« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

秋晴れに誘われて

朝晩はぐっと冷え込み、いきなり秋めいてきましたね~。

空を見ても入道雲からすじ雲やうろこ雲に選手交代したようです。

そんな秋晴れの日、奥さんとドライブに行くことに。

いつもチェックしているお気に入りのブログ(自転車乗りの方)を見ていたら、久留米の耳納連山からの写真が目に止まり、決定!


高速で太宰府ICから杷木ICへワープ。

まずは小石原方面に向かいます。

東峰村にある竹地区の棚田を見るためです。

黄金色の棚田の写真が撮れるかな~。

ネットでチェックしたら、まだ稲刈りをしてなさそう。

ところが・・・
Dc092427 Dc092434 Dc092445

ほとんどの田んぼが稲刈り終わってました(涙)。


気を取りなおし、日田彦山線の筑前岩屋駅に移動。

2時間に1本ぐらいしか列車が来ないローカル線の駅ですが、タイミング良く列車が到着。

あわてて「撮り鉄」に変身(笑)。
Dc092451 Dc092452 Dc092454 Dc092455


次はうきは市の「つづら棚田」を見に行きます。

以前タンデムで来たことがありますが、それよりかなり山奥の所がメイン会場でした。
Dc092457 Dc092481 Dc092485

それにしても多くの人人人・・・ちょっとうんざり。


さてやっと当初の目的地、耳納連山に行きます。

尾根に沿ってうきは市と久留米を結ぶ耳納スカイラインという道がありますが、スカイラインとは名ばかりで、道も狭く草木に遮られて眺望はまったくダメです。

また「漱石の道」と言われ、あちらこちらに句碑があるそうですが、車で走ってるとわかりません。

それでも途中の鷹取山(802m)では素晴らしい景色を見ることが出来ました。

ちょっと霞んでますけど、上の写真が北東側、下の写真が南西側になります。
Dc092487

Dc092492

北東側には筑後平野が広がり、南西側には阿蘇山、遠くには有明海の先の普賢岳まで見えます(写真ではちょっと見えませんが)。

なお、方角については間違ってるかもしれませんので、あしからず(笑)。


しかし今回参考にさせてもらったブログのかたですが、ここまで自転車で来たらしい。

距離もすごいですが、こんな山を登るなんて!

そういう体力&気力がある方が羨ましいです。


【おまけ】

大事にしていたコンパクトデジカメを落として傷物に。もう下取りは無理だな~。末永く可愛がりたいです(笑)。

お気に入りのパン屋さんでパンとコーヒーを買い、車の中で食べていた時です。若いカップルが身障者専用のパーキングに車を止めて近くのスーパーにお買い物。ゆるせんな~。

ここ何年か、秋が短くなり、あっという間に冬になるような。だんだんと日本の気候が変わってきたんでしょうか。短い秋を楽しまないと。

今日からBSプレミアムで「にっぽん縦断こころ旅」という番組の秋編が始まります。火野正平が自転車でユルユルと旅をします。今回の秋編は兵庫を出発して鹿児島を目指すらしい。火曜~金曜の夜7時~7時30分放送。視聴者のお手紙を参考に、心に残った風景、思い出の場所などを尋ねます。 おすすめ!!!

にっぽん縦断こころ旅


【奥さん撮影】
Dc092449 Dc092457_2 Dc092459

| | コメント (4)

処方ちがい

Dc111023_2
(写真は本文とは関係ありません。数年前に仕事で行った釜山の屋台。博多の屋台とはずいぶんちがいますね~。まるでサーカス小屋の小型版?)



久しぶりに夫婦で風邪をひきました。

5日ほどたっても改善しないので、奥さんが病院に。

予想通り?袋いっぱいの薬の山をお持ち帰り。

やっぱ薬漬け大国ですね~、日本は。

製薬会社は相当もうかっているんでしょうね。

入れ替わりに私が病院へ。

やっぱり薬の山。

ところが処方された薬がまったく違う。

鼻水、ノドの痛み、セキ・・・症状は一緒なのに不思議だ。

ちなみに今回の風邪、孫娘のミ~ちゃんからうつされました(笑)。


【おまけ】

私は子供の頃からティッシュで鼻をかめません。いつも洗面所に行きます。なんというか・・・ウォシュレットと同じ理屈(違うか)。奥さんからは「変!」と一刀両断。

東京物語」奥田英朗

かなり面白い。お薦め。主人公が私と同じ1959年生まれってこともあり、書いてあることが懐かしくもあった。初めて読む作家ですが、平易な文章で、しかも読み応えもあるし、いきなりファンになりました。

「村上ラヂオ」村上春樹

「anan」に連載されたエッセイをまとめたもの。

「村上ソングス」村上春樹

ジャズやロックを中心に村上春樹がお気に入りの曲をピックアップ。その訳詩を掲載し、それについてナンタラカンタラ言っている本。和田誠さんの挿絵が素敵です。

「蛍・納屋を焼く・その他の短編」村上春樹。

200ページほどの短編集。私は村上春樹って短編のほうが長編よりうまいような気がします。「蛍」、「納屋を焼く」、「めくらやなぎと眠る女」が大好き。

あいかわらず大好きな村上春樹が多い。今年は昨年ほどの猛暑じゃなかったけど、残暑はそれなりに厳しい。

こんな時はやっぱ本。

1日に2冊読んだりする日も。

あんまり読みすぎると、現実逃避が進んで自分の殻に閉じこもりそうな危険?

とくに村上ワールドにはそんな危険がいっぱい(笑)。



アッ大切なことを言い忘れていました。

奥さんと私は別の病院に行ってました(笑)。

すれ違いなおバカ夫婦。

それにしても病院が違うと、こうまで処方される薬が違うんですかね~って話。

| | コメント (2)

日本一周&ぐうたら度数最終回

午前中に奥さんと公園をウォーキング。

帰宅したら日本一周していました。

これだけじゃなんのことかわかりませんよね~。


私はいつも携帯、i pod、歩数計を持ち歩きますが、歩数計の積算距離が日本一周したってわけです。

歩数計のデーターでは、

2009年の5月12日~2011年9月9日までの851日目で達成。

総歩数 8,640,888歩 

総距離 6,047キロ

私の使ってるシチズンのTW700という歩数計はパソコンにつなぐと色々なデーター管理ができ、さらに簡易な日本地図上で現在どこを歩いているかがわかるようになっています。
Dc090912 Dc090913_2 

おまけのようなソフトですが、無料でダウンロードできるし、けっこうモチベーションをあげてくれたような(笑)。

北海道をスタートして反時計回りに一周しましたが、今度は熊本をスタートして時計回りに2周目に入ります。

ただ博多をスタート地点に選べないのが残念。

ま~無料のソフトだからしょうがない。

ちなみに同じ日に始めた奥さんは現在3,515キロで沖縄~熊本間の海の上です(笑)。

ほとんど内勤の仕事の私にしては早いほうですかね?

自転車通勤やジョギングでかせいでいたと思いますよ。

今日は日本一周達成記念として、夜は多めに飲もうかと思ってます(笑)。



このブログもおかげさまで来月で3年目に入ります。

過去の記事をふりかえると・・・赤面してしまうような文章・写真が多いな~。

特に「ぐうたら度数」ってカテゴリーは本や音楽の紹介はまだしも、他の内容はまったくもって私の個人的備忘録ですね~。

ってことで来月からは単独のカテゴリーじゃなくて他の記事のおまけ?として書いていこうかと思ってます。



それではぐうたら度数最終回(8月~9月前半)いってみま~す



あいかわらず三昧三昧♪

活字が好きな私。手当たりしだいに読みまくってます。

「エデン」と「サヴァイブ」(近藤史恵)

どちらもロードレース(自転車)を題材とした小説。以前読んだ「サクリフェイス」の続編です。けっきょく一作目のサクリフェイスが一番面白かったかな。自転車に興味のない方にもお薦めです。

「アウトドア&キャンプ大辞典」(太田潤)

面白くなかった。

「日々常々」(北島寛)

現在83歳になる福岡在住の写真家。昭和30年代の福岡を切り取った写真集です。当時の街の風景や人(特に子供や女性)が素敵です。ほのぼのとした気分になれますよ。

「人生やり直し読本」(柳田邦男)

大好きなノンフィクション作家です。内容はタイトルとは違って、子供の心の形成や発達に関したものをわかりやすく書いています。「そうそう、そういうこと!」と納得することが多かった。この本を見た次女が奥さんに「お父さん、人生やり直さんでもよかろもん」と言っていたそうな。やり直すつもりはありませんから(笑)。

「マイナス・ゼロ」(広瀬正)

タイムマシンを使ったSF小説。2008年の本屋大賞を受賞。もうひとつだったかな~。ま~私がSF小説が苦手っていうのもありますが。

ラスト・ワンマイル」(楡周平)

最高に面白かった。郵政民営化や楽天のTBS買収をモチーフにした企業小説。完全に気持ちが小説の中に入っちゃいました(笑)。次がどうなるかではなく、次はどうしようかという主人公の気持ちで読んでました。再読決定。

「マリオ・ジャコメッリ 黒と白の往還の果てに」

イタリアのアマチュア写真家の論評と写真集。生と死を題材にしたような重苦しいモノクロの写真。私には重過ぎる内容でした。

他にもウインドウズのユーザーなのに「マック・ファン」を読んだり、日経パソコンなんかのパソコン雑誌、今月末に京都に行く予定なので「大人の街歩き京都」などなど。

こうしてみると乱読しとりますね~。ところがどれだけ本を読んでも人間としてまったく成長できた気がしない(笑)。51歳にもなると無理かな。



聴きまくり~

自宅と車ではクラシックオンリー。CD付のクラシック入門書を読んだりして「なんちゃってクラシック通」です(笑)。

いつも持ち歩く i pod には、ロックやポップス。

「ホット・ラッツ」(フランク・ザッパ)

奇人変人の変な音楽。一応フュージョンかな。彼の多くの作品の中では馴染みやすい作品ですが、やっぱ変(笑)。それが好きな私は間違いなく変(笑)。

「道は続く」(ハンバート・ハンバート)

いつもながら癒されるな~。私は新しめの作品が特に好きですが、この頃の作品もシンプルで良いです。疲れたあなたに今宵の一枚として・・・。

「CAVATINA」(村冶佳織)

ギターの調べに酔いしれて下さい(笑)。やっぱこのかた美人ですね~。

「サイアミーズ・ドリーム」(スマッシング・パンプキンス)

なんでかこのグループ好きなんですよね~。だるそうな歌声、ちょっとサイケ、でもハードなロックで元気でます(と思います)。

「海洋地形学の物語」(YES)

CD2枚組みで4曲。ちなみに私、アナログ盤も持ってます。プログレッシブ・ロックの大御所です。1曲が20分以上。お薦めできません。マニア限定。こんなアルバムを高校時代に聴いていた私はやっぱりやっぱり変??

「TOKYO」(NRBQ)

なんと言いましょうか、肩の力が抜けたB級ロックバンドですかね。永遠のドサ回りバンドなんて言われてます。とくにこのアルバムはライブ盤なんで、力の抜け方も半端じゃない(笑)。ずいぶん前にライブに行ったことがありますが、プロかアマか微妙なバンドでした。ま~そこがこのバンドの真骨頂かも。メンバーの一人がローリングストーンズに誘われたけど断ったらしい。初期とはメンバーも替わっているみたいですが、今日もアメリカのどこかのパブで演奏してるんでしょうね(笑)。

「MONSTER」(R.E.M.)

村上春樹もこのバンドが好きらしい。大好きな作家と音楽の趣味が一緒だなんて、なんだかとても嬉しい(意味不明)。



中華さと

先月バイクで日田の中華さとまでプノンペンラーメンを食べに行きましたが、やっぱりうまい!つい最近、熊本のブログ仲間tutyさんからメールが。「今、プノンペンラーメンを注文しました」。中華さとの輪を広げたいな~??



だいぶ涼しくなったよ~

自転車通勤やジョギングの時の汗の量も少なくなったような。それでもジョギング後の私を見たうちの女性職員は「ど~したらそんなに汗かけるんですか~?」などと、汚いものでも見るような眼をしながら聞きなさる・・・。ほっといて下さい。



チーズケーキ

先日、うちの女性職員(上の職員とは別の方)が

「○月○日は私の誕生日なんですよね~」。

私「だからなに?」

「私、生クリームが食べられないのでチーズケーキがいいです」

私「はぁ~?」

それでも同僚とお金を出し合い、休日に奥さんとケーキを買いに行き、ケーキが倒れないように細心の注意を払って満員電車に揺られて出勤する私はやっぱ変ですか~?


ぐうたら度数最終回はど~なんでしょう?

いつものように好きな本と音楽の話で終わったような。

・・・で、ぐうたら度数は、

これからの自分に期待をこめて0パーセントで!

こんな終わりかたですみません。

| | コメント (6)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »