« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

夏は博物館

Dc072916   

いや~毎日暑いです。

リビングのテーブルでブログ書いてますが、温度計は32度。

扇風機フル回転です。


先日、九州国立博物館で開催中の「美のワンダーランド 十五人の京絵師」を見に行きました。
Dc072912_2

最近の「伊藤若冲」人気もあって込み合ってるかも知れないと思い、閉館時間の1時間前ぐらいに行ったら少なかったです。

若冲の鶏、円山応挙の竜・・・すばらしい作品ばかりでした。

与謝蕪村って俳句の人だと思ってたら、素晴らしい日本画も書くんですね~。

他にも全国から有名な作品が集まっていて、どちらかというと洋画が好きな私でも楽しめました。

招待券もらったってこともあるけど(笑)、ずいぶんと得した気分の展覧会でした。

出光美術館(門司)で開催中の「利休と桃山茶陶」、北九州市立美術館「クールベ展」、そして一番楽しみなのは長崎ハウステンボス「幻のゴッホ展」。

絵画好きの夫婦、これからも素晴らしい作品を堪能するため、あっちフラフラ、こっちフラフラお出かけしますよ~。


それにしても連日暑い日が続きますが、こんな日は涼しい博物館や図書館に出かける(逃げる?)のが良いですね~。

あとスタバでアイスコーヒー飲みながら本を読んだり、スーパーマーケットも涼しくてお薦めです(笑)。

熱中症で搬送される方も多いらしいし、無理をせず、公共の場で涼みましょう!(笑)。


そんな暑い中、畑仕事がんばってます。

草取りや水やりは大変ですが、収穫したトマト、ナス、ピーマンなんかが食卓やお弁当に。

こんな立派なカボチャもとれましたよ。
Dc072922_2



【音と活字のお話】

音編・・・

先日、久しぶりにタワーレコードに行って、以前からチェックしていたCDを購入しました。

21j7vr0fw8l
ユーリズミックスのベストです。私の音楽の嗜好を知っている方は、「へ~、モモもこんなの聴くんだ~」とお思いでしょうが、聴くんです!(笑)シンセサイザーで作られたポップな音とアニー・レノックスのヴォーカルが合体するとなんとも素敵な音楽にへんし~ん!実はマドンナやブロンディのような艶やかな(色っぽい)声の女性が好きだったりします(笑)。「THERE MUST BE AN ANGEL」という曲はCMにもよく使われていて聴いたことあるとおもいますよ。


51yv8wxdf2l_3
レディオヘッド「THE BENDS」。前作の「OK COMPUTER」でノックアウトされた私。このアルバムでも見事にパンチをもらいました。パワフルではないのですが、独特なこのヴォーカルが好きかどうかで好みの分かれるバンドでしょうね。


71pcelact4l
チャールズ・ロイド「FOREST FLOWER」。チャールズ・ロイドのテナーサックスやフルートももちろん良いのですが、バックが凄い!キース・ジャレット(p)、ジャック・ディジョネット(ds)、セシル・マクビー(b)。とにかく緊張感を感じる演奏。それぞれが最高の音を出しながら、4人が交わるとその何倍も凄い音になってしまいます。ライブ盤ってこともあり、熱くなります。ジャズのCDはずいぶん持ってますが、これはトップ5に入れてもいいかな。


510kg7yj06l
SAYAKA「A CUBA」。SAYAKAって言っても松田聖子の娘じゃありません(笑)。実は以前紹介した「エル・ムンド」と言う番組に出演していたのを見て、大好きになりました。キューバのリズムにバイオリンの音色。キューバ音楽に出会い、日本を飛び出した大和撫子のエネルギー炸裂!!最近新しいアルバムが出たようです。



活字編・・・

安藤忠雄「仕事をつくる」、有吉正博「トレイルランニング」、夏川洋介「神様のカルテ2」、浅田次郎「降霊会の夜」、丘沢静也「下り坂では後ろ向きに」、湯本香樹実「夏の庭」、「ランナーズ2012 2月号」、「BRUTUS 2012 5月号 西洋美術総まとめ」。

お薦めは浅田次郎の「降霊会の夜」。

他人に罪をあたえたことがないなんて言える人は少ないでしょう。他人に罪を与えた意識のなかった主人公が降霊会の儀式?で死者と語りあうことになります。そこで色々な過去が・・・。ファンタジーな浅田ワールド全開!「地下鉄(メトロ)に乗って」の本(映画)が好きな方だったら面白いと思える本です。
降霊会の夜


今日は、奥さんとTUTAYAで涼み、スーパーで涼んで今帰宅しました(笑)。

山や自転車に乗りたい気持ちはあるのですが、52歳ともなると無理は禁物。

そう自分に言い聞かせて、今から焼酎ロックで体を冷やします!(笑)。

早く涼しくなりませんかね~。

| | コメント (2)

耶馬溪ふたたび

Dc111312



私が大好きな大分県耶馬溪(やばけい)が先日の豪雨でこんな状態に。

写真は中津市HPから
1 3 4


鉄橋(現在はサイクリングロード)も半分が流されています。

耶馬渓鉄道(昭和50年廃線)のあとに作れらた「耶馬溪サイクリングロード」。

日本一のサイクリングロードとも言われています。

紅葉の終わる頃には、枯葉が舞い散る中を走ることができて、最高です。
Dc111303 Dc111315 Dc111317


みんなで走ったこともありました。
Dc110797 Dc1107100 Dc1107111


もちろん、バイクでも何度も行きました。
Dc111904 Dc111912



今秋は、京都旅行と耶馬溪サイクリングロードを走って、それぞれ紅葉を満喫しようと奥さんと話していたばかり・・・。

今回の九州北部豪雨では大分県のみならず、福岡県や佐賀県でも甚大な被害が発生しています。

災害にあわれた方々には心からお見舞い申し上げます。

1日も早い復旧を願うばかりです。

| | コメント (0)

EL MUNDO

「EL MUNDO」とは世界という意味のスペイン語です。

最近、お気に入りの番組にBS1で放映中の「地球テレビ エル・ムンド」という番組があります。

今回、博多で公開収録があることを知り、応募したところ当選!!


今日の博多は、昼間は雷が鳴り響き、すごい雨でした。

それでも夕方にはなんとか雨もあがり、天神地区の某所に繰り出し、約90分の収録を楽しんできました。

100名ほどの観客がいましたが、皆さんパーティーに行くの?って感じのドレスアップした男女ばかりでした。

ユニクロのチノパンとポロシャツの私はちょっと(かなり)浮いてましたね~(笑)。


いつものように軽妙なトークと生演奏を楽しみ、あっという間に収録終了。

エレベーター・ホールに向かっていると、番組ナビゲーターのアンドレア・ポンピリオさんとアシスタントのバービィさんがお見送りしてくれて、思わず握手をしてしまいまいした。

目の前で見るモデルのバービィさんはフランス人形みたいで、かわいかった!

今日はテレビ番組の収録現場やその舞台裏も見られたし、ほんと楽しい時間でした。


「地球テレビ エル・ムンド」ですが、世界のカルチャー、ファッション、音楽などの紹介やゲストとのトークが楽しめます。

曜日によって内容が変わるので、録画して興味のあるところだけを見るのもありかな?

それと音楽好きの人には、一流アーチストの生演奏なんかも楽しみ。

最近は山中千尋(ピアノ)、ラリー・カールトン(ギター)が出演していました。


仕事も遊びもENJOYする大人のあなたにお薦めの番組です。

もちろん、遊んでばかりの私みたいな大人でも全然OKですよ(笑)。

地球テレビ エル・ムンド


なお、今回の収録分は7月24日に放送予定。

映っているかな?(笑)。

| | コメント (4)

キリマンジャロの雪

Top_img
画像はオフィシャルサイトより拝借


久しぶりに映画鑑賞。

いや~すばらしい作品でした。

「お涙ちょうだい」な映画じゃないけど、思わず涙が出てしまうヒューマン・ドラマです。

淡い色の映像も良かったですね~。


港町マルセイユで暮らす熟年夫婦。

リストラの波が押し寄せ、組合の委員長である主人公もリストラの対象となり・・・

キリマンジャロの雪オフィシャルサイト



【雑記】

何がきっかけで始めたのか忘れましたが、先月から「糖質制限食」をやってます。本を買ってちょっとお勉強して・・・。何でも本から入る私です(笑)。簡単に言えば米・パン・イモ類などの糖質を食べない(減らす)ってことです。もともと晩酌の時はあまりご飯食べないので、あまり「制限」って気もしないし、肉や魚などのたんぱく質は好きなだけ食べていますので、今まで以上に食べているような気がする。それでも体重が2~3キロ減ったし、スタミナもアップしたような。


「糖質制限食」にからんだ話ですが、本の中で酒のつまみとして、素焼きアーモンドを薦めていました。さっそくスーパーに行ったけど在庫ゼロ!ネットで調べたら案の定、NHKの某番組で素焼きアーモンドがアンチエイジング・ダイエット・便秘に良いと紹介されていたらしい。しかしテレビの影響力ってすごいですね~、って言うか迷惑だ(笑)。


まだまだ「糖質制限食」の話は続きます(笑)。本の受け売りですけど、ドレッシング買うときはなんとなく「ノンオイル」とか「カロリー少なめ」とか選びませんか?ところがこのようなドレッシングは糖質が多い。意外なことに、デブの必需品?マヨネーズですが、これが糖質がすごく少なくて良いらしい。奥さんとよく買い物に行きますが、最近は成分表示の糖質量ばかりみてる(笑)。ちょっと遊び感覚で楽しい。


さらに話は続きます(爆)。お酒ですが、ビールや日本酒などの醸造酒は糖質が多くてダメです。焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は糖質ゼロです。ただ醸造酒の中でも辛口の赤ワインはほとんど糖質はないらしい。当然ながら、晩酌の焼酎がすすんで大変(笑)。


やっと別の話(笑)。今年の4月から始めた農園生活。トマトやサニーレタスなどを収穫して美味しく食べてます。しかし虫が多くて大変ですね~。無農薬で栽培されている農家の苦労って半端じゃないのがわかります。ところで、ベランダのプランターで育てたゴーヤとひょうたん。立派なグリーンカーテンができて和室に差しこむ日差しを防いでくれて喜んでましたが、葉っぱの病気?が原因で、ほとんど枯れてしまった。これから夏本番だというのに・・・。いまはゴーヤが1本だけ、だらしなくぶら下がってます(涙)。


北九州市立美術館分館で開催されていた「画家 岸田劉生の軌跡」を見に行きました。岸田劉生と言えば、娘の岸田麗子の肖像画を多く書いたことで有名。とくにデフォメルした麗子立像(中央の写真)とかが有名ですが、他にも自画像や墨絵の掛け軸、本の表紙など色々あって飽きさせない展覧会でした。はじめて見た「麗子十六歳之像」(右の写真)なんかはデフォメルされてない美人な女性でビックリしました。3枚ともすべて麗子ちゃん(さん)です。

Kishida02 220pxkishida_ryusei_young_girl_stan Kishida1929reikozou



【音と活字の備忘録】

これだけ雨が降れば、バイク、自転車、山は無理です。

本を読んだり、音楽聴いたり、録画している番組なんかを観たり・・・

カビが生えそうな生活をしています。

しかも、梅雨の晴れ間はいつも仕事(涙)。


「音」編・・・

41n229fy7sl1
J GEILS BANDのデビューアルバム。J・ガイルズのギターも良いけど、やっぱりビーター・ウルフのヴォーカルとマジック・ディックのハープ(ハーモニカ)が素敵です。1曲目(WAIT)のピアノからハープが絡んでくるところなんて良いね~。肩の力の抜けたダルな曲からスピード感たっぷりの曲まで飽きさせません。5曲目(SERVES YOU RIGHT TO SUFFER)はまんまミック・ジャガーだ。インスト曲もあって、渋いけど、渋すぎないブルースバンドですかね。素晴らしい!!


51sfeohlkkl1
VINEGAR JOEです。ロバート・パーマーとエルキー・ブルックス(女性)のツインボーカルが売りのブルースを基盤にしたロック。とくにエルキーのヴォーカルはシャウトしても抑えて歌っても素晴らしいです。初めて聴きましたが、「隠れ名盤」だと言ってもいいかも。


100629640061
PACIFIC GAS & ELECTRIC「GET IT ON」.。1968年作のデビューアルバム。黒人のボーカル&白人のバックのブルースバンド。とにかくボーカルがカッコイイです。まるでジェームス・ブラウン。このオリジナルジャケットは卑猥ってことで検閲にひかかったらしく、今は別のジャケットになっているそうです。一言でいうと「ごきげんなアルバム」。スピード感たっぷりで、思わず体が動きます(笑)。


51fnhli5sgl
THE CLIMAX CHICAGO BLUES BAND のファーストアルバム(1969年)。グループ名にシカゴってはいってるからアメリカのバンドだと思っていたら、イギリスのバンドなんですね~。素晴らしい演奏だと思いますけど、なんだかちょっと元気たりないぞ!(笑)。デビューアルバムなのに若々しさがないな~。ボーカルが特にそう感じます。通好みのバンドかもしれませんが、私は「音楽通」じゃなくて、ただの「音楽愛好家」ですから(笑)。なんかスキッとしないアルバム。


61ufxwd3qhl
MAGGIE BELL「SUICIDE SAL」。またまた出ました「なんちゃってジャニス・ジョプリン」。どこからどう聴いてもブルース・ロックです。でもなんでか体にしみこんでこないんですよね~。ジミー・ペイジが参加してギター頑張ってます。ギター好きな人には良いかも。残念ながら今の私には相性が悪いかもしれませんが、時間を置いて聴き直したら大切な1枚になる可能性も感じます。そんなアルバムです(・・って、どんなアルバムやん??)。



「活字」編・・・

原田マハ「楽園のカンヴァス」、「オートバイ2012年4月号」、光森忠勝「カリスマサイクリスト鳴島英雄の自転車(ロードバイク)の楽しみ方」、「GREEN WALK 36秋号」、又吉直樹「第2図書係補佐」、筒井康隆「旅のラゴス」、「アサヒカメラ 2012 2月号」、夏川草介「神様のカルテ」、森絵都「気分上々」、有川浩「三匹のおっさん ふたたび」。


お薦めは・・・

原田マハの楽園のカンヴァス

アンリ・ルソーの有名な作品に「夢」という絵がありますが、それにまつわる「歴史的絵画ミステリー」かな。作者の原田マハさんはニューヨーク近代美術館に勤務したこともある方で、当然ながら美術(美術界)に詳しい。私は絵が大好きですが、どこまでが本当の話でどの部分が創作なのかわからない(笑)。あまりミステリーが好きじゃない私が一気読み。


又吉直樹の第2図書係補佐

お笑いコンビのピース又吉さんの本にまつわるお話。芸能界きっての読書家、太宰治好きとして有名です。又吉さんお薦めの本の紹介かと思ったら、さにあらず。楽しい話、ちょっと悲しい話、もちろん面白い話もたくさんありますエッセイ集。しかしこの方の文章力はすごい。コンパクトにまとめたそれぞれの文章はまさに一流の小説家が書いたもの言える。肩の力を抜いて読めるのに読み応えあり。



梅雨明けまでもう少し。

糖質ゼロのビールと焼酎ロックで暑い夏を乗り切るつもりです!(笑)

皆さんも、水分&塩分補給しましょうね。

| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »