« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ユルユルの63キロ

この日の博多は最高気温が23度!

こんな日にメットをかぶり、重いウエアーを着てバイクに乗るなんてもったいない。

長男の部屋のオブジェと化した自転車を久しぶりに引っ張り出します。


それにしても、自転車ネタなんていつ以来ですかね~。

寒さに弱いんで、自転車通勤も昨年の11月中旬から封印(冬眠?)中です(^_^;)

テレビではちょうど女子のフィギュアスケートが放送中でした。

応援したい気持ちもありましたが、テレビを見だすとせっかくの休日をぐ~たらしそうなので(よくわかってるな~自分の性格)、バナナを一本食べて出発します。


なんとなく南に向かって走り出します。

久しぶりなのに、なんとなく絶好調(^_^;)

旧日田街道をユルユルと走ります。いや~久しぶりの自転車は気持ちいい。
Dc022502


またまたなんとなく、福岡の小京都、秋月に行くことにします。

小石原川にそって走ります。河川敷でしばし休憩。

梅の香り、川のせせらぎ、暖かい風・・・まったりしてたら、日焼けしちゃいました。
Dc022503


ふたたび走り出したら、早くもガス欠の症状が・・(゜o゜)

秋月といえば「月の峠」のパンを食べるしかないですね~。

今日はいつものカレーパンではなく、チーズパンにしました。

パンの中にもゴロゴロとしたチーズが入っていて、美味しいです。

土日には多くのお客さんで込み合いますが、今日はガラガラでした。

めがね橋を見ながら食べます。
Dc022504_3 Dc022505 Dc022508


「杉の馬場」というお城の前の道もほとんど人がいません。秋月中学校の校舎もいい感じ出してますね。

メインの通りもまったく人の気配がしません。

平日休みの特権?とは言え、ちょっと寂しい(^_^;)
Dc022509 Dc022511 Dc022513


パンも食べたし、同じ道を帰ることにします。

当然ながらパン1個じゃまったくパワーが出ないので、途中のコンビニでおにぎり1個とアイスクリームを補給。変な昼食になっちゃいました。

それを食べている50のオヤジ・・怪しく見えたでしょうね。でも気にしない。


走行距離が40キロを過ぎたくらいから、太もも、お尻、腰、肩、首・・痛い。

とくにお尻が・・・(>_<)

自転車専用のパッド入りのハーフパンツをはいていたんですが、それでも痛い。

信号待ちでサドルから降りるたびに、ホッとしました。

久しぶりの自転車ってこともあるし、もともと付いていたサドルが硬いんですよね~。


今日は、走行距離63キロの「ユルユル」サイクリングでしたが、気持ちのいい汗がかけました。

車検も税金もガソリン代も必要ないし、あらためて自転車いいな~と思いました。

これからは自転車を遊びの中心にしようかな~。

でもその前にサドルをどうにかしないとお猿のお尻になっちゃいそうです。

| | コメント (8)

モモノツブヤキ 第3話

Dc020711

「元気もらっちゃいました」


目のご不自由な男性の方を空港のカウンターまでお連れしました。

「どちらまで行かれるんですか?」

「関空経由して、マレーシアに行きます。トライアスロンに出るんで」

「すごいですね~!」

「700人くらいの大会で、僕のような人も2、3人でますよ。ま~助けてもらいながらやるんだけどね。歳も56だし・・(笑)」

話途中でトライアスロン仲間?から携帯に電話がかかってきて、楽しそうにお喋り。

とにかく明るくてお話が上手で、一緒にいるだけで楽しい方でした。

「がんばってくださいね」

「ありがとう」と言って、手を差し出され、握手してお別れしました。

なんだかすごく嬉しい気分になり、しばらくニヤニヤしてたかもしれません(^^;)

あなたに比べれば、年下でずっと健康な私が元気もらっちゃいました。


職場に戻ると、うちの職員が「苦虫をかみつぶしたような顔」で仕事してます。

君から元気もらう人はいないな。

|

梅は大宰府

今日の博多は気温が13度まであがりました。

「小春日和」っていうか、もう春なんですかね。

梅を見に行くことにします。


まずは近くのガソリンスタンドへ。窓ふき中です(撮影は奥さん)。

めったに洗車しないので、雑巾2枚がまっ黒!(^^;)

ボディーは泥だらけですが気にしません(気になりません)。

さて出発!ところが・・・。

大宰府につながる道はどこも大渋滞。とても近寄れません(>_<)

住宅地の中を適当に走っていたら、こちらへどうぞと誘導してくれる方が。

誘導されるままに太宰府市役所裏の駐車場に止めます。

どうやら近くで商工会祭り?みたいのがあっていて、その見物客用の駐車場に誘導されたみたいです。

「ラッキー!」。

でもタダっていうのも申し訳ないので、コースターとシュシュ(髪結び)を買いました。

両方で300円。駐車料金だと思えば安い(^^;)

そこから太宰府天満宮まではゆっくり歩いても15分くらいです。

歩いて行く途中で鳩を発見。パチリ!
Dc022183 Dc022107 Dc022111


今日は日曜日、すごい人出でしたね~。

通常の?観光客だけでなくて、梅を見る人や受験祈願の人も多かったのかな。

それと中国人、韓国人がむちゃくちゃ多かった。

まるでソウルの街を歩いている気分でした。

関西弁なんかも聞こえるし、とにかく「地元」って感じではなかったです。

梅ヶ枝餅を買うのも大変です。

並ぶのは嫌なので、人気のなさそうな店をさがしてやっと買えました。

人気店「きくち」には参道を横切るように40人くらいが並んでいました!!

そんなに味は違わないと思うんですけどね~(^^;)

本殿の前もすごい人。外人さんが絵馬を興味津々に見てました。
Dc022140 Dc022144 Dc022101


しだれ梅が良い感じでしたよ~。
Dc022161 Dc022165 Dc022102_2


帰りの参道もこんな状態。歩けません。
Dc022177


天気も良くて、外を歩き回るにはちょうど良い気候の一日でしたね。

帰りの車の中では、「阿蘇ツーリング」の話。

来月あたりには行けるかな?

【おまけ】 奥さん撮影
Dc022191 Dc022192 Dc022103  

| | コメント (6)

四王寺山登山

2月初旬のことになりますが、またまた四王寺山周辺で遊んできました。

ぐうたらなんで、ブログアップするまで、時間がかかるんですよね(反省)。


奥さんを職場まで送って、一人で山に突入。正面に見える平らな山を歩き回ります。
Dc02032321 Dc02032451 Dc02032541


いつも朝食は軽めなので、歩きはじめてしばらくすると早くもハンガーノック気味。

あいかわらず燃費の悪い体です(T_T)

なんとか毘沙門堂までたどり着き、近くのベンチで昼食にします。

家から持ってきた特大おにぎりとバナナです。
Dc02032561 Dc02032621 Dc02032661


燃料を補給したら少しは元気になり、今度は大原山に向かいます。

山の本には、山頂は見晴らしが良いと書いてましたが、あんまり・・・。
Dc02032801 Dc02032841 Dc02032881


岩屋城址という城跡です。ちょっとした展望所になっています。

由来について興味のある方は、写真を見て(お読み)下さい(^_^;)

ここには桜の木が何本もあって、お花見シーズンにはいいかもしれませんね。
Dc02032901 Dc02032991 Dc02033011


出発地点の大宰府政庁跡の梅が、ちらほら咲いていました。

写真を撮っていたら、親切な?おじいちゃんが寄ってきて、

「むこうの赤いのがここらへんで一番咲いとるけん、撮ってき~」。

梅の写真は何枚も撮ったし、時間もないし、さらに駐車場とは逆方向で気が向きませんでしたが、いつまでも横にいらっしゃるので、しかたなく撮りに行きました(>_<)

風も強くて、手もかじかんで・・

それでも、おじいちゃんが遠くから見てそうなので、何枚かパチリ。
Dc02033151 Dc02033231 Dc02033401


この日は天気は良かったですが、とにかく風が強くて寒い。

結論!

こんな日は、コタツで日本酒を飲むにかぎります!(^^)!

| | コメント (8)

モモノツブヤキ 第2話

Dc021454

「勝手に他人撮っちゃダメ?」


朝日新聞の記事。

『最近、街を歩く人々や路地裏で遊ぶ子供、そんなスナップ写真が撮りにくくなっている。理由は肖像権を主張する人や、撮影を警戒する人が増えたから』


時々、鞄にお気に入りのコンデジを忍ばせて、スナップ写真を楽しんでいます。

山や街を歩くのが好きだから、歩数計とカメラと i pod は必需品です。

でも、知らない人を写真におさめるなんて、小心者の私にはできません。


『10年ほど前はカメラを持つと子供が寄ってきた。今は撮影すると学校に通報される』


そうなんです、特に子供や女性を撮るなんて無理です。

逆に知らない人からいきなり写真を撮られたら、自分も嫌です。


『撮影する前に了解を取る。だが、スナップ写真の生命は、自然な表情やしぐさ。了解なんてとってたら、それが台無しになる』


そのとおり!


『まあいいだろうという許容度が、日本社会から失われているのも理由では』


毎日のように凶悪事件が発生。子供が巻き込まれることも少なくない。

こんな社会の中で、まあいいだろうと思えといわれても。

私のコンデジにはピント合わせ不要で軽快に撮影ができる「スナップ」モードがあります。

でも、出番がない。

人間以外を撮ればいいじゃないって?

写真を知らない人ですね。ちょっと偉そうに言わせてもらいました。

同じ構図の写真でも、点景として人が写ると、素晴らしい写真になったりするんです。

カメラの性能がいくら良くなっても、撮りたいものが撮れないジレンマ。

被写体を「花」限定にするかな(^_^;)

|

モモノツブヤキ 第1話

Dc021414_6

「カテゴリー追加」


ブログを読み返してみると、

文章「長すぎ」、写真「多すぎ」。

内容も「お出かけ」が多いな。

そもそもブログって、日記・記録だから、そういうものかもしれません。


あるお気に入りのブログがあります。そこにある記事は

1枚だけの写真。

切れ味鋭く、無駄のない文章。

コメント不要の一方通行。


これだな!


自分が感じたこと、思ったことをつぶやきます。

もちろん、「長すぎ&多すぎ」の記事も健在です(^_^;)

|

北九州絵画の旅&ぐうたら度数2201

北九州市立美術館に奥さんと次女と3人で行ってきました。

大宰府I.C.から九州自動車道に乗り、北九州都市高速を経由して1時間くらいで到着です。


北九州市立美術館は本館と分館に分かれています。

本館では・・・
Top_p01_21_5

分館では・・・
Top_p02_21_5

(どちらの画像も北九州美術館HPから)

今回は「本館&分館ダブルでお楽しみ絵画ツアー」かな(^^;)


まずは本館ですが、クリムトといえば金箔を使ったキラキラとした作品のイメージがあったのですが、今回展示されていたのは意外にも地味な作品が多かったです。

もう一人のシーレという画家は知りませんでした。あまり自画像がないクリムトとは対照的に多くの自画像を描く画家です。その自画像ですが、かなりデフォルメした作品が多くて、ちょっと不気味な作品もあります。でも良かった。

美術館のポスターにも書いてありますが、二人ともなんとなく「世紀末」を感じさせるような重くて暗い作品が多かったです。


美術館本館の前で奥さんと次女。表情からもわかるように、この日は寒かったです。

ところがなんと桜!「十月櫻」と書いてありました。
Dc020122_2  Dc020104


分館はリバーウォーク北九州という大型複合施設の4F~5Fにあります。本館から車で15分くらいです。

到着してまずは腹ごしらえです。

地階に降りると、ラーメン店が何店もあって、ちょっとしたラーメンスタジアム。

どこのお店にするかかなり迷いました。人が並んでいるほうが美味しいかな~と思いましたが、待つのが苦手な一家なので(笑)、席が空いている店に入りました。

ラーメンとジャコ飯。まずまず美味しかったです。

おなかもいっぱいになり、エレベーターであがってロートレック・コネクションに。


ロートレックとその仲間たちの作品。どの絵を見ても、なんとなく当時のパリの盛り場など、夜の華やいだ世界の雰囲気が伝わります。

ポスターの芸術性?についてはよくわかりませんが、今でも通用するオシャレなポスターですね~。
Dc020141 Dc020124 Dc020133


リバーウォーク北九州の隣には小倉城。今回は時間がなかったので、スルーしました。

そのかわりではありませんが、松本清張記念館に行ってみます。

興味のない?次女は外を散歩すると言って離脱。夫婦で入ってみました。


松本清張は北九州小倉の生まれです。

清張が若い頃に働いていた地元の朝日新聞社では、広告を手がけていたそうです。

なるほど素晴らしいイラストや絵がありました。何でもできる人だったんですね~。

それと東京に住んでいた頃の自宅の書斎・書庫・応接室が忠実に再現されていました。

家一軒がまるごと記念館の中にあるって感じです。

特に書斎は、さっきまで清張がそこに座って原稿を書いていたような、リアルな雰囲気が伝わってきます。

上映時間80分の映画がありましたが、寒空の中に次女を待たせるわけにもいかないので、今回は我慢。

いや~ここはお勧めのスポットですね~。質・量とも素晴らしい。

もう一度来て、ゆっくりと楽しみたいです。
Dc020153 Dc020140 Dc020145


北九州絵画の旅、最後の締めは・・・やっぱりスタバ(^^;)

店内の席が空いてなかったで、外でコーヒータイム。

寒かったですが、そのぶん暖かいコーヒーが美味しかった。
Dc020166 Dc020169 Dc020701



先月(1月)のぐうたら度数いってみま~す♪

バイク・・・◎

この季節、2回も乗ればいいでしょ??

本・・・◎

今年になって読み出した「竜馬がゆく」、面白いです。久しぶりの時代小説ですが、読みやすいし、次はどうなるだろう?とワクワクします。ただいま4巻目(全8巻)。

実はNHKの大河ドラマ「龍馬伝」も見ているので、小説とテレビが頭の中でゴチャマゼにならないかな~と思っていました。

ところが、かなり違うんです。何でかな~。

テレビの演出もあるだろうし、司馬遼太郎さんは史実と異なった自分の考え?を書くと聞いたこともあります。

ところで、テレビと小説の「りょうま」ですが、「龍馬」と「竜馬」・・・漢字が違う。

知っている方がいたら、教えて下さいm(_ _)m

スポーツ・・・○

寒さに弱い(暑さにも弱いけど・・^^;)ため、自転車は冬眠中。そのかわりに山歩きや街歩き?かなりしてます。

単純な人間なんで、歩数計の数字が増えるのが嬉しくて、歩く~歩く~♪

酒・・・×

お正月のぐ~たら生活から脱出できない日々でした。飲みましたね~。お酒の中で一番好きな日本酒を自宅でも飲んでいます。

最近は夫婦とも「休肝日」を多くして頑張っていますが、その反動?で、呑む日の酒量は増えているような(*_*)

音楽・・・◎

先月の i pod はどんなアルバムが入っていたかな・・・

①くるりの「TEAM ROCK」

②ライ・クダーの「ゲット・リズム」

③ジミ・ヘンドリックスの「アー・ユー・エクスペリエンスド」

④ローリング・ストーンズの「レット・イット・ブリード」

⑤キング・クリムゾンの「クリムゾン・キングの宮殿」

⑥スザンヌ・ベガの「孤独」

⑦ビー・ジーズの「THE VERY BEST OF THE BEE GEES」

⑧フランシス・レイの「THE BEST OF FRANCIS LAI」

いつものように、CDラックから適当に選んで聴いています。

今回はロックが多いです。

ビー・ジーズは映画「小さな恋のメロディー」を観てからのファンですから、かなり長いです。

時代によってスタイル(サウンド)をかなり変えるグループですが、初期の頃が一番好きです。

「マサチューセッツ」、「メロディー・フェアー」、「若葉の頃」、「ラン・トゥ・ミー」

素晴らしい曲ばかり。日本酒にピッタリの曲です(嘘)。

フランシス・レイは映画音楽の大御所ですね。

ダバダバダ~♪で有名な「男と女」や「白い恋人たち」などが収録されています。

「白い恋人たち」は小学生の頃にEP盤を買って、まだ持ってますよ~。

フランシス・レイを聴く小学生なんて・・やっぱ変な小学生だったかも(@_@)

曲から大人世界の匂いをかいでたのかも(^^;)

Aaa

今回は酒量以外はまずまずなんで、ぐうたら度数は30%ってことで。


仕事の話は書きたくないのですが・・・

3月13日から、現在各社それぞれでしか利用できない鉄道関係のICカードが、相互に利用できるようになります。

JR九州の「SUGOCA」、福岡市営地下鉄の「はやかけん」、西日本鉄道の「nimoca」、JR東日本の「SUICA」です。

便利にはなるんでしょうが、これの勉強が大変なんです(T_T)

「ただしこの場合は・・」みたいな例外(特例)が多くて。

「頭の体操」と思ってがんばります(*^_^*)

| | コメント (10)

寒中タンデムツーリング

さて、3連休の最終日はまたまた寒中ツーリングです。しかもタンデムで(^^)v

最初は焼き物で有名な佐賀県の有田に行こうかと考えましたが、時間的に厳しそうなので、北九州の門司に行くことにしました。



高速を走りながらインカムで、後ろの奥さんに「先に昼ごはんにする?」って聞くと

「いいよ」と応答あり。

それならばと、門司を通り過ぎて関門橋を渡り、山口県の下関にある唐戸市場に行きました。

ここは、週末限定で一般に開放した観光市場?になっています。
Dc012501_2 Dc012503 Dc012504 Dc012508



好きな寿司を選んで・・・。

フグで有名な下関ですから、フグの味噌汁と唐揚げは必須ですね(^_^;)

運よく市場の中のテーブルで食べられましたが、寒い海風に吹かれながら、外で食べてる方も多かったです。

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名な巌流島も、ここから船で10分ほどです。
Dc012514 Dc012521 Dc012531 Dc012505_2



お腹もいっぱいになり、また関門橋を渡って門司に戻ります。

出光美術館です。門司レトロ地区にあるため?倉庫のようなシンプルな外観ですね~。

この時は「唐三彩」という展覧会が開催中で、7世紀~8世紀あたりの白・黄・緑の3色で色付けされた馬やラクダの陶器を中心に展示してました。なかには紀元前の作品もあったりして、ちょっとビックリ。
Dc012533



「門司港レトロ展望室」からの眺めです。ここは黒川紀章氏設計の高層マンションの31階にあります。高さは103m。当然眺めも最高。ビル自身の陰が面白いです。よく見ると出光美術館が見えます。そしてその前に赤いバイクも・・・。

高所恐怖症の私でも全然怖くないです。
Dc012551 Dc012538 Dc012543 Dc012544



このようなレトロな建物がいくつもあります。 左の写真は「旧門司三井倶楽部」でアインシュタイン夫妻が泊まったことでも有名です。泊まった部屋もそのまま保存されています。重要文化財に指定されています。
Dc012565 Dc012550



門司で一番象徴的な建物といえば、この門司港駅でしょうね。駅舎としては初めて重要文化財に指定されたそうです。
Dc012561 Dc012562 Dc012563



門司港地ビール工房です。

パンフレットによると・・・

原料の麦芽(モルト)はドイツから9種類、ホップはドイツ・チェコ・アメリカから9種類、酵母はアメリカからそれぞれ直輸入。 ホップと酵母は品質面から空輸します。

こだわりすぎ~(*_*)

何回か飲んだことがありますが、ありえないぐらい美味しい。

今日はバイクなので、お土産に2本だけ買って帰りました。

一気飲みがもったいない。味わいながら飲んでも美味いビールです。
Dc012573 Dc012595



今まで自転車、バイク、車、電車で何度も来た門司ですが、飽きることがないです。

古い、新しいが混在した不思議な街。

オシャレなレトロ地区からちょっと歩けば、昭和のにおいがするような商店街もあります。

今度は電車に乗って海を見ながらビールが飲みたいです。



お土産も買ったし、また高速で博多に戻ります。

この日はそこまで寒くなかったのですが、私のバイクはネイキッドなんで、高速を走り続けるとそれなりに冷えてきます。

うしろの奥さんは私の広い肩幅のおかげで、あまり寒くないとのこと。



寒い中、バイク、山、バイクと3日間遊んでしまいました。

最近、手帳を見ても左ページのビジネス欄は空白が多い。

右ページのプライベート欄はなんだかんだ予定が多い(^_^;)

そういう私でもこれから年度末にかけては色々と忙しくなります。

それと色々と業務の内容が変わって、最近は覚えることが多くて、くじけそうです。

歳をとってから勉強するって大変。

「竜馬が行く」を読んでても眠くならないのに、業務用のマニュアルは表紙をめくった途端に眠くなります(^_^;)


次の遊びを楽しみに、頑張りま~す(^^)v

| | コメント (8)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »