« 秋晴れの日はトンボ | トップページ | 35年ぶりの修学旅行(1日目) »

彼岸花ツーリング&ぐうたら度数(2209)

前日、朝日新聞のローカル欄を読んでたら、棚田&彼岸花の写真が載っていました。

よし、行ってみよう!


今日も天気、天気♪

ホコリの積もったバイクカバーを取り、エアーをチェックして昼前にまったりと出発。

今日はショルダーバックにデジイチと地図だけを入れて、身軽に出発です。

田川郡川崎町の安住(あたか)地区を目指します。

いつものように迷走を楽しんで(笑)、なんとか到着。

そこはまったく観光地化されてない、山間の場所でした。

平日ってこともあり、写真を撮っている方が1名と家族連れが1組だけ。

彼岸花も自然に群生しているって感じでなかなか良かったです。
Dc100112 Dc100130 Dc100137

Dc100146 Dc100148 Dc100153

Dc100157 Dc100161



デジタルフィルターで遊んでみました。

左から、ソフトフォーカス、色抽出、トイカメラ。
Dc100201 Dc100202 Dc100203



バイクで走ってると、キンモクセイの匂いが・・・。

秋やな~(しんみり)。

彼岸花以外にも、咲き始めたコスモスや黄金色の稲刈り前の田んぼなんか撮りたいものがたくさん。

でも、時間もないし、それらをのんびり眺めながら帰ります。

前日は山登り、今日は撮影ツーリング。

何度も言いますけど、1年で一番気持ちの良い季節だと実感しますね~。




先月のぐうたら度数いってみま~す

音楽・・・◎

いつものように i pod からお勧めを。

Salyu(サリュー)の「Land mark」。ブックオフでやっと見つけました。以前から気になっていた日本人女性シンガー。bank bandのアルバム「沿志奏逢2」の中の「to U」という曲で、ミスチルの桜井和寿とデュエットしてたのを聴いてから、いいな~と思っていました。天まで届くような歌声の持ち主と言われますが、その通りだと思います。ベスト盤もありますが、小林武史プロデュースのこのファーストアルバムが評判が良いみたいです。

EGO-WRAPPIN’(エゴラッピン)の「night food」。男女二人でやっている日本人バンド。昭和歌謡とジャズが一緒になったような独特な世界です。曲もいいですが、女性ボーカルの圧倒的歌唱力が魅力かな。このアルバム収録の「くちばしにチェリー」を試しに聴いてみてください。


二輪・・・△

バイクは半日ツーリングを1回、自転車はロングライドなしで、通勤のみ。

昨年は11月半ばで、寒さに負けて電車通勤になりましたが、今年は頑張りますよ!


山・・・○

前回の記事(十坊山登山)の1回。宴会なしの健康的登山にしないとな~(笑)。


スロー・トレーニング・・・△

自転車やジョギングなんかの有酸素運動は好きなんですが、筋トレは・・・ほとんどしません。筋肉に刺激を与えることは、歳をとるほどに大事なことだとはわかっているんですが。楽しくないんで(笑)。


相変わらずジョギングやってま~す・・・○

仕事だったり、天気が悪かったり、深酒したりとか色々な理由で走ったのは11日。ま~マイペースでやってます。


ハロハロが終わったぞ・・・?

あれほど好きで、毎日のように夫婦で食べていたミニストップのハロハロ(宇治金時+ソフト)。今年の発売は終了。来年の夏を楽しみに・・・。


ジャパネットたかた・・・◎

やっと大型テレビ+地デジ導入の我が家。最初は大きすぎたかと思った46型ですが、慣れとは怖いもので、2~3日で慣れました。もうじき始まるパリーグのクライマックスシリーズ、大画面でホークス応援しますよ~。これから長い長い30回ローンを頑張って払わないと(笑)。それにしてもすごい量の取扱説明書(テレビ・レコーダー他)には参りました。ケーブルテレビ絡みの特別な操作方法なんかもあって覚えるのが大変でした。奥さんは最初から覚える気がないし・・・(笑)。


その取扱説明書のせいで・・・△

読書量が減りました。読んだ中では近藤史恵の「サクリフェイス」は面白かった。ツール・ド・フランスのような自転車競技を舞台にした小説ですが、自転車に興味のない方でも楽しめると思います。次はどのような展開になるのか・・・一気に読んでしまいました。

佐藤正明の「望郷と訣別を」。こちらは700ページとボリュームたっぷりの小説。ヨーロッパでユダヤ商法を学び、中国で成功した男のお話。こんなにまで他人に奉仕できる人間がいるのかとビックリ。だから成功するんでしょうけど。

他にはブックオフで買った「写真生活」という雑誌でカメラの勉強?


プレッシャー・・・△

と言っても、仕事じゃありません(笑)。夫婦でアメリカドラマにはまっていると先日書きましたが、ハードディスクに録画したのがたまってしまって、妙にプレッシャーなんですよね~(笑)。本棚に未読の本がたまってるのもプレッシャーだし・・・こんなことでプレッシャー感じるなんて変な人間だ(爆)。

筋トレはサボるし、ジョギングの回数も減るし、読書量は減るし、アメリカドラマからは抜け出せないし。それでもたくさんの取扱説明書を読んで新規導入家電をマスターできた自分に拍手(笑)。

そんなこんなで・・・


ぐうたら度数はちょっと低めの40%でお願いします!

ホークスがんばれ~!

|

« 秋晴れの日はトンボ | トップページ | 35年ぶりの修学旅行(1日目) »

コメント

この前、NHK見てたら私の家の近くに彼岸花の咲き誇る場所が紹介されていました。
伊勢崎「早川渕 彼岸花の里」と言うのですが行ってみようと思ってます。
子どもの頃は不吉に思ってたんですけどね。
今は素直に綺麗だと思います。 
綺麗な女性と同じで根?に毒があるので綺麗なのかも。。

投稿: アパッチ | 2010年10月 4日 (月) 16時33分

棚田を縁取る彼岸花、美しいです!
これだけ咲いているとモグラ君も近寄れませんね。
こんなロケーションは週末になるとカメラマンが多いことでしょう。
そして、羨ましいデジタルフィルター機能。
残念ながら僕のK10Dにはショボイ機能しかありません。
しかも、近々K-5が発売。もうやめてって感じです(笑)
個人的にはトイカメラが好みですよ。

投稿: run | 2010年10月 4日 (月) 23時54分

アパッチさん
たしかに子供の頃って彼岸花に良いイメージなかったな~。

私も女性は少し毒があるほうが魅力的に思えます。
ただし、「少しだけ」ですよ(笑)。

投稿: 博多のモモ | 2010年10月 5日 (火) 10時53分

runさん
これだけ咲いていると、地中は毒だらけでしょう(笑)。
この日は三脚も持って真面目に撮ろうかと思いましたが、時間もないし、ぐうたらなんでやめました。
デジタルフィルター>ボロ隠しには良いです(笑)。

K-7 → K-5 はないかな・・・。
K10D → K-5 は十分ありでしょ!
背中押せた??

投稿: 博多のモモ | 2010年10月 5日 (火) 11時01分

おっ!なかなか綺麗な写真ですね♪どういう場所かネットで調べたら、とんとこちらの人間にはなじみがない場所でした。高速からだいぶん入った場所なんですね。気持ちが良かったことでしょうね!

投稿: tuty | 2010年10月 5日 (火) 22時33分

tutyさん
まったく人気がなさそうな・・・。
そこが良いんですけど。
天気も良くて、「赤」が映えてましたね~。

投稿: 博多のモモ | 2010年10月 6日 (水) 10時08分

こんにちは
可憐な彼岸花が上手く撮れましたね。
46型TVですか、大迫力ですね。
我が家は42型、買ったときは大きいと思っていましたが、
最近は慣れてしまい、もっと大きいTVが欲しい!!

投稿: vehicles | 2010年10月 6日 (水) 15時37分

vehiclesさん
視聴距離は3mぐらいなんですが、52型ぐらいでも良かったと思います。
井上陽水の歌にありましたね~「限りないもの~それは欲望♪」(笑)。

投稿: 博多のモモ | 2010年10月 6日 (水) 22時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« 秋晴れの日はトンボ | トップページ | 35年ぶりの修学旅行(1日目) »