« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

モモノツブヤキ 第11話

Dc053045
写真は本文と関係ありません



「高級ブランド品」

新聞記事より・・・

ヨーロッパでは金融不安が高まり、ユーロ安が続く。

ユーロの価値が下がり、円の価値がますます上がる。

当然、ヨーロッパからの輸入品が値下げになっているかというと違うらしい。


例えば、車のBMW。

日本法人の社長さんの話

「高級車市場で重要なのは価格の安定性。ブランドの価値は維持され、顧客を安心させる」。

ブランドイメージを保つためには、高い価格の維持が必要ってこと?

ん~よくわからん。

企業努力でもなんでもなくて、為替変動の話だから、価格を下げるのが普通じゃない?

でも高級車に乗っている人は、車の価格が円高&ユーロ安で下がったんじゃイヤだな~と思うのかな?

せっかく高い車買ったのに車両価格が下がったんじゃ、損したみたいじゃんって思うのかな?

これって、香水は価格が高いのが売れるし、容量が少ない(小瓶)のが売れるなんて話と似てる?

まったくもって庶民代表の私にはよくわかりません。

ただ、円高&ユーロ安になっても車両価格を変えないってことは、BMWがホクホク顔で儲けているってことですよね。


話かわって、オーストリアのバイクメーカー「KTM」。

最近私が一番気になるメーカーですけど、2012年と2011年のラインアップを比べるとほとんどのモデルが大幅に値下げをしている。

990SMRというモデルにいたっては、50万円近くも値下がり!

バイクですらこれだけ値下げになるんですね。

欲しいな~「KTM990SMT」(笑)。

けっきょくメーカーの考え方しだいってことですか~?


BMWのバイクに乗っている私が言うのもなんですけど、このメーカーはちっともユーザーフレンドリーじゃないですね~。

ちょっとムカツク(怒)。

|

HAPPY FATHER'S DAY

今年の父の日・・・。

長女からはロングTシャツ
Dc061807



次女からは麻のシャツ
Dc061816



ちなみに長男。

秋に結婚するんで何かと忙しい?

・・・って言うか父の日忘れてたかも(笑)。

私も子供の頃は父の日にプレゼントなんてした記憶はない。

母の日はカーネーション1本ぐらいはあげていたかも。

男っちゃ、そんなもんでしょ?(笑)


梅雨に入って、当然ながら毎日雨ばかり。

自転車・山・バイクもダメダメで気持ちも湿りがち。

これを着たら少しは気分も晴れるかな?

ありがとう!



【音と活字の備忘録】

音編・・・

Wou2901
TEEGARDEN & VAN WINKLEのセカンドアルバム「BUT ANYHOW」。ドラムスとオルガンの組み合わせの二人組。珍しい編成ですね~。これは好きだな~。サザン・ロックとかスワンプ・ロックとかのジャンルになるらしいけど、ジャケットどおりの泥臭いサウンド。1969年の作品ですが、当時のアメリカはこんなカントリーやブルースなどをルーツとしたようなロックが多かったんでしょうか?いや~こりゃ~素敵なアルバムだ!


51swi69q12l1
BLACK CAT BONES「BARBED WIRE SANDWICH」。まずはこのグロテスクなジャケットにやられますね~。タイトルは「有刺鉄線サンドイッチ」。それを不気味な怪物が食べているという何とも意味不明な・・・。かんじんなサウンドは、下手で荒削り(笑)なブルース・ロック。ツインギターが絡むんですが、なんとなくそれぞれ勝手に弾いてますって感じだし、ま~これぐらいでいいやろ~的な音作り。じゃ~ダメかって言うと好きです(笑)。いつも手の込んだ音楽を聴いていると、たまにはお口直しにこんなアルバムどうですか?というのが私の感想。スミマセン意味不明で(笑)。


41rfmlm4yml1_2
TONY JOE WHITE「THAT ON THE ROAD LOOK」。これもスワンプ・ロックのジャンルになるんでしょか?カントリーな曲もあります。もともと2枚組みのアナログ盤だったようです。好きな人には好き。私は無理でした。アコースティック・ギターの弾き語りのような曲もあり、しみじみ聴かせる感じですが、とにかく渋い、渋すぎる。これはライブ盤なんですが、ふつうライブ盤だと会場の熱気なんてもんが伝わるもんですが、私には伝わらない(笑)。私とは相性が良くないとしか・・・。



活字編・・・

丸山健二「夏の流れ・正午(まひる)なり」。講談社の短編集。初めて丸山健二を読みました。「夏の流れ」は死刑執行を行う刑務官の話です。この作品で芥川賞を受賞。もっと重い作品かと想像してましたが、意外とさらりと書いてある。新人の刑務官が死刑執行を行うことができずに仕事をやめていきます。主人公がその話を奥さんにすると、「あなたには合っている」と言われる。奥さんに死刑執行の仕事が向いているなんて言われるとエッ?と思うでしょうが、主人公はなんとも思ってない。なんかそんな気だるさも漂うような文章が続きます。ある意味、異常と言えるような仕事と、まったく平凡で退屈な日々の生活の対比が面白いって言えば面白いかも。

夏の流れ・正午なり



音中毒&活字中毒な私。

最近、音楽に詳しい方からCDを頂いたりして、嬉しい。

知らないアーティストを紹介してもらえるし、お財布も助かります。

いつもありがとうございます。

本は図書館とブック・オフをフル活用!

天気の良くない日は奥さんとブック・オフをはしごするのが最近の休日(笑)。


それにしても雨はもうたくさん。

お外で遊びたいです(笑)。

| | コメント (2)

やっぱり大好き門司の街

梅雨入り目前のある日、バイクでお出かけしました。

周期的に?行きたくなる、北九州市の門司港駅周辺を目指します。


途中の宗像大社でお参り。

ここはもともと「道の神」として、現在では交通安全の守護神として有名です。

毎年、お正月には近寄れないほどのすごい参拝客。
Dc060537 Dc060538



ツーリングの安全をお願いしたら、ここからほど近い、道の駅「むなかた」に向かいます。

10時頃でしたけど、平日にもかかわらず多くの人で賑やかでした。

近くにいくつも漁港があって新鮮な海産物とかあるからかな?

ちなみに売り上げは全国の道の駅で4番目、九州ではトップらしいです。

お昼ごはん用のお弁当を買いました。


しばらく海沿いの495号線を走り、波津の漁港あたりで休憩。

オヤジ二人がパドルの講習会??

ネットで検索してみると、「スタンドアップパドル・サーフィン」かも?

サーフボードの上に立ち、オール(パドル)を漕ぐ乗り方らしい。
Dc060547_2



さらに進んで、芦屋町へ。

航空自衛隊芦屋基地から爆音を響かせて次々と戦闘機が飛び立ちます。

ここで飛行機マニアの血が騒ぎだし(高所恐怖症やけど)、どこか滑走路が見えるポイントがないかと基地周辺を走り回り、道に迷い・・・、残念ながらそんな場所はありませんでした。


北九州市内に入り、JR小倉駅そばの「黄金(こがね)市場」に寄り道。

古い雰囲気のお気に入りの市場です。残念ながら、シャッターが閉まっているお店も多い。

カメラを持って歩いていたら、洋品店のおばちゃんから「あんた写すつもり?」と睨まれ・・・

あまりの怖さに「い、いえ ただ歩いているだけです」とタジタジ(汗)。

不審なオヤジに見えたのでしょうか?
Dc060554 Dc060557



小倉は奥さんが子供時代を過ごした場所。

黄金市場から写メを送ったら、「そこは私の思い出の場所なんだけどな~」と返信あり。

一人フラフラ遊び人の旦那さんをチクリですか~?(笑)

今度一緒に行きますよ~。

ベレー帽のかわいいお姉さんに誘われるようにフラフラとサラダを購入(笑)。

そんなこんなで道草ばかりで進みませんでしたが、やっと門司に到着。

関門海峡(山口県下関市と福岡県北九州市をへだてる海峡)が見えるベンチでお弁当タイムです。

この日は暑すぎず、寒すぎず、ちょうど良い気温でした。
Dc060559 Dc060569



ここに来たら門司港駅は見ないとね~。

今秋から大規模改修工事が始まるそうです。

1914年に建設され、もうすぐ100年になる駅舎。

改修工事終了まで6年もかかるそうです。

今日は平日なんで、人力車のお兄さんも暇そうです。
Dc060576 Dc060580



さてさて、次回のツーリングに気持ちよく送り出してもらうためには奥さんへのお土産は欠かせません(笑)。

門司港地ビール工房の3本セットを買います。
Dc060593



ビールを買い、しばし海をボーッと眺めます。

何時間でも眺めていたい・・・。

そんなわけにもいかず、高速で帰ることにします。

一気に博多までワープするつもりでしたが、途中でお尻が痛くなり、古賀SAで休憩。

最近、お尻の皮が薄くなった?

クラッチを握る左手も痛くなったし、あいかわらず体力ないな~。

肩幅が広くて、ちょっと見た感じ体を鍛えてそうに見える私。

見せかけだけのオヤジです。


懐かしい雰囲気が満ちた門司の街。

いつ来ても、何度来ても良いな~。

夜は奥さんがお土産のビールを美味そうに飲んでました。

「やっぱり美味しいよ、このビール」。

わざわざ言わんでもわかっとるよ~と思いつつ、私は糖質ゼロビールを飲みます(笑)。

今度は電車に乗って白銀(しろがね)市場、黄金市場、門司港駅周辺の古いアーケード街とかを散策予定。
Dc060598



【おまけ】

絵画ファンに朗報!(新聞記事より)

長崎県佐世保市にあるハウステンボスで、「幻のゴッホ展」が7月29日~10月28日まで開催。日本未公開作品36点を含む52作品。常設しているオランダのファン・ゴッホ美術館の改装に合わせて招致したらしい。ハウステンボス美術館の担当者の話では、「改装後に国内で鑑賞するのは難しい。貴重な展覧会になる」と。これを逃したら、オランダまで行くしかありませんよ~。今から楽しみです。


もうすぐロンドンオリンピック。男子バレーは残念ながらオリンピック出場はなりませんでした。日本より先に試合を行ったオーストラリアが中国に3-0で勝利し、これにより日本は試合開始前からオリンピックに出場できないのがわかっていました。それでも選手たちは持てる力を出し尽くしてましたね。特に2セット目は35-33のすごい接戦。テレビの前で奥さんと二人で声をからして応援してました。けれど・・・

試合後、アナウンサーが「4年後を目指して・・・」なんてさらっと言ってましたけど、オリンピック出場ができないと決まったその日に、そんなに簡単に気持ちのきりかえはできないでしょう?、ファンも選手も。さらに、すでにオリンピック出場を決めている女子バレーの別の大会の試合中継や、笑顔の女子バレーチームの映像を流すなんて、さっきまで男子バレーを応援していたファンの落胆した気持ちを無視したような放送(演出)にはムッとしましたね。「男子の分まで女子は頑張って下さい!」とジャニーズなアイドルが言ってましたが男子は男子なの!

オリンピック出場がかなわない(モチベーションを保つのが難しい状況)でも、素晴らしい試合をしてくれて、それを観て感動していたのに・・・。後味の悪い放送でした。

テレビで働く人ってけっこうおバカ??(笑)。

| | コメント (4)

電車でGO~♪

天気の良い日曜日、奥さんと久留米の石橋美術館に行きました。

車で行くかな~、バイクで行くかな~。

たまには電車で行ってみよう!


コンビニで前売り券を買って電車に乗ります。

久留米の石橋美術館はブリヂストンの創業者、石橋正二郎が収集した作品を中心に展示しています。花がいっぱいの美しい美術館です。
Dc060306 Dc060308



今回の展覧会はブリヂストン美術館(東京)の開館60周年を祝う展覧会。

500円でこれだけすばらしい作品を観られるなんて、得した気分でした。

絵を観たあとは美術館裏の公園へ。

ちょうどショウブの花が見ごろでした。
Dc060325 Dc060334



この公園にはなぜか飛び込み台があります。

公園ができる前はプールだった??
Dc060311



ここは市民の憩いの場って感じで、この日も多くの人がいました。

鯉や鴨に餌をやっていた女の子たち。
Dc060321



【おまけ】

いつものように、音と活字のお話。


音編・・・

51a3gczax2l1
LEGENDの2枚目のアルバムです。70年代のイギリスのロックバンドってことですが、ロックなのか・・・。ドゥーワップ?ブギ?ロックンロールな曲やブルースもあるし。でも肩の力の抜けたシンプルなロック??ですかね。初めて聴いた時はどうなの~と思いましたが、ただいま私の愛聴盤です(笑)。

512zpzbw97l1
FOGHATのデビューアルバム。と言っても30年ぐらい前のアルバムみたいです。ギター好きにはたまらないかも。全曲、難しいことなんてなしにギターが炸裂してます。とにかくギター、ギター、ギター・・・。

41ndsiosl1
C.K.STRONGの唯一のアルバム。ブルース基調の曲が多いです。大雑把に言ったらちょっと大人しいジャニス・ジョプリン。個人的な好みから言ったらジャニス・ジョプリンのシャウトする歌声のほうが好みです。男性がリードボーカルをとる曲が意外に良かったりします。



活字編・・・

三浦しをん「舟を編む」。初めて三浦しをんの作品を読みました。2012年の本屋大賞第1位を受賞した作品です。私としては受賞したからということではなく、出版社で辞書を作る社員の奮闘劇という設定に興味を持って読みました。辞書ってどのように作られているのだろうか・・・。おおむね評判がいい作品ですが、私には相性が悪かったようで・・・。とにかく軽すぎな内容で、漫画なら面白そうなストーリーだと思いますが、これを長編小説として読まされたら堪らないというのが私の感想です。

舟を編む



博多もそろそろ梅雨入りのようです。自転車通勤もできず、バイクも山も行けるチャンスが減ってしまう。畑の水やりをしなくていいのは助かりますが、インドアな怠惰な生活になるのは目に見えている。近くのスポーツクラブに申し込もうかと検討中ですが、結局申し込まずに梅雨があけるかも(笑)。屋外を走ったり自転車に乗るのは好きですが、室内でランニングマシンやエアロバイクをこぐのは10分でもイヤな人間です、私。


入梅入り前から梅雨明けが待ち遠しい。

| | コメント (0)

サイクリングは突然に・・・

平日の午後にぽっかりと4時間ほど時間が出来ました。

テレビを観るか、本を読むか、音楽を聴くか・・・。

どの「ぐうたら」が良いかな~。

そうだ、サイクリングに行こう(笑)。

・・・んで、バタバタと着替え、タイヤにエアーを入れて出発。

行き先はとりあえず、太宰府方面。

あとは時間次第で戻って来よう。



112号線を下り、「政庁通り」を走ります。

大宰府手前の「戒壇院」で寄り道。

ウィキペディアによると・・・

臨済宗の寺院。奈良時代に出家者が僧尼になるときに戒律を授けるために設置。古くは観世音寺の一部であった。「天下の三戒壇」のひとつで、中央戒壇(東大寺)、東戒壇(下野薬師寺)に対して、西戒壇(さいかいだん)とも呼ばれた。

・・・そうです。

紫陽花が咲いていますね。

自転車を押しながら、トボトボと散策。
Dc060506



梅大路交差点を右折し、九州国立博物館の横の76号線を走りますが、坂がきつい。

息が切れないペースで上ります。

たまたま授業が終わったのか、近くの女子大の生徒が歩道にいっぱい。

かわいい女の子もいるし、それなりの方もいるな~(失礼)。

なんてことを考えながら、坂のきつさを忘れようと努力します(笑)。


さらに進んで、吉木あたりの風景です。

霞んで見えるのは宝満山。
Dc060509



ここから秋月方面への76号線&77号線はバイクで何度となく走った道。

自転車で走ると、アップダウンが続いて、ボディーブローのように体にこたえます。

あたりまえだけど、エンジン付きの二輪が楽ですね~。

今年のジロ・デ・イタリア(自転車でイタリアを一周する、有名な大会)では斜度22%なんて坂がありましたが、たぶん一般のサイクリストだったら、上れないんじゃないでしょうかね?

それに比べれば、こんな坂はなんてことはないとべダルを回しますが、52歳の「ゆるゆるサイクリスト」には・・・きついものはきつい(笑)。

それでもこの日は曇り空だったので、ずいぶんと助かりました。


秋月までは時間的に無理そうなので、途中で折り返します。

小石原川をカメラの色々なモードで撮ってみました。

左から、ノーマル、ハイコントラスト白黒、ミニチュアライズ。
Dc060519 Dc060522 Dc060525



いつ来ても思いますけど、このあたりは里山の雰囲気があって、いつまでもボ~ッとしていたい気分になりますね~。

途中のコンビ二でアイス休憩をしてから帰路につきますが、アップダウンの76号線・77号線を走る気力も体力も時間もないので、旧日田街道を走って帰ることにします。

ところが、この旧日田街道の10キロあまりの区間がとんでもない向かい風。

速度も20キロを下回るありさまで、思わず笑ってしまいました。


3時間(60キロ)ほどのプチサイクリングでしたが、久しぶりのロードバイクでのサイクリングは楽しかった。

帰宅してからは畑の水やりをして、ビール&ワインで補給。

自転車で消費したカロリーはあっという間に・・・(笑)。


最近の私の自転車ライフは、車の多い市内の自転車通勤だけでしたから、こんなところを走るとほんと楽しい。

梅雨に入る前にもう一度ロードバイクでお出かけしたいです。

秋月の風景(トイカメラモードで)。
Dc060528



【おまけ】

私の一押し!

ユニクロのステテコ

さらりとした肌触りでとても快適。

柄も豊富で、ちょっと細身のシルエットにさりげなくスリットが入っていて、オシャレ!

ステテコなんて駄目なオヤジがはくものと思ってるあなた!これは違いますよ~(笑)。

室内着だけじゃ、もったいないくらいです。

私も近所のスーパーに行くときはこのまま出かけます。

やっぱり大好き、ユニクロ。

こんな終わり方で失礼します(笑)。

| | コメント (2)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »