« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

毎年恒例!なんしょがたき

今年も「河原谷の大つらら(難所ヶ滝)」を見るために山に行ってきました。

私は毎年行きますが、奥さんは初めて。

運動不足の熟年夫婦、どうなることやら・・・。


いつものように宇美町の昭和の森公園に車を置いて出発!

この日は土曜日でしたが、意外に登山客は少なかったです。

昨年登った時は、滝の近くの登山道が大渋滞でしたから。

登りはじめは天気も良く、雪があるのか心配になりますが、1時間ほど登ると雪と険しい岩がお出迎え。
Dc021101 Dc021118 Dc021126


さらに登って、もう少しで滝に着くかな~というあたりで、アイゼンをつけます。

これだけ凍っていたんじゃアイゼンなしでは登れません。
Dc021128


やっと到着。

さすがに滝のまわりは寒かった。

すぐにダウンを着込みます。
Dc021130_3  Dc021135


標高724mにあるこの滝ですが、ちょうど風の通り道になるので、凍りやすいと聞いたことがあります。

迫力のある氷爆を期待していたんですが、最近好天続きのためか、名前どおりの大きな氷柱(つらら)といった感じですね。

あまりに寒いので、マドレーヌ1個とお茶を一口飲んですぐに出発します。

登ってきた道を引き返しても面白くないので、頭巾山(900m)を経由して別ルートで戻ることにします。

写真は頭巾山に向かう途中の尾根道ですが、雪が少ない。何年か前に来た時は膝近くまで雪が積もっていたんですけどね~。
Dc021146


頭巾山から下る道はかなり急で、枝につかまりながらなんとか出発地点の昭和の森へ到着。

トータル4時間ちょっとでしたが、久しぶりの山登りは楽しかったです。

下山してから食べた暖かいうどんの美味しかったこと!(笑)。

後日・・・

登山後2日目に筋肉痛の奥さんにむかって「日頃から運動せんといかんよ~」と偉そうに言っていた私。3日目に筋肉痛になったのはここだけの話です(笑)。



【おまけ】

この登山以降、急に博多は寒くなり、平地でも交通機関が乱れるほどに雪が降ったりしました。寒がりの私は動けません(笑)。バイクは無理、自転車も無理、ジョギングもサボりっぱなし。怠惰なインドア生活を満喫しております(笑)。


次回のグリーンジャンボ宝くじは東日本復興支援ということで、1等、前後賞あわせて5億円!!前回10枚買って、13,300円ゲットした運気上昇中?の私が買うつもりでしたが、家族に却下され(笑)、かわって先日「鶴の夢」を見たという次女が買うことになりました(笑)。はたして鶴の効果はあるんでしょうか?私は抽選の日までいつものように妄想することとします(笑)。バイクで200万、自転車で50万、パソコンで30万・・・。5億円まで妄想するのは大変です(笑)。


省エネが当たり前の世の中。電気店に行くと色々なLED電球がありますね~。ずいぶんと安くなったし、4万時間の長寿命が魅力。ちなみに我が家のLED化は玄関ホールの2個だけです。話かわって最近ソーラー電波時計を購入しました。以前からねらっていたカシオのオシアナスというモデルです。見た目はクラシカルなアナログな時計ですが、電池交換も不要で時間も狂わない。それにしてもLED電球といい、ソーラー時計といい、どちらも52歳の私の寿命よりずいぶん長いでしょうね(笑)。


最近は寒くて自転車通勤を封印中(っていうか、やる気がない)。そのかわり通勤中はよく歩きます。出勤する時はトータル45分。帰宅時は1時間30分は歩きます。最近のお気に入りのコースは某大学構内。一般人が入っていいのかな~。でも小さな子供を連れた方(散歩?)もいるし~、いいんじゃないかな??ダンディーな私、たぶん大学教授と思われているでしょう(笑)。車の多い道を歩くこともなく、快適な(秘密の)通勤経路です。


我が家は4LDKのマンションなんですが、長女は結婚し、長男も家を出て、部屋が2部屋余ってる状態。どちらの部屋も物置状態でしたが、休日にお掃除頑張ったおかげですっかりキレイになり、他の部屋の家具を運んだりして家の中がずいぶんと片づいた。今は家具類が一つもない和室で寝てますけど、広くなって寒い気がする(笑)。ちなみにガランとした和室を見た3歳の孫娘が「壁買ったと~?」。


市民農園(5年間)に当選。・・・って長女ですけど。我が家も応募していたんですが、くじ運のない夫婦なんで補欠58番目(笑)。長女は育児で大変でしょうから、畑はジ~ジとバ~バが頑張りますよ。場所もすぐ近くだし。さっそく野菜の作り方を勉強しないと!野菜作り名人の奥さんの両親に教えてもらおう!多趣味な私にもうひとつ趣味が増えました。けっこうはまりそうな予感(笑)。




【備忘録として】

いつものように大好きな本と音楽のお話ですので、興味のない方はスルーして下さい。


本・・・

片岡義男「缶ビールのロマンス」&「幸せは白いTシャツ」、池井戸潤「下町ロケット」、窪美澄「ふがいない僕は空を見た」、白井友次「自転車のメンテナンス」、今泉紀夫「スポーツバイク メンテナンス&チューンナップ」、荻原浩「月の上の観覧車」、高橋誠之助「神様の女房」、写真集「木村伊兵衛のパリ」、西村章(訳)「バレンティーノ・ロッシ自叙伝」、長尾籐三「70歳のロードバイク」、米津一成「自転車で遠くへ行きたい」、養老孟司「死の壁」、金城一紀「GO」。

寒い日は暖かい部屋で活字の世界をさまよってます(笑)。

春になれば活動的な生活をおくれるはずです。たぶん(笑)。

お薦めは

下町ロケット

ひょんなことから中小企業の社長になった主人公の奮闘劇。

大企業に立ち向かう町工場が舞台です。

読みながら、ずいぶんと企業の舞台裏や金融に詳しい作家だな~と感心していましたが、作者の池井戸潤さんは小説家になる前は銀行員だったそうです。リアルな企業小説としても楽しめます。

ふがいない僕は空を見た

これは面白い!!

ひとつの話をもとにした連作短編集?読み始めは性描写がリアルでど~なの~って感じでした。ところが読み進めると短編ごとに主人公が変わっていき、それぞれの立場での「視線」が楽しめる。ほんと面白くて途中でやめられず、一気に読みました。

月の上の観覧車

過ぎた時間は取り戻せない。切なくなりたい40~50代の男性にお薦めします(笑)。

木村伊兵衛のパリ

写真家である木村伊兵衛がライカを手に、1954~55年のパリの街をスナップした写真集。NHKの日曜美術館でこの本のことを知り、図書館で借りました。試作品のカラーフィルム(信じられないほどの低感度)で撮ったとは思えない素晴らしい写真。やっぱ写真は機材じゃない。そんなことわかっているんですが、すぐに新しいカメラに興味がいくんですよね~(笑)。


音楽( i pod )・・・

「バッド・カンパニー」、リー・モーガン「イントロデューシング・リー・モーガン」、ザ・フー「フーズ・ネクスト」、リー・リトナー「キャプテン・フィンガーズ」&「フェスティバル」、アデル「19」、デビッド・ボウイ「アラジンセイン」、「ドアーズ」、ブルーノ・マーズ「ドゥー・ワップス&フーリガンズ」、久石譲「NHKスペシャル 驚異の小宇宙サントラ」、サンタナ「スーパー・ナチュラル」、イーグルス「ならず者」、R.E.M「ニュー・アドベンチャー・イン・ハイファイ」。

「19」

「21」

今年のグラミー賞は予想どおり?アデルの主要3部門を含む6冠で、圧勝でした。しかし、この若さでこの渋さにはビックリ!!初めて歌を聴いた時は、かなりなベテランだと思っていました。さんざん「19」を聴き、今は「21」を聴いてます。CDジャケットを見たときはスリムな女性をイメージしてましたが、実物は貫禄ある女性でした。失礼!アデルさん。

ドゥーワップス&フーリガンズ

ブルーノ・マーズもグラミーにノミネートされてましたね。このアルバムを聴くと色々なジャンルの音楽に触れて(影響を受けて)きたのがわかりますね。耳になじむ音でありながら軽くはない。本物ですね(なんて私が偉そうに言うのも失礼か)。



今日の博多は最高気温が15度。寒い寒いと言いながら、確実に春が近づいている。奥さんが買ってきた枝垂れ梅の蕾もずいぶんとふくらみました。

さきほどまで孫二人が遊びに来ていましたが、ほんと体力いりますね~。やっとコーヒーを飲みながら「くつろぎタイム」です。奥さんは録画していた平清盛を見ているし、私はブログの続きを作成中。それでも「あんなこと話しよったね~」とか、帰ったばかりの孫の話で盛り上がってしまうジ~ジとバ~バです(笑)。

| | コメント (6)

モモノツブヤキ 第10話

Dc112605
(写真は本文と関係ありません)



「コネのある人」

老舗出版社の岩波書店が示した2013年度定期採用の応募条件

「岩波書店から出版した著者や社員の紹介状があること」。

つまり縁故採用、つまり「うちの会社にコネのある人だけね」。

「ない人は頑張ってコネを作って下さい」らしい。

例年、わずか数名の合格者に対して千人以上の応募がある同出版社。

今までにも縁故採用をやっていたのかもしれませんが、こんな風にはっきりと「宣言」されるとね~。

将来の夢に向かって勉強している子供たちはどう思うんでしょうか。

生意気な子供が先生に向かって「勉強よりもコネが大切なんですよね~」とか言ったりして(笑)。

その時、先生はなんと答えたらいいのか・・・。

この話を奥さんにしたら、「正直でいいんじゃない」と。

ネット上でも様々な意見があるようですけど、納得(肯定)してる方が多い。

中小企業とかは採用に時間や費用をかけたりできないだろうからわかるけど、

大手企業、しかも出版社がね~。


話かわって、私の大好きなユニクロ(笑)。

ユニクロは採用に関して、いままでの年1回の採用を見直し、採用時期を通年とし、学年も人種も問わないらしい。

たとえば、大学1年で採用を決め、在学中はアルバイトをしてもらって卒業後に採用とか。

ある意味すごい「青田買い」かもしれませんね。

どんな採用をするかは採用する側の会社の勝手でしょうけど、

門前払い?をする岩波よりユニクロのほうが「門戸解放」でいいんじゃないと思ったりしました。

|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »