« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

ファイヤーキング

奥さんと次女と車でお出かけです。

先月が誕生日だった長男のプレゼント探しです。

福岡空港近くの食器専門店でコーヒーカップを探しますが、気に入ったのが見つかりません。

たしかファイヤーキングの専門店が近くにあったな~。

スマートフォンで場所を確認&ナビしてもらって中央区平尾のお店に到着。

車にナビがないので、こんな時はスマートフォンが活躍します。
Dc101110_2


こじんまりとしたお店ですが、ファイヤーキングが好きでやってる~って感じが伝わります。

ファイヤーキングといえば、 定番の翡翠色のDハンドルマグが思い浮かびますが、他にもプリントされたカップやお皿なんか色々ありました。
Dc101113 Dc101116 Dc101118


もともと1950年代?に作られた耐熱ガラスの大量生産品なわけですが、今ではコレクターも多いみたいです。

値段も3000円ぐらいからありますから、いくつか集めて眺めているだけで楽しいかも。

もちろん丈夫な実用品ですから、今日はこのカップでコーヒー飲もうかな~とか。

どれも素敵で迷いましたが、2個購入。

後日、長男に渡したら気に入ってくれたそうです。

お金を払う時、奥さんがレジ近くにあったマグカップをさらにもう1個ゲット。

訳あり商品?みたいで、かなりお安くなってました。

・・・と、「これお父さんに」。

今月は私の52回目の誕生日でした。

「エエッ!俺にはサービス品かよ~!!」。

旧い物好きの私、かなり気に入ってます(笑)。

このカップ、どんな外人さんが使っていたんだろう・・・。

ブロンドのベッピンさんだったりして~なんて想像しながら使ってます(笑)。


【おまけ】

年中無休で乱読中の私。

最近読んだのは・・・

大崎善生「RAILWAY STORIES」、清水保俊「ラストフライト」、村上春樹「村上ラヂオ2」、伊集院静「なぎさホテル」、宮本輝「流転の海」、「地の里(流転の海第2部)」、「血脈の火(流転の海第3部)」。

お薦めは、RAILWAY STORIES

52歳の私が読んでもちょっと切ない気持ちになりました(なれました)。

宮本輝の流転の海シリーズですが、最近「慈雨の音(流転の海第6部)」が出たので、それを読む前に第1部から再読中です。

この連作は宮本輝のライフワークと言われてますね~。

流転の海

この第1作は単行本で1984年に刊行されてます。図書館に借りに行ったら、奥の書庫からやっと?探してもらいました。

50代の方にお薦めかな。

「ラストフライト」は私のような飛行機好き、それもマニアックに飛行機が好きな方限定(笑)。

無事に着陸したシーンを読んだ時は、背中に汗かいてました(笑)。


最近ジョギングコースを変えました。

近くの大きな公園にある1周1.6Kmのコース。

ラバーのような特殊な舗装?のためか膝が痛くなりにくい。

寒くなって外に出るのがおっくうになりますが、頑張ろう・・・マイペースで。


1歳の孫マー君が歩く&走る。

なんでも口に入れるし、なんでも触る。

46型液晶画面のテレビはいつも手垢だらけ。黒板じゃないんだから(笑)。

まだジャパネットたかたの支払い終わってないから、壊さないでね(笑)。


10月も終わりですね。

歳を取ると月日の経つのがほんと早い。

何事もなく(何も残せず)、毎日が過ぎていく。

なんとなく焦るような不安な気持ち(笑)。

でも、それでもいいじゃん。

やっぱ「ぐーたら」。


【おまけのおまけ】

今月でこのブログもまる3年。

アクセス履歴をみたらビックリするぐらいの方が見てくれている。

こんな「個人的備忘録なブログ」でも需要があるんだな~と妙に納得です。

これからもよろしくお願いします。

| | コメント (4)

なのにあなたは~京都へいくの~♪(2日目)

ホテルの部屋には眩しいばかりの朝日!

2日目の京都は秋晴れっていうか、暑いぐらいでした。


まずはバスに30分ゆられて嵐山へ。

高校1年生の時に友達と来て以来ですから、35年ぶりです。

せっかくなので、保津川に沿って走る嵯峨野トロッコ列車に乗ります。

乗車時間も短く、なぜか職員さんが車内放送で松山千春を歌ったり、詩吟を歌ったり。

さらに途中の駅には鬼の面をかぶったオジサンがいたり。

やりたい放題のオチャラケな観光鉄道でしたね(笑)。
Dc1002119 Dc1002144


次は天竜寺に移動し、竹林の道を散策したりします。

竹林の道はとにかく観光客が多くて、いい雰囲気なのに残念です。

人が写っていない写真を撮るのは大変でした。

右側に写っているオジサンは、やる気なさそうに絵を売っていました。

でも写真的には、このオジサンが良い味だしてくれてるように思いますけど(笑)。
Dc1002116 Dc1002126 Dc1002140

Dc1002154


そして嵐山。ここも人が多くてお店が多くて、まさに人気の観光地ですね。
Dc1002177


JR嵯峨野線で京都市内に戻り、東山にある「ちんぎれや」を探します。

ここは江戸時代~大正時代の頃の古布(着物の裏地や更紗)を使った篭や袋物が売っています。

奥さんは化粧ポーチに使えそうな「がま口」を購入。
Dc1002186 Dc1002184

ちなみに私は新幹線の駅構内で、油取り紙で有名な「ようじや」特製シャープペンシル1本です(笑)。


その後は祇園あたりの裏通り?を歩き回り、錦市場をのぞいて京都駅に戻ります。
Dc1002111 Dc1002114


新幹線に乗ってすぐにプシュッと缶ビールを開け、寿司や惣菜を食べながら缶入りの水割りへと進みます。

疲れとアルコールで眠くなるかと思ったら、なぜか博多まで目がさえて・・・。

やっぱ京都の街は素敵です。

歩くだけで気分が良い。

あと40日ほどで紅葉が素晴らしい時期になるそうです。

その頃にまた今年3回目の京都の予定です(嘘)。

あ~オータムジャンボ当たらんかいな~!!


【奥さん撮影】
Dc100288 Dc100290 Dc100292

Dc100295 Dc1002100

| | コメント (4)

なのにあなたは~京都へいくの~♪(1日目)

タイトルでピンときた方は、それなりのお歳ですね~(笑)。

5月に行ったばかりの京都に、また行ってきました。

今回の目的は美術館です。

京都市美術館では「フェルメールからのラブレター展」が10月16日まで開催中。

さらに9月13日からは「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」が開催。

重なった日に行けば、見たかった2つの展覧会を同じ美術館で観ることができます。


いつものように7時30分博多発の新幹線に乗ります。

今日の天気予報は沖縄以外は全国的に雨(涙)。

そういえば、5月に行ったときは台風接近で大雨でした。

それでも前日に次女が作ってくれたテルテル坊主の効果?で傘をさしたりたたんだりぐらいですみました。

京都に着くまで村上春樹の本を読みふけり、読み終わる頃には到着。

文庫本なら処分しても良かったのですが、図書館からの借り物なのでそういうわけにもいかず、2日間お荷物に(笑)。


喫茶店のモーニングでパパッと朝食をすませ、市営バスに飛び乗り、美術館に向かいます。

この日は平日だったのですが、すでに美術館前には行列。

予想通り、行列は「フェルメールからのラブレター展」でした。

30分ほど待ってやっと館内に入れました。

今回はフェルメールの作品は3点だけで、他は同時代の作家の作品がほとんど。

フェルメールの傑作「手紙を読む青衣の女」ですが、今回、修復後世界初公開だそうです。たしかに藍の色が鮮やかに蘇っていました。

しかしフェルメールは作品が世界に30数点しかないのもあってか、異常なほどの人気ですね。

かたや並ぶこともなく、すんなりと入れた「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」ですが、ビックリ!

印象派の作品が多かったですが、とにかく有名な作家の有名な作品が目白押し。

絵にはさほど詳しくない私でも「アッこれしっとう~」。

詳しい奥さんはそうとう感動してたようです。

ほんと、こんなにいっぺんに出しちゃっていいの?と思うぐらいでした。

パンフレットの「奇跡のコレクション」は本当でした。


美術館を出て東福寺に向かいます。

いや~とにかく広いです。

あちらこちら見てまわったつもりでしたが、見てなかったところもずいぶんあったようです。

次回また来たいです。
Dc100219 Dc100224 Dc100238


こんどは河井寛次郎記念館へ。

私は良く知らなかったのですが、有名な陶芸家なんですね。

ここは河井寛次郎の自宅を記念館として開館していて、登り窯まであります。

人気スポットじゃないですが、なかなか良かった。
Dc100264 Dc100279


次は国宝の三十三間堂。

中央に大きな千手観音座象があり、その左右に各500体の千手観音立象、合計1001対の観音象。とにかく圧倒されます。

また総檜作りのお堂は、120mもあるそうです。圧巻!

奥さんの「後ろのほうの観音様はよく見えんで、かわいそうやね~」の感想も納得(笑)。

三十三間堂HP


今回のお宿は5月に行った時と同じ二条城近くのホテル。

夕食も前回と同じ京料理のお店へ繰り出しました。

リーズナブルなお値段で美味しいものを頂けました。
Dc100291


【奥さん撮影】
Dc100220 Dc100233 Dc100237

Dc100240 Dc100247 Dc100260

Dc100297

ホテルの部屋で飲みなおし・・・あっという間にオヤスミナサイzzz

| | コメント (2)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »