« 草千里 | トップページ | 廃線探索ポタリング »

いつもようにいつものところへ

今日は休みだというのに、朝からひどい雨。

しかたない、ブログでも更新するか(笑)。


今月はじめにバイクで行った佐賀県伊万里市~長崎県松浦市。

このあたりは里山の風景がいっぱい残っていて、お気に入りのコースです。

目的地が決まらない時は、「いつものようにいつものところへ」となるわけです。

自宅から1時間半ほど。いつもの白木峠を快走していつものところで休憩。
Dc111803


ちょっと寄り道して「いろは島」。まったりした時間を過ごしたかったのですが、お喋りなおばちゃんと遭遇して、早々と退散します。
Dc111806


いろは島の展望台にあった大きな木。枝が直角。まじめな木です(笑)。
Dc111807


いろは島の近くには棚田や風車があったり。あの道を走ってきたのかな。
Dc111814 Dc111822


紅葉もあちらこちらで始まっていました。

「けのない学校」。
Dc111828

あまり有名でなさそうな(失礼)お宮さん。
Dc111832


時間があったので、伊万里焼の窯元でも訪ねようかなと「秘窯の里大山内山」へ向かいます。

平日なのになんだか観光バスが多いな~と思ってたら、窯開き?かなんかのイベントがあってました。

沿道の駐車場整理のおじさんが「そこのオートバイ、むこうむこう!!」と大声で偉そうに言うので、思わず「駐車場に止めるなんて誰が言うたか!」と言い返してしまいました(反省)。

あまりの人の多さにバイクを降りることなく退散。高速でワープして帰ってきました。

数えきれないほど走ったいつものこの道。

その度に、もっと小さなバイクで走ったら楽しいだろな~と感じます。


【おまけ】

先日、マー君が今季の沢村賞に選出されました。楽天ファンの私は不甲斐ない成績のチームにあってよく頑張ったな~と喜んでました。しかしその選考委員会の某委員長が「マウンドでほえたりガッツポーズをするなどのパフォーマンスは控えてほしい」だと。角界だったら横綱の品位だとかあるんでしょうけど、プロ野球のピッチャーがマウンドで闘志を表すなんて良いじゃないですかね~。それで目くじら立てるファンなんていないと思うけど。


明日は奥さんと宮崎県の高千穂まで紅葉を見に行きます。しかし天気予報は「まとまった雨」(涙)。今年は2度行った京都も雨だったし、これだけ毎回雨に降られると笑ってしまいます。


今日、ある銀行の定期預金を解約して、別な銀行に預金をしましたが・・・

解約する時の窓口のおね~さんの態度って気のせいか冷たかったな~(笑)。それにひきかえ新規に預金をした銀行のおねえさんは満面の(営業用)笑み。わかりやすいな~。


今月になって読んだ本・・・

天の夜曲(流転の海第4部)、花の回廊(流転の海第5部)ともに宮本輝。シリーズ物5冊連続で読むとちょっとダレてしまう。月刊誌ランナーズにヒザ痛の予防やケアの記事が載っていたので何度も読んで勉強したり、最近自転車に乗っていないのに竹内正昭「スポーツ自転車を100%楽しむ本」を読んだりして、乗った気分になります。大崎善生「聖(さとし)の青春」は29歳でなくなった村山聖という棋士の話。3歳にして難病を発症しながら、将棋会の最高峰であるA級までのぼりつめた実話。自分の寿命が長くないことがわかっているからこそ、命がけで将棋に打ち込んだのですね。


聴いている音楽・・・

ロス・ロンリー・ボーイズ「セイクレッド」、YUI「キャント・バイ・マイ・ラブ」、スティーリー・ダン「エイジャ」、NHK美の壷「ブルーノート・ジャズ・ピアノ・コレクション」、バッド・フィンガー「ベスト・。オブ・バッド・フィンガー」、プルコル・ハルム「ア・ホワイト・シェイド・オブ・ペイル」、ハンバートハンバート「まっくらやみのにらめっこ」、ツカダマコト「いすゞのトラック」、「ジャズ・ギター・ベスト」。

プルコル・ハルムと言えば大ヒットしたデビュー曲「青い影」。年代を問わず耳にしたことがあるかも。

バッド・フィンガーの「恋の嵐」や「デイ・アフター・デイ」は日本でもヒットしましたね~。

「いすゞのトラック」ですが、ちょっと前までTVCMで流れていました。奥さんの友達から借りて何度も聴いています。カラオケの持ち歌にしようかなと思って(笑)。しかしカラオケなんて10年くらい行ってないかも。練習の成果を披露することはあるんだろうか(爆)。


明日は久しぶりに重いデジイチと交換レンズを持って高千穂に行くつもりでしたが、大雨の予報では気合もはいりません。

いつものようにコンデジにしときます(笑)。

夫婦とも口にこそだしませんが、「雨男(女)のせいでいつも雨やな~」と思っているのは間違いない(笑)。

|

« 草千里 | トップページ | 廃線探索ポタリング »

コメント

いつものところが一番ですよね。
ナビがなくても行けますもんね。
苺Rも健在そうですね。
紅葉の季節に合いそうですね。

バッド・フィンガーのデイ・アフター・デイも良かったですね。
私は最近はボストンを聞きたくて探しています。
この時代はよかったですね。 (ねえ。モモ爺さん^^;)

投稿: アパッチ | 2011年11月18日 (金) 17時37分

アパッチさん
お気に入りの道があったら良いですよね。
日帰りライダーの私は、方角?によってお気に入りの道がいくつかあります。

ボストンはベスト盤しか聴いたことがありませんが、曲作りに時間をかける完璧主義のグループのイメージがありますね。
あの頃は良かった・・・しみじみ(笑)。

投稿: 博多のモモ | 2011年11月19日 (土) 06時55分

いつもの道、いつものところって人それぞれが持ってるんですよね。
棚田沿いの道、とても素敵な風景です。
小さなバイクだと長距離移動はしんどいですが、小さな脇道はもちろん、
そして大きく広い道はより広く走ることが出来るんです。いいでしょ!(笑)

高千穂の旅、天気はどうだったんでしょう。
更新楽しみにしております。

投稿: run | 2011年11月20日 (日) 22時11分

runさん
大きなバイクでのんびり走るのはストレスたまるんですよね~。
オフ車もいいけど、お尻が痛くなりそうだし・・。
やっぱW800かな~・・・ってお金ないし(笑)。

大きく広い道はより広く走ることが出来るんです>
う~んんん??
runさん蛇行してるの?(笑)

高千穂は、ほとんど傘いらずですみました。

投稿: 博多のモモ | 2011年11月20日 (日) 22時42分

この記事へのコメントは終了しました。

« 草千里 | トップページ | 廃線探索ポタリング »