),冷え冷えになりましたけどね。

カルスト台地らしい景色ですね~。
Dc0816146



それからは北九州市内を抜けて若戸大橋(若松区と戸畑区を結ぶ海上の橋)を渡ります。

なんでも奥さんは小学生の頃に家族で歩いて渡ったそうです。

今でも徒歩で渡れるのかな?

私は昨年,自転車で来ましたが,その時は渡船に乗って渡りました。
Dc0816157



さ~て次の目的地「道の駅むなかた」を目指して海岸沿いの495号線を快走します。

この道の駅は,海のすぐそばにあって,安くて新鮮な海産物がありそうだと以前から狙ってました(^^;)。

ところが!道の駅はお休みでした(>_<)

日曜日,ふつ~やすみますか~?・・・トホホ。

とんだ遠回りをしてしまいました。

途中のコンビニでアイスクリームを食べながら,お尻の筋肉をほぐします。

タンデムだとライディング中の動きが限られるので,お尻や腰が痛くなります。

ま~年齢のせいもありますが^^;

なんとなくメーターを見たら4万㌔を越えていました。

4年4ヶ月で4万㌔・・・ビーマーとしては普通のペースかな?

ただ最近は,以前のようには乗っていませんが,ガソリンも高いしね(笑)。

4万㌔になったらジャストな?写真を撮るつもりでしたが,やっぱり忘れた(-_-)
Dc0816167 Dc0816163

体もほぐれて、古賀I.C.からワープして帰宅です。

帰宅してからは休憩する暇もなく,買い物~夕食の準備~孫娘をあずかって遅くまで奮闘しました(奥さんが・・・)。

今回は海産物はゲットできませんでしたが,鍾乳洞が予想以上に楽しかったです。

それと毎度のことながら,もうちょっと早めに出発しないと・・・反省。



今週末は旅行の予定です。

それを楽しみに仕事がんばろう・・・って楽しみが多すぎますかね~(^^;)


| | コメント (6) | トラックバック (0)

サイクリングロード探索ツーリング&ぐうたら度数2107

やっとのことで博多も梅雨があけました。

北部九州は記録的な大雨が降ったりしましたが、これからはギラギラとした青空と早朝からのうるさいほどのセミの声に悩まされそうです。

ま~天気の心配もなくなったんで、今日はバイクのリアタイヤ交換&オイル交換に行ってきました。

自宅から10分ほどのフリーマン本店で作業を終え、サービスの方と雑談後、タイヤの皮むきツーリングに出かけることにします。
Dc080502_2

目的なしに走り回るのももったいないので、朝倉方面のサイクリングロード探索ツーリングをすることにしました。

自転車はバイク以上に走る道が大切なんです、安全のためにも。

車が少なくて、路面がキレイで、路肩が広くて・・・。

でもバイクで自転車の走る道を調査って本末転倒?何か変?

色々な道をつないで走っていたら朝倉の三連水車に到着です。
Dc080521_2

それからものんびりと走っていたら、いつの間にか大分県日田市の「中華さと」まで来てしまいました(^^;)
Dc080533

先日奥さんとタンデムで来たことをご主人も覚えていて、「今日は奥さんは?」。

「お仕事に行ってます」。

いつもフラフラ遊んでる私です、はい(^^;)

いつものようにプノンペンラーメンを食べていたら、ご主人が「辛いの大丈夫?」。

「大丈夫ですけど・・・(ちょっと不安)」。

なにやら怪しい赤い液体をスープに注入してもらいました・・・辛~い(*_*)

もっと辛いハバネロとかもあるそうですが、丁重にご遠慮しました。



時間も早いので、帰りは高速を使わずに一般道で帰ることにします。

途中の「夜明駅」に寄ります。

ここを通るたびに古い物好きの私は気になっていたんです、この駅が。

もちろん無人の山間の小さな駅。こりゃ~完全に時間が止まってますね~。Dc080535 Dc080542

Dc080543 Dc080551 Dc080552

Dc080559 Dc080567

それからは筑後川と久大線にはさまれた国道386号を流して帰宅です。Dc080571



続いて先月(7月)のぐうたら度数いってみま~す♪

バイク・・・

バッテリー充電のため?チョイ乗りを1回   ××

本・・・

小説ではありませんが、後藤雅洋さんが書いた「ジャズ完全入門」(宝島新書)を読みました。実は10年ぐらい前ですが、私はジャズに相当かぶれた時期がありました(笑)。関係書籍を読みあさり、「名盤○○選」なんて本をガイドブック代わりにして輸入盤を買いあさってました。最近はたまにしか聴いてなかったのですが、なんとなくもう一度(きちんと?)ジャズを聴いてみようかな~と。歳をとったからかな?   ◎

酒・・・

中旬ぐらいまでは少しだけ晩酌の量を減らしていましたが、その反動?で月末あたりは増えたようで・・・。   ×

音楽・・・

先月に引き続き、いつも持ち歩く i pod shuffle の曲紹介を。

①椎名林檎の「三文ゴシップ」

デビュー当時から好きなアーチストですが、東京事変での活動にはあまり興味が持てませんでした。この新譜は椎名林檎名義としては久しぶりのリリースかな?初期の頃に戻ったような感じで、「無罪モラトリアム」や「勝訴ストリップ」あたりの作品が好きな人には嬉しいアルバムだと思います。古いフランス映画音楽風?、シャンソン風?、昭和歌謡曲風?・・・相変わらずバラエティーに富んだ林檎節が満載です。

②くるりの「魂のゆくえ」

くるりのアルバムはほとんど聴いていますが、この新譜を初めて聴いた時、「ちょっとダメかも?」と思っていました。今までのアルバムのように最初から耳に馴染んできませんでした。しか~し、さすが、くるり!何度か聴いているとやっぱり染み入ってきますね~(笑)。歌は上手くはないし、派手な曲はないけど、いつまでも記憶に残ってしまうようなメロディーラインがくるりの持ち味かな?ちょっと褒めすぎました(笑)。

③優歌団の「プレミアム・ベスト」

無期限休養中?の優歌団のベストアルバムが出たんで、さっそく聴きました。日本を代表するブルースバンドです。有名曲がいっぱいで、聴いたことがない方には最初の1枚にピッタリですよ。私は昔からのファンではないのですが、このアルバムで好きになりました。現在ソロ活動中の木村充揮(あつき)のダミ声とかっこいいギターが魅力ですかね。放送禁止になった代表曲「おそうじオバちゃん」も入ってます。

④Mr.Childrenの「深海」

家族みんなミスチルが大好きです。奥さんのリクエストでレンタルしてきました。全体的にはアルバムタイトル通りの暗いイメージの曲が多いですが、聴くほどに良さがわかる感じです。奥さんは3曲目の「手紙」が好きで、これを聴くと5月に亡くなった愛犬タビーを思い出すと言います。・・・んなら聴かんやったらよかろうもん・・・女性の心理はわからん(笑)。

⑤BILL EVANSの「WALTZ FOR DEBBY」

いきなりジャズの名盤登場。ピアノトリオと言えばこれですね~。これはジャズクラブでのライブ盤なんですが、お客の話し声やグラスや食器の触れ合う音が聞こえてきて、その場にいるような気分になれますよ(笑)。印象的な美しいメロディーの曲が多くて、ジャズが苦手、アドリブって何?という方でもOK。1枚いかがですか?1961年の作品。

⑥SONNY ROLLINSの「SAXPHONE COLOSSOS」

通称「サキコロ」と言われる、名盤中の名盤です。骨太のテナーサックスの音と気持ちのままに吹いている?アドリブがいいです。「セント・トーマス」や「モリタート」などの有名な曲はどこかで耳にしたことがあると思いますよ。一家に一枚のアルバム! 1956年の作品。

⑦CANNONBALL ADDERLEYの「CANNONBALL ADDERLEY QUINTET IN CHICAGO」

これまた名盤!私は難しいことは良くわかりませんが、「ジャズっちゃこれやろうもん」と言いたい!どこからどう聴いてもこれこそジャズです。ジャズ黄金期の最高のメンバーで最高の演奏。さ~買いに行きましょう! 1959年の作品。

すみません,音楽が好きなんで、ちょっと熱く書きすぎました(笑)。

⑤~⑦は当然ながら「ジャズ完全入門」の受け売りですけどね(笑)。   ◎

スポーツ・・・

歩数計の効果?で、一生懸命歩いています。職場でも休憩時間に歩いています。

自転車は通勤のみ・・・休日は雨が多くて乗る時がなかった・・・と言い訳しときます。

スロージョギング&スロートレーニング(筋トレ)は中旬頃までは頑張っていましたが、やっぱり「ぐうたら」な性格が顔を出し(笑)、月末にかけてはさっぱりでした。

山にも御無沙汰です。   △

今月のぐうたら度数はやや高めの70%です。



ちょっと一休み・・・

記事を書いている途中、気晴らしに近くのダムまでウォーキングに行きました。ダム湖の周回路はやっぱり先日の大雨のつめあとが・・・。夏になると子供たちで賑わう水辺公園も立ち入り禁止です。復旧には相当時間がかかりそうですね。
Dc080606 Dc080610 Dc080612



つぶやき・・・

大原麗子さんが亡くなられました。高校生の頃に見ていた当時の人気ドラマなんかに出演してましたね。何をやっても品があるし、ハスキーな声も良かったです。

自転車通勤の時は、地下の駐輪場に自転車を置き、まずは自動販売機でスポーツドリンクを買ってから職場に行きます。今日もいつものように自動販売機に向かうと高校生ぐらいの女の子が2人、大きな荷物を自販機の前に置いて携帯でお喋り中。当然ながらドリンクが買えません。私には気づいているようですが、いっこうに動く気配がないので、思わずちょっとだけ凄みをきかして「じゃま!」と言ったら渋々移動しました。女子高生に凄みをきかした自分がちょっと恥ずかしかった。ばかやろう~!

仕事中に・・・階段に座って携帯に夢中な20代の男性。やんわりと「他のお客さまに迷惑でしょ?立ったら?」。私を見ながらめんどくさそうに立ち上がり、相変わらす携帯に夢中。まだいるのかジベタリアン。ばかやろう~!!


また今回も長文かい!という声が聞こえそうですが・・・

めったに更新しないからいいでしょ?(笑)。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »