« ライブ&ぐうたら度数2303 | トップページ | 四王寺山 »

焼き物探訪

これまた先月のことですが・・・。

1泊2日で長崎に行ってきました。


1日目は天気に恵まれ、気持ちの良い一日でした。

長崎自動車道を途中で降り、佐賀県の有田へ寄ってみます。

焼き物が好きな奥さんのリクエストです。

有田といえばゴールデンウィークの陶器市が有名ですね~。

100万人ほどの人でごった返します。

この日は土曜日でしたが、街はひっそりとしていました。

まずは高速を降りてすぐの「有田ポーセリンパーク」へ。

宮殿のような建物があって、「酒・器」のテーマパークとのことですが、元気ないですね~。

もう行くことはないです。


有田の町に到着し、まずは陶山(すえやま)神社へ。

磁器で出来た鳥居やこま犬が有名です。
Dc032368 Dc0323111


こういう街は裏通りが良いはず。・・・っていうかどこに行っても裏通りが好きです(笑)。

トンバイ塀(耐火レンガや陶片を赤土で固めた塀)がある裏通りは焼き物の街らしくて、良い雰囲気ですね。
Dc0323118 Dc0323121


「陶磁美術館」はずいぶんとこぢんまりとした美術館。

お薦めは、「深川製磁」と「香蘭社」です。

どちらも有田焼を製造販売している有名なお店ですが、それぞれに併設してある展示館?がちょっとした美術館みたいで、見る価値ありますよ。

有田焼と言えば、柿右衛門。柿右衛門窯に行きます。

展示場がありましたが、どれもこれもとんでもなく高級品で、何百万の大皿とかあるし、小さなお皿でもウン万円ですから、庶民代表な私は、手にとってみる勇気はありません。

もし落としたりしたら・・・、目の保養だけにしとこ(笑)。

有田の街からちょっと離れたところにある「有田焼卸団地」に行ってみます。

オシャレな陶器のお店が20件ほど集まったところです。

奥さんは以前、蓋付きの器をお土産でもらって以来、賞美堂のオリジナルブランド「其泉(きせん)」の大ファンらしい。

たまたま賞美堂のアウトレット店があって大喜びです。

色々と買い込んで、再び高速で長崎市内に向かいます。

ホテルは高速を下りてすぐの中華街近くにあったはずですが、通り過ぎてしまい、かなり遠回りして到着です。

夜は中華街に繰り出しましたが、ガイドブックやネットで評判のお店は待っている人が多すぎて、あきらめます。

まったくお客さんがいない店に入るのもいやなので、ほどほど賑わっているお店?に入ってみます。

失敗(涙)。

いつものことながら、旅先で美味しい物を食べるのは難しい。

なんでも美味しい博多に住んでいるから、特にそう感じるのかも。

それにしても焼きビーフンは野菜の臭みとフライパンの焦げの臭い?・・・残してしまいました。

気を取り直してビールとつまみを買い、ホテルの部屋で反省会をしましたが、途中で寝てしまいました。



2日目は予報どおりの雨。

稲佐山も煙ってます。
Dc0323174


午前中は予定通りに美術館。

今回の長崎への旅行ですが、長崎県美術館で開催中の「ザ・コレクション・ヴィンタートゥール」を観ること以外は何も決めていません。

長崎には何度も行ったし、定番な所をもう一度まわるのもどうかな~と。

相談した結果、佐賀県の伊万里に行くことにしました。

長崎旅行と言いつつ、1日目は有田焼、2日目は伊万里焼。

焼き物探訪となりました。


「大川内山(おおかわちやま)」に行きます。

山のふもとに窯元が集まっているところで、「秘窯の里」と言われているそうです。
Dc0323188


有田の街並みにくらべると規模は小さいですが、被写体としては良いかも。

と言いつつ、雨が強くて満足な写真は撮れませんでしたけど。


伊万里をあとにし、博多へ向かいます。

お昼ご飯を食べていなかったので、「煉」というお店で伊万里牛のステーキを食べました。

外食でステーキなんていつ以来か、そもそも食べたことがあったか・・・記憶にない。

小綺麗な古い感じのお店で、ステーキも美味しかった。


帰宅してから、買ってきた有田焼のコーヒーカップでコーヒーを飲みましたが、味は・・・。

私「なんか薄くない~?」。

奥さん「豆の量、間違った(笑)」。

私は焼き物に詳しいわけではありませんが、それでも「本物」にふれると違いますね。

見るだけでも、気持ちが豊かになって得した気分??

最近、長女と次女が陶芸教室に通い始め、先日初めての作品を持って帰ってきました。

今年の誕生日のプレゼントは焼酎グラスでしょうか?(笑)。

|

« ライブ&ぐうたら度数2303 | トップページ | 四王寺山 »

コメント

モモさんのまたまた意外な趣味になったのかと思いました。
でも有田焼は有名なので誰でも感激するんでしょうね。
だんだん、興味が変わってきますね。
私も比較的近くに益子焼があるので行って見ようかな。
こんな休日の過ごし方もいいかもですね。

投稿: アパッチ | 2011年4月13日 (水) 09時36分

いいなぁ~、有田の裏通り、カメラ片手にぶらぶらしたいものです。
相変わらず奥様と良い旅行されてますね!
私も焼き物には詳しくありませんが、気持ちが豊かになるのは分かりますよ。
珈琲でも、お料理でも、器が違うだけでずいぶん変わりますもんね!

投稿: run | 2011年4月13日 (水) 14時50分

アパッチさん
こういうものが素晴らしいと感じるような年齢になりましたね~、お互い(笑)。
絵や音楽と一緒で、本物に触れると感動します。
さらに年代物の陶磁器は風格さえ感じますよ。

投稿: 博多のモモ | 2011年4月13日 (水) 21時52分

runさん
良いもなにも、熟年夫婦の旅はこんな旅になっちゃいます。
器が良いと確かに料理が映えますね~。
でも洗い物担当の私は少々気を使いますけど(笑)。

投稿: 博多のモモ | 2011年4月13日 (水) 21時55分

焼き物は持ちませんが、厚みがあってつるんとした感じの縁で飲むコーヒーは良い感じがしますよね。

投稿: tuty | 2011年4月14日 (木) 22時40分

tutyさん
そうなんです。
「口当たり」?は大切ですね~。
後日、波佐見に行ったのですが、その時に買ったビールグラスが良い感じで、飲める飲める・・・(笑)。

投稿: 博多のモモ | 2011年4月14日 (木) 23時56分

この記事へのコメントは終了しました。

« ライブ&ぐうたら度数2303 | トップページ | 四王寺山 »