« モモノツブヤキ 第11話 | トップページ | EL MUNDO »

キリマンジャロの雪

Top_img
画像はオフィシャルサイトより拝借


久しぶりに映画鑑賞。

いや~すばらしい作品でした。

「お涙ちょうだい」な映画じゃないけど、思わず涙が出てしまうヒューマン・ドラマです。

淡い色の映像も良かったですね~。


港町マルセイユで暮らす熟年夫婦。

リストラの波が押し寄せ、組合の委員長である主人公もリストラの対象となり・・・

キリマンジャロの雪オフィシャルサイト



【雑記】

何がきっかけで始めたのか忘れましたが、先月から「糖質制限食」をやってます。本を買ってちょっとお勉強して・・・。何でも本から入る私です(笑)。簡単に言えば米・パン・イモ類などの糖質を食べない(減らす)ってことです。もともと晩酌の時はあまりご飯食べないので、あまり「制限」って気もしないし、肉や魚などのたんぱく質は好きなだけ食べていますので、今まで以上に食べているような気がする。それでも体重が2~3キロ減ったし、スタミナもアップしたような。


「糖質制限食」にからんだ話ですが、本の中で酒のつまみとして、素焼きアーモンドを薦めていました。さっそくスーパーに行ったけど在庫ゼロ!ネットで調べたら案の定、NHKの某番組で素焼きアーモンドがアンチエイジング・ダイエット・便秘に良いと紹介されていたらしい。しかしテレビの影響力ってすごいですね~、って言うか迷惑だ(笑)。


まだまだ「糖質制限食」の話は続きます(笑)。本の受け売りですけど、ドレッシング買うときはなんとなく「ノンオイル」とか「カロリー少なめ」とか選びませんか?ところがこのようなドレッシングは糖質が多い。意外なことに、デブの必需品?マヨネーズですが、これが糖質がすごく少なくて良いらしい。奥さんとよく買い物に行きますが、最近は成分表示の糖質量ばかりみてる(笑)。ちょっと遊び感覚で楽しい。


さらに話は続きます(爆)。お酒ですが、ビールや日本酒などの醸造酒は糖質が多くてダメです。焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は糖質ゼロです。ただ醸造酒の中でも辛口の赤ワインはほとんど糖質はないらしい。当然ながら、晩酌の焼酎がすすんで大変(笑)。


やっと別の話(笑)。今年の4月から始めた農園生活。トマトやサニーレタスなどを収穫して美味しく食べてます。しかし虫が多くて大変ですね~。無農薬で栽培されている農家の苦労って半端じゃないのがわかります。ところで、ベランダのプランターで育てたゴーヤとひょうたん。立派なグリーンカーテンができて和室に差しこむ日差しを防いでくれて喜んでましたが、葉っぱの病気?が原因で、ほとんど枯れてしまった。これから夏本番だというのに・・・。いまはゴーヤが1本だけ、だらしなくぶら下がってます(涙)。


北九州市立美術館分館で開催されていた「画家 岸田劉生の軌跡」を見に行きました。岸田劉生と言えば、娘の岸田麗子の肖像画を多く書いたことで有名。とくにデフォメルした麗子立像(中央の写真)とかが有名ですが、他にも自画像や墨絵の掛け軸、本の表紙など色々あって飽きさせない展覧会でした。はじめて見た「麗子十六歳之像」(右の写真)なんかはデフォメルされてない美人な女性でビックリしました。3枚ともすべて麗子ちゃん(さん)です。

Kishida02 220pxkishida_ryusei_young_girl_stan Kishida1929reikozou



【音と活字の備忘録】

これだけ雨が降れば、バイク、自転車、山は無理です。

本を読んだり、音楽聴いたり、録画している番組なんかを観たり・・・

カビが生えそうな生活をしています。

しかも、梅雨の晴れ間はいつも仕事(涙)。


「音」編・・・

41n229fy7sl1
J GEILS BANDのデビューアルバム。J・ガイルズのギターも良いけど、やっぱりビーター・ウルフのヴォーカルとマジック・ディックのハープ(ハーモニカ)が素敵です。1曲目(WAIT)のピアノからハープが絡んでくるところなんて良いね~。肩の力の抜けたダルな曲からスピード感たっぷりの曲まで飽きさせません。5曲目(SERVES YOU RIGHT TO SUFFER)はまんまミック・ジャガーだ。インスト曲もあって、渋いけど、渋すぎないブルースバンドですかね。素晴らしい!!


51sfeohlkkl1
VINEGAR JOEです。ロバート・パーマーとエルキー・ブルックス(女性)のツインボーカルが売りのブルースを基盤にしたロック。とくにエルキーのヴォーカルはシャウトしても抑えて歌っても素晴らしいです。初めて聴きましたが、「隠れ名盤」だと言ってもいいかも。


100629640061
PACIFIC GAS & ELECTRIC「GET IT ON」.。1968年作のデビューアルバム。黒人のボーカル&白人のバックのブルースバンド。とにかくボーカルがカッコイイです。まるでジェームス・ブラウン。このオリジナルジャケットは卑猥ってことで検閲にひかかったらしく、今は別のジャケットになっているそうです。一言でいうと「ごきげんなアルバム」。スピード感たっぷりで、思わず体が動きます(笑)。


51fnhli5sgl
THE CLIMAX CHICAGO BLUES BAND のファーストアルバム(1969年)。グループ名にシカゴってはいってるからアメリカのバンドだと思っていたら、イギリスのバンドなんですね~。素晴らしい演奏だと思いますけど、なんだかちょっと元気たりないぞ!(笑)。デビューアルバムなのに若々しさがないな~。ボーカルが特にそう感じます。通好みのバンドかもしれませんが、私は「音楽通」じゃなくて、ただの「音楽愛好家」ですから(笑)。なんかスキッとしないアルバム。


61ufxwd3qhl
MAGGIE BELL「SUICIDE SAL」。またまた出ました「なんちゃってジャニス・ジョプリン」。どこからどう聴いてもブルース・ロックです。でもなんでか体にしみこんでこないんですよね~。ジミー・ペイジが参加してギター頑張ってます。ギター好きな人には良いかも。残念ながら今の私には相性が悪いかもしれませんが、時間を置いて聴き直したら大切な1枚になる可能性も感じます。そんなアルバムです(・・って、どんなアルバムやん??)。



「活字」編・・・

原田マハ「楽園のカンヴァス」、「オートバイ2012年4月号」、光森忠勝「カリスマサイクリスト鳴島英雄の自転車(ロードバイク)の楽しみ方」、「GREEN WALK 36秋号」、又吉直樹「第2図書係補佐」、筒井康隆「旅のラゴス」、「アサヒカメラ 2012 2月号」、夏川草介「神様のカルテ」、森絵都「気分上々」、有川浩「三匹のおっさん ふたたび」。


お薦めは・・・

原田マハの楽園のカンヴァス

アンリ・ルソーの有名な作品に「夢」という絵がありますが、それにまつわる「歴史的絵画ミステリー」かな。作者の原田マハさんはニューヨーク近代美術館に勤務したこともある方で、当然ながら美術(美術界)に詳しい。私は絵が大好きですが、どこまでが本当の話でどの部分が創作なのかわからない(笑)。あまりミステリーが好きじゃない私が一気読み。


又吉直樹の第2図書係補佐

お笑いコンビのピース又吉さんの本にまつわるお話。芸能界きっての読書家、太宰治好きとして有名です。又吉さんお薦めの本の紹介かと思ったら、さにあらず。楽しい話、ちょっと悲しい話、もちろん面白い話もたくさんありますエッセイ集。しかしこの方の文章力はすごい。コンパクトにまとめたそれぞれの文章はまさに一流の小説家が書いたもの言える。肩の力を抜いて読めるのに読み応えあり。



梅雨明けまでもう少し。

糖質ゼロのビールと焼酎ロックで暑い夏を乗り切るつもりです!(笑)

皆さんも、水分&塩分補給しましょうね。

|

« モモノツブヤキ 第11話 | トップページ | EL MUNDO »

コメント

キリマンジェロの雪ですか。
よさそうですね。
ゾンビ、宇宙人、ホラーやら暴力の映画も最近見なくなりました。
映画自体見ていないのですが気持ちが暖かくなる映画ならいいですね。
今度、「のぼうの城」が映画上映されます。
女房の実家からすぐの所の忍城の映画なんですが津波の影響で上映が伸びていました。
ぜひ、見て下さい。 11月だそうですが楽しみにしています。

投稿: アパッチ | 2012年7月11日 (水) 17時20分

アパッチさん
歳をとったからか、「制作費◯◯億円の大作!」なんて派手な映画に興味がなくなりました。
かわりに?こんなヒューマンドラマが好きになりましたね。

「のぼうの城」のオフィシャルサイトをみました。
面白そう!
見にいきますよ。

投稿: 博多のモモ | 2012年7月12日 (木) 00時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« モモノツブヤキ 第11話 | トップページ | EL MUNDO »