« 来年は真珠 | トップページ | 毎年恒例!なんしょがたき »

モモノツブヤキ 第10話

Dc112605
(写真は本文と関係ありません)



「コネのある人」

老舗出版社の岩波書店が示した2013年度定期採用の応募条件

「岩波書店から出版した著者や社員の紹介状があること」。

つまり縁故採用、つまり「うちの会社にコネのある人だけね」。

「ない人は頑張ってコネを作って下さい」らしい。

例年、わずか数名の合格者に対して千人以上の応募がある同出版社。

今までにも縁故採用をやっていたのかもしれませんが、こんな風にはっきりと「宣言」されるとね~。

将来の夢に向かって勉強している子供たちはどう思うんでしょうか。

生意気な子供が先生に向かって「勉強よりもコネが大切なんですよね~」とか言ったりして(笑)。

その時、先生はなんと答えたらいいのか・・・。

この話を奥さんにしたら、「正直でいいんじゃない」と。

ネット上でも様々な意見があるようですけど、納得(肯定)してる方が多い。

中小企業とかは採用に時間や費用をかけたりできないだろうからわかるけど、

大手企業、しかも出版社がね~。


話かわって、私の大好きなユニクロ(笑)。

ユニクロは採用に関して、いままでの年1回の採用を見直し、採用時期を通年とし、学年も人種も問わないらしい。

たとえば、大学1年で採用を決め、在学中はアルバイトをしてもらって卒業後に採用とか。

ある意味すごい「青田買い」かもしれませんね。

どんな採用をするかは採用する側の会社の勝手でしょうけど、

門前払い?をする岩波よりユニクロのほうが「門戸解放」でいいんじゃないと思ったりしました。

|

« 来年は真珠 | トップページ | 毎年恒例!なんしょがたき »