« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

廃線探索ポタリング

新聞を読んでいたら、旧勝田線の廃線跡を散策した記事が。

行ってみよう!ただし自転車で(笑)。

今回の探索ですが、歩鉄の達人のブログを参考にさせていただきました。


勝田線は1918年に、沿線の志免炭鉱の石炭輸送と宇美八幡宮の参拝客輸送のためにできたそうです。

吉塚駅~筑前勝田駅間の14キロ。

石炭から石油へと主役が替わるとともに、1985年に廃線となります。

現在、廃線跡は緑道(自転車通行可の遊歩道)になっています。

今回はここをユルユルと走ります。


スタート地点のJR吉塚駅。

通勤時に利用する駅なので、迷わずに来れました(笑)。
Dc111836


旧勝田線は柚須駅までは福北ゆたか線(当時は篠栗線)と並行に走っていました。

沿線の敷地(駐車場)に旧勝田線の線路が残っていたりしますが、それ以外には昔を偲ばせるようなものはありません。

柚須駅で福北ゆたか線と分岐します。
Dc111837 Dc111846 Dc111848


ここから緑道のはじまり。

ほとんどは幅5メートル以下の舗装されていない道ですが、枕木を使っている所もあったりします。いたるところに休憩用のベンチがあり、公園も多いです。住宅地には木製のアーチ(住人のプライバシー保護?)がありました。
Dc111854 Dc111864 Dc111867


当時のホームが残っていて、そのまま公園になったようなところもあります。
Dc111868 Dc111869


これは志免鉱業所竪抗櫓(しめこうぎょうしょたてこうやぐら)といって石炭などを搬出するための櫓です。今は重要文化財になっています。この下に地下430メートルまで垂直の竪抗があります。

この炭鉱は旧日本海軍や日本国有鉄道が運営していた「国営炭鉱」。当時の写真をみると、炭鉱を中心に街に活気があったかがよくわかりますね。
Dc111876 Dc111878 Dc111873


さらに進むと交差した道の裏側にに黒い汚れが。

当時のディーゼル車の排煙跡らしいです。
Dc111882


さらに進み、古墳跡や宇美八幡宮をぬけて終着駅の筑前勝田駅。

・・・のはずですが、まったく何もありません(笑)。


今回は自転車でしたが、ゆっくり歩くのがピッタリの道ですね。

ほとんどの部分が街路樹に囲まれ、地元の方に大事にされている生活道路って感じ。

都心にありながら人知れず生きている「裏道」ですね。

さらにウロウロと散策して約60キロのポタリングでした。

次回は奥さんと散策予定。


【後日談】

翌日、フロントタイヤがパンクしていました。

小石が刺さっていました。

細めのタイヤのクロスバイクじゃ無理だったかな。

やっぱり歩きがいい。


【おまけ】

ソフトバンクホークスが日本一になりました(パチパチ)。

楽天ファンの私ですが、もちろん地元の球団なんで応援してましたよ。

感動したことがふたつ・・・

第4戦で無死満塁をゼロに抑えた森福の11球はすごかったです。

ありきたりな言い方ですが、球に魂がこもってましたよね。

それともうひとつは球団オーナーの孫さんが胴上げされたことです。

過去にオーナーが胴上げされたことなんてあるんでしょうか。

どっかのゴタゴタしている球団じゃ考えられない(笑)。

来シーズンは主力の川崎選手や和田投手がメジャーに行きそうだし、杉内投手もFA宣言して他の球団に行く可能性が高いとか・・・。

戦力補強にもよるけど、来年は今年みたいに楽勝じゃないかもしれません。

いまさらながらですけど、来年は地元のホークスを応援しようかな・・・(笑)。

| | コメント (6)

いつもようにいつものところへ

今日は休みだというのに、朝からひどい雨。

しかたない、ブログでも更新するか(笑)。


今月はじめにバイクで行った佐賀県伊万里市~長崎県松浦市。

このあたりは里山の風景がいっぱい残っていて、お気に入りのコースです。

目的地が決まらない時は、「いつものようにいつものところへ」となるわけです。

自宅から1時間半ほど。いつもの白木峠を快走していつものところで休憩。
Dc111803


ちょっと寄り道して「いろは島」。まったりした時間を過ごしたかったのですが、お喋りなおばちゃんと遭遇して、早々と退散します。
Dc111806


いろは島の展望台にあった大きな木。枝が直角。まじめな木です(笑)。
Dc111807


いろは島の近くには棚田や風車があったり。あの道を走ってきたのかな。
Dc111814 Dc111822


紅葉もあちらこちらで始まっていました。

「けのない学校」。
Dc111828

あまり有名でなさそうな(失礼)お宮さん。
Dc111832


時間があったので、伊万里焼の窯元でも訪ねようかなと「秘窯の里大山内山」へ向かいます。

平日なのになんだか観光バスが多いな~と思ってたら、窯開き?かなんかのイベントがあってました。

沿道の駐車場整理のおじさんが「そこのオートバイ、むこうむこう!!」と大声で偉そうに言うので、思わず「駐車場に止めるなんて誰が言うたか!」と言い返してしまいました(反省)。

あまりの人の多さにバイクを降りることなく退散。高速でワープして帰ってきました。

数えきれないほど走ったいつものこの道。

その度に、もっと小さなバイクで走ったら楽しいだろな~と感じます。


【おまけ】

先日、マー君が今季の沢村賞に選出されました。楽天ファンの私は不甲斐ない成績のチームにあってよく頑張ったな~と喜んでました。しかしその選考委員会の某委員長が「マウンドでほえたりガッツポーズをするなどのパフォーマンスは控えてほしい」だと。角界だったら横綱の品位だとかあるんでしょうけど、プロ野球のピッチャーがマウンドで闘志を表すなんて良いじゃないですかね~。それで目くじら立てるファンなんていないと思うけど。


明日は奥さんと宮崎県の高千穂まで紅葉を見に行きます。しかし天気予報は「まとまった雨」(涙)。今年は2度行った京都も雨だったし、これだけ毎回雨に降られると笑ってしまいます。


今日、ある銀行の定期預金を解約して、別な銀行に預金をしましたが・・・

解約する時の窓口のおね~さんの態度って気のせいか冷たかったな~(笑)。それにひきかえ新規に預金をした銀行のおねえさんは満面の(営業用)笑み。わかりやすいな~。


今月になって読んだ本・・・

天の夜曲(流転の海第4部)、花の回廊(流転の海第5部)ともに宮本輝。シリーズ物5冊連続で読むとちょっとダレてしまう。月刊誌ランナーズにヒザ痛の予防やケアの記事が載っていたので何度も読んで勉強したり、最近自転車に乗っていないのに竹内正昭「スポーツ自転車を100%楽しむ本」を読んだりして、乗った気分になります。大崎善生「聖(さとし)の青春」は29歳でなくなった村山聖という棋士の話。3歳にして難病を発症しながら、将棋会の最高峰であるA級までのぼりつめた実話。自分の寿命が長くないことがわかっているからこそ、命がけで将棋に打ち込んだのですね。


聴いている音楽・・・

ロス・ロンリー・ボーイズ「セイクレッド」、YUI「キャント・バイ・マイ・ラブ」、スティーリー・ダン「エイジャ」、NHK美の壷「ブルーノート・ジャズ・ピアノ・コレクション」、バッド・フィンガー「ベスト・。オブ・バッド・フィンガー」、プルコル・ハルム「ア・ホワイト・シェイド・オブ・ペイル」、ハンバートハンバート「まっくらやみのにらめっこ」、ツカダマコト「いすゞのトラック」、「ジャズ・ギター・ベスト」。

プルコル・ハルムと言えば大ヒットしたデビュー曲「青い影」。年代を問わず耳にしたことがあるかも。

バッド・フィンガーの「恋の嵐」や「デイ・アフター・デイ」は日本でもヒットしましたね~。

「いすゞのトラック」ですが、ちょっと前までTVCMで流れていました。奥さんの友達から借りて何度も聴いています。カラオケの持ち歌にしようかなと思って(笑)。しかしカラオケなんて10年くらい行ってないかも。練習の成果を披露することはあるんだろうか(爆)。


明日は久しぶりに重いデジイチと交換レンズを持って高千穂に行くつもりでしたが、大雨の予報では気合もはいりません。

いつものようにコンデジにしときます(笑)。

夫婦とも口にこそだしませんが、「雨男(女)のせいでいつも雨やな~」と思っているのは間違いない(笑)。

| | コメント (4)

草千里

夜中に目が覚めて寝られない。

しかたない、ブログでも更新するか(笑)。

遅ネタですが、先月の阿蘇ツーリングのことでも書いてみます。


天気も良いし、なんとなく阿蘇の草千里に行きたくなり、出発。

草千里に行くたびに小学校の修学旅行を思い出します。

途中の小国あたりの集落で写真を撮ったりしながら走ります。

・・・っていうかバイクを降りてウロウロする時間が長くて前に進みません(笑)。
Dc101147 Dc101150 Dc101176


のんびりとした時間の中で写真を撮っていたら草千里なんてどうでもよくなった(笑)。

この時期、どこに行ってもススキが元気いいですね~。
Dc101191 Dc1011102 Dc1011138


しかし、いつでも気が向いたときに阿蘇を走れるなんて、ライダーとして恵まれているのを実感しますね。

この日は草千里をチラッと眺めて、夕方には家に着きました。

模範的な日帰りライダーだ!(笑)。


【おまけ】

前回は本のことばかり。

今回は i pod に入れている曲紹介です。

KISS「ダブル・プラチナム」、ザビア・クガート「ベストセレクション」、ロス・ロンリーボーイズ「フォーギヴン」、ABBA「GOLD」、「美の壷ブルーノート・コレクション」、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「カリフォルニケーション」、ハンバート・ハンバート「さすらい記」。

KISSはこれが定番でしょう。「デトロイト・ロック・シティー」のイントロで思わず体が動き出す私は変な親父っすか?

ロックやジャズが特に好きですが、たまには「ルンバの王様」ザビア・クガートなんかを聴きます。小学生の頃にラテンが大好きでした。変な小学生っすか?

以前の職場で若手職員から勧められたロス・ロンリー・ボーイズ。完全にはまってます。ネットでポチッとしたこのアルバム。3作目の作品ですが、デビュー作を越せてない気がします。

ABBAは二十歳の頃、バイト先でいつも聴いていた音楽。コンサートにも行きました・・・っていうか、コンサート会場の警備のバイトを見つけ、警備はほったらかしてステージを観てました(笑)。どの曲でもイントロだけで二十歳の自分に瞬間移動できますよ(笑)。

「美の壷」というBSハイビジョンの番組を以前紹介したことがありますが、これはそのサウンドトラック盤。ブルーノートの定番曲がそろってます。

レッチリはこれでしょう!何度聴いても聴き飽きない。ギターやベースのリズムが気持ち良くて、やっぱり体が動きます(笑)。

ハンバート・ハンバートは、たぶん一生聴き続けるアーティストかもしれない。すべてが好きです。


最近の週末はいつも雨。

今日も朝から昼過ぎまでかなり降ってました。

こういう日のモモ夫婦の過ごし方は、スタバとTUTAYAが合体した某ショッピングモールに出向き、コーヒーを飲みながら本を読みふけってます。

歳をとると、立ち読みするのが辛くなり、座ってゆっくりと立ち読み?したいですから(笑)。

バイクや自転車の雑誌を読むことが多いですが、どちらも最近はレトロなものに興味があります。

バイクなら、ロイヤル・エンフィールド、トライアンフ、モトグッチ、W800とか。

自転車も最新のカーボンバイクより、クロモリのツーリング車なんか。

52歳ともなれば、体力・気力とも右肩上がりになるとは思えないし、どんなスポーツをしても「伸び代」なんてない(笑)。

スローに楽しみたいです。

「楽しんだが勝ち」。

| | コメント (6)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »