« 春の準備 | トップページ | 200%な男がやってきた! »

やっと「啓蟄」

啓蟄(けいちつ)とは、冬ごもりしていた虫たちが春の暖かさに誘われて這い出してくることです。

ぐーたらで寒がりの私も4月になってやっと這い出してきました(笑)。

と言いつつ、毎年のことですが、3月~4月の年度替りは何かと忙しくてブログの更新もままなりません。

前回の記事から1ヶ月以上あきましたが、最近のことをいつものように、とりとめもなく書きますので、お付き合いください。


桜ドライブ編・・・

4月のはじめ、福岡市西区の室見川沿いの桜を見に行きました。結婚してからしばらくはこの近くの団地に住んでいたので、懐かしかった。その団地ですが、当時は若い夫婦と小さな子供で活気があったのに、子供たちの声がまったく聞こえない。今の若い方は団地住まいは嫌いなのかな?住んでいる人も高齢化してるようで、団地内には介護関係の施設がありました。

桜を見た後はいつものように浜地酒造に寄って、うまい日本酒と酒粕を買います。そしていつものように伊都菜彩(市場?)に寄って海産物他をごっそりと買います。どちらもうちの定番コースだな~。
Dc040201 Dc040215 Dc040228

Dc040244 Dc040249


バイク始動&レトロな公園編・・・

よく晴れた日曜の午前中、約4ヶ月ぶりにバイクに乗りました。前日からバッテリーを充電し、タイヤのエアーを点検してスタート。糸島方面の海岸線を快走します。天気もいいし気持ち良かった。トイレ休憩のために二見ヶ浦に寄ったら、「fukuoka二輪倶楽部」のメンバーと久しぶりにご対面。なべさんのGT1000は渋いですね~。
Dc040701 Dc040711 Dc040712


午後は家族で貝塚公園に遊びに行きます。この公園に家族で来たのはなんと25年ぶり!その時はまだ次女が生まれていませんでした。帰宅して25年前の写真を見たらビックリ。滑り台なんかのほとんどの遊戯施設はまったく変わっていません。ちょっと(かなり?)レトロなこの公園、お薦めです(笑)。元気な孫二人も楽しそうでした。

ちなみに2日前にこの公園で職場の仲間と花見をし、記憶をなくして帰宅したのはここだけの話です(笑)。
Dc040703_2

Dc040719_2 Dc040746 Dc040769

Dc040729

Dc040787 Dc0407123


趣味多すぎな私。最近は仕事も忙しく、プライベートな時間もいろんなことが重なって余裕がありません。

海外ドラマが好きでDVDを借りたりしますが、観る時間がなくて、そのまま返却することも。借りなきゃいいのに・・・。

ずいぶん前から歯科に通院中。歳とともに歯や歯ぐきも痛んでいて、いつ終わるのやら・・・。いつもきちんと磨いているんですけどね。

そんな忙しい中、長女が市民農園の抽選に当たったものだから、ますます忙しい。畑を見に行ったらうちの区画だけが手付かずで、他の区画は立派な畝を作っていました。先日奥さんと二人で一生懸命に耕し、なんとか畝(らしきもの)を作ることができました。あとは何を植えようかな~。夏ごろには「トマト収穫」の記事が書ける(はず)。久しぶりの土いじりは楽しかった。

孫のみーちゃんは4月から幼稚園。長女の話では、毎朝ぐずりながらも、なんとか登園しているようです。朝ごはんを口に入れてもそのまま10分近く噛まずにいるらしい。そんな(私、幼稚園行きません)抵抗もむなしく、ママに送り出されます。それでも迎えのバスがきたら元気がでるそうな。さすが乗り物好きのみーちゃん。

最近パソコンにたまってる写真をネットでプリントするようになりました。お薦めはしまうまプリント なんたって1枚5円が魅力。出来上がりも満足できるものでした。



【本と音楽の備忘録」】

本のお話・・・

ピーター・バラカン「僕が愛するロック名盤240」、地球丸「車中泊がわかる本」、吉村葉子「お金がなくても平気なフランス人、お金があっても不安な日本人」、百田尚樹「風の中のマリア」、白井友次「自転車のメンテナンス」、絹代「自転車でカラダとココロのシェイプアップ」、浅田次郎「夕映え天使」、「アンセル・アダムス写真集」、中村文則「銃」、百田尚樹「BOX」、栗村修「イラストでわかるロードレースの秘密」、浅田次郎「君は嘘つきだから小説家にでもなればいい」、奥田英郎「家日和」

お薦め

浅田次郎の夕映え天使

日常の中にちょっと不思議なことが起こります。別れもあり、せつない気持ちに。ちょっと意外な展開もあったり。さすが泣かせる作家、浅田次郎さんの短編集です。

百田尚樹の風の中のマリア

スズメバチが主人公のお話。大人の童話と言えるかもしれませんが、人間の現実の世界に置き換えて考えたら、ちょっと意味のある童話。人間は生まれながらに優劣(とは言いたくないけど)がある。スタートラインは同じではない。育つ環境も様々。それでも与えられた中で精一杯生きることの大切さ。何かあると他人(親)のせいにしがちな人には耳の痛いお話かもしれません。頭の悪いのを親のせいにしている私も反省(笑)。

中村文則の

これはちょっと怖いサスペンス。たまたま銃を拾ってしまった大学生の気持ちの変化。銃に魅せられ、恐ろしいことに。引き込まれます。

奥田英郎の家日和

どこの家庭でも起こりそうなお話。ありそうでなさそうな。おもわず笑ってしまうような短編集。この作家はどの作品も読みやすく、それでいて深い部分がありますね。


音楽のお話・・・

Bank Band「沿志奏逢 2」、ジャニス・ジョプリン「グレーテスト・ヒッツ」、ハンバート・ハンバート「道はつづく」、斉藤和義「月が昇れば」、ジョン・コルトレーン「コルトレーンズ・サウンド」、アデル「21」、テデスキ・トラックス・バンド「Revelator」、コールド・プレイ「Viva la Vida Or Death & All His Friends 」、レディオ・ヘッド「Ok Computer」、ジャクソン・ブラウン「Late For The Sky」、ハンバート・ハンバート「まっくらやみのにらめっこ」、フー・ファイターズ「Greatest Hits」

お薦め

テデスキ・トラックス・バンドのRevelator

夫婦でやってますブルース・バンド。旦那さんはスライドギターの名手デレク・トラックス。奥さんはギター&ボーカルのスーザン・テデスキ。それぞれのバンドが合体して11名の大所帯バンドが完成。肩の力が抜けた、それでも鋭い演奏。ボニー・レイット風?な奥さんのボーカルもいい感じ。

コールド・プレイのViva La Vida Or Death & All His Friends 

レディオ・ヘッドのOk Computer

どちらも今を代表するメジャーなバンドなんですが、気になりつつも聴かなかったんですよね。先日、大好きなポール・マッカトニーのインタビュー記事を読んでいたら、コールド・プレイを絶賛したいたので、「ん~、じゃ聴くかな~」とCDを何枚か購入。いや~最高ですね。コールド・プレイの心にしみいるようなメロディーは癒される。レディオ・ヘッドはそれよりももっとロック色を強め、ハードにした感じかな?52歳のオヤジからすると、高校時代にはまっていたプログレのニオイも感じますね~。なんで今まで聴かなかったんだろう。



昨日、1時間ちょっとジョギングしていたら、すごい汗。日中の気温も20度を超えるし、あっという間に暑くてたまらなくなるんでしょうね。

春と秋が短くなったなんて言われますけど、実感しますね。

久しぶりに更新しましたけど、ちょっと疲れた(笑)。

これからもブログのネタ集めに、バイク、自転車、山・・・「自遊人」がんばりますよ~♪

|

« 春の準備 | トップページ | 200%な男がやってきた! »

コメント

おお! やっと動き出しましたね^^
待ってました。
人間もバイクも春になると動き出すんですね。
楽しみましょう!
ところで来週月曜夜、軽く(?)お時間あります?
久々に博多駅前に泊まります。

投稿: アパッチ | 2012年4月18日 (水) 12時46分

アパッチさん
やっと這い出してきました(笑)。
月曜ですね。
時間とかわかったら、携帯のほうにメール下さい。
軽くでお願いしますよ(笑)

tutyさん、新幹線に乗ってやってこないかな~?

投稿: 博多のモモ | 2012年4月18日 (水) 21時14分

啓蟄されたようですね。
私は新たな事業の話が舞い込んだりで全くもってダメダメです。
バイクに乗ることも出来ず、パリダカ購入どころか仕事虫の日々です。
たまの休みは子守りがメインですので、ブログは子供の成長日記にしようかと考えてるところです。
モモさん、私の代わりにたくさんブログ更新お願いします-笑‼

投稿: run | 2012年4月19日 (木) 17時51分

runさん
パリダカの記事を待っていたのに残念。
runさんにとって、今が人生で一番忙しい時かもしれませんね。

子供の成長日記も良いじゃないですか。
写真もうまいから「runのなんちゃってダカフェ日記」どうですか?(笑)

パリダカに乗ったrunさん見たかったな~。

投稿: 博多のモモ | 2012年4月19日 (木) 21時03分

この記事へのコメントは終了しました。

« 春の準備 | トップページ | 200%な男がやってきた! »