« お別れツーリング&ぐうたら度数2108 | トップページ | 四国まで長男お迎えツーリング(1日目) »

ラストチャンス

下の写真に写っている犬や猫は、もうこの世にはいません。
Dc091711



「どうぶつたちのレクイエム」は人間に捨てられ、動物収容施設で最期の時を待つ犬や猫たちの写真です。

他にも悲しい表情をした犬や猫の写真が何枚もありましたが、写真の中の犬(猫)が私を、人間を、にらんでいるように感じられて、辛くてたまりません。

視線をそらさずには、いられません。

9月8日~9月28日まで、福岡空港のターミナルビルで開催中の、

小さなひとみのメッセージ 福岡空港写真展 「ラストチャンス」

を観てきました。
Dc091704_2

それと、とても残念なことですが、福岡は1年間で殺処分された犬や猫の数が7年連続で全国で一番多い街だそうです。

下のパネルを見てもらうとわかりますが、福岡では19年度に犬が4795匹、猫が11360匹が殺処分されています。
Dc091709



収容施設に連れて行くのは人間で、連れて行かれるのは動物。

その理由(都合)はもちろん人間側にあります。

引越しするから。

子供が生まれたら、これ以上飼えない。

犬や猫が病気になった、歳をとった。

しつけをしなかったので、手に負えなくなった。

思っていたよりも、大きくなった。

飼い主が病気になった。

こんな理由(都合)だそうです。

犬や猫は人間にもっとも身近な動物ですよね。

家族同様じゃなくて、家族ですよね。

こんな理由で家族を捨てますか、殺しますか。

夜の街に行くと深夜にも関わらず、煌々と明るい照明の下で、犬や猫を販売しているお店があります。

ディスカウントなんてチラシが貼ってあったりして、まさに商品です。

私が子供の頃は犬や猫は貰ってくるか、野良犬(猫)を拾ってくるかでした。

買うものじゃありませんでした。

色々な商品からお気に入りを選ぶような、今の時代とは違いますが、それでも家で犬(猫)を飼うということは、家族が増えるということでした。

時代が違うと言われればそのとおりです。

でもそれでも、たとえ手に入れる方法が違っても、犬や猫の生き死にを人間が決めるのはおかしい。

収容施設の最期の部屋に入る時、犬や猫は4つの手足で踏ん張って嫌がるといいます。

わかるんでしょうね。

でもその時でも、飼い主に捨てられた、処分されたという気持ちはないのかもしれません。

来るはずのない飼い主を待っているのかもしれません。

最期の時まで飼い主を、主人を信じているのかもしれません。

もうこんな悲しい写真は見たくありません。

もうこんな悲惨な現実は知りたくありません。

今回の写真展はNPO法人福岡どうぶつ会議所が主催されています。

そこでは、里親さがしもされています。

殺処分される運命の犬や猫たちが最期のチャンスを待っています。
Dc091713

今回の記事は、NPO法人福岡どうぶつ会議所のHP、「どうぶつたちへのレクイエム」の撮影者である児玉小枝さんのHPを参考にさせていただきました。



先日、仕事が終わって、駅から歩いて帰宅中の話ですが、赤信号で待っていたら、目の前を通り過ぎてゆくドライバーの手には携帯電話。次の車も、次の車も・・・。

結局、ほとんどの車が携帯しながらの運転でした。あんな車に引かれたら、悔しくてたまらないな。



仕事で時々、車いすのお客様の対応をすることがあります。

いまさらバリアフリー云々の話をするつもりはありませんが、最近のお客様は冷た過ぎませんかね。

バスや電車に乗ったときなど、高齢の方や障がいをお持ちの方に席を譲った時には、申し訳なさそうに、お礼を言いながら座られる方がほとんどです。

これが、職員とお客様という立場になると、なぜか変わっちゃいます。

我々職員は対応するのは当然ですが、だからってお客様も当然と思ってほしくない。

そういう関係であっても「ありがとう」の一言ぐらいあってもいいのじゃないかと思います。

レストランでグラスに水を注いでもらったら、「すいません」と言いませんか。

ホテルで荷物を運んでもらったら、「ありがとう」といいませんか。

健常者であっても、障がいをお持ちの方であっても同じだと思いますけど。

私が甘いんですかね。



なんだかんだで、最近、人間が嫌いになってます。

中には、こんなひどい人間もいるんだとビックリすることも。

家や会社で上手くやっていってるのかと、いらぬ心配までしてしまいます。

もしかしたら、家や会社のストレスを発散しているとか・・・。



奥さんが最近、5月に亡くなった愛犬タビーの夢を見たそうです。

そばにいて、ずっと撫でていたそうです。

顔を見たいけど、見たらいなくなりそうな気がして、ずっと撫でていたとか。

そんな妙な夢の話を笑いながら話せるようになりました。

少しずつ、タビーのいない生活に慣れてきたのかもしれません。


|

« お別れツーリング&ぐうたら度数2108 | トップページ | 四国まで長男お迎えツーリング(1日目) »

コメント

悲しいですね。 私も犬を飼ってからよく分かるようになりました。
殺すような事になるなら飼わない事ですね。
人間の為に生まれた動物ではない。。

実は白馬から帰って家のタロに大事件が。。
あとでブログで公開します。

投稿: アパッチ | 2009年9月18日 (金) 21時01分

家や仕事のストレスを、いろんなところで発散しとるヒロシです・・・
最近はプロ野球で・・・
今日もまた負けたんかい!相手は下位のライオンズやろがぁーっ!何考えとんじゃいマハラのあほーっ!こらアキヤマーっくさん、ファンの皆さんに、謝らんかいボケ-
・・・あーせいせいした(?)

いや失礼しました。モモさんの長い(?)文章読んでると、うちのバカミニチュアも、「もうちょっと大事にしてやらんと、こんなやつでもいなくなったら寂しいしのー、とも思うようになりました。

投稿: ヒロシ | 2009年9月18日 (金) 23時30分

アパッチさん
人間の為に生まれた動物ではない>まったくそのとおり!
将来も含めて、ずっと世話ができるかどうかをしっかり考えてから、飼ってほしいです。
気が重い写真展となりましたが、貴重な時間でした。

投稿: 博多のモモ | 2009年9月19日 (土) 08時55分

ヒロシさん
マハラ>シーズン中の疲れが出ているんですかね?ヒロシさんも仕事の疲れやホークスのうっぷんが貯まっているようで・・(笑)。

愛犬いなくなったら、寂しいですよ~。
バイクと同じくらい??愛情そそいで下さいね(笑)。

投稿: 博多のモモ | 2009年9月19日 (土) 09時01分

我が家では犬は飼ったこと無いのですが、実家で猫を飼っていたことはあります。犬と違って気紛れで気分が良い時にしか寄ってきません。

こういう世界はほんと知りませんが、現実はそうなんですよね。でも、話は違いますが、普段食べている牛豚もどういう方法でか殺されているんですよね。

彼らにも自我があるのだろうか…

投稿: tuty | 2009年9月19日 (土) 23時30分

tutyさん
5月まで犬を飼っていた私としては、辛い写真展なんですが、やっぱり目をそむけちゃダメかなと思って。

豚肉食べてますけど、ペット用の豚っていますよね~。
食用の豚とペット用の豚・・・けっきょく人間が線引きしたんでしょうけどね。

色々と考えさせられた写真展でした。

投稿: 博多のモモ | 2009年9月20日 (日) 11時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラストチャンス:

» 刑事J.B.ハロルドの事件簿 〜マンハッタン・レクイエム&キス・オブ・マーダー〜 [刑事J.B.ハロルドの事件簿 〜マンハッタン・レクイエム&キス・オブ・マーダー〜]
刑事J.B.ハロルドの事件簿 〜マンハッタン・レクイエム&キス・オブ・マーダー〜の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「刑事J.B.ハロルドの事件簿 〜マンハッタン・レクイエム&キス・オブ・マーダー〜」へ!... [続きを読む]

受信: 2009年9月19日 (土) 04時56分

« お別れツーリング&ぐうたら度数2108 | トップページ | 四国まで長男お迎えツーリング(1日目) »