« おめでとう♪ | トップページ | 大興禅寺 2012秋 »

九州大学をそうつく

日曜日の午後にポッカリと時間ができた。

どこに行こうかと奥さんと相談。

散らかり放題の本棚に「箱崎そうつくMAP」という散策用パンフレットがありました。

これを見ながら歩いてみようかな。

ちなみに「そうつく」とは、うろつく、歩き回ると言う意味の博多弁です。

子供の頃、道草くって帰ってくると、「そうつかんで、さっさと帰ってこんね」と母親に叱られていましたね~(笑)。


JRで福岡市東区の箱崎まで移動します。

このあたりは旧い町並みが残っていて、懐かしい気持ちになります。

通勤の時に近くを歩いているので、この界隈は少々詳しいです!

JR箱崎駅をスタート。

ほどなくして、泣く子も黙る九州大学に到着!
Dc111054


九州大学の起源は1867年に設立された福岡藩の藩校。それから1911年に九州帝国大学となります。

ま~私のような凡人にはまったくもって縁のない大学です(笑)。

正門の横にはこんなレトロな守衛室があります。

でも守衛さんがいるのは見たことないな~。
Dc111056


工学部本館です。

近代化産業遺産に指定、福岡市景観賞受賞。

1930年にできたシンボル的な建物です。

現在は博物館として利用されています。
Dc111057


こんな歴史ある箱崎地区の九州大学ですが、現在は福岡市西区伊都の新キャンパスへ移転中です。

この広大な箱崎地区の敷地と多くの建物は将来どのようになるんでしょうか。

ピカピカの伊都キャンパスも良いけど、私の年代だったら、「九州大学いうたら箱崎やろ~もん」と言いたくなる(笑)。

大学をあとにし、箱崎界隈の路地裏をそうつきます。そしていつものように箱崎宮ちかくのナガタパンで美味しいパンと無料のコーヒーで休憩。

その後はこれまたいつものように博多駅の東急ハンズや紀伊国屋をそうついて帰宅しました。



【雑記】

先月めでたく(もう、めでたくないか)53歳になった私。長女からは糖質の少ないアイスクリームや、ウイスキー(糖質ゼロ)をもらったり。次女からはいつも愛用している5本指の靴下をもらったり・・・、色々気をつかって選んでもらい、ありがとう。


先日、皮膚科へ。乾燥するこの時期になると後頭部がかゆくなり薬をもらうのが年中行事。頭皮と髪は大切にしないとね~(笑)。


福岡市美術館で開催中の大英博物館古代エジプト展へ行きました。そこでデジカメでバシャバシャ展示物を撮影している女性を発見!。一瞬「今日は撮ってもいいのか?」なんて思いましたがやっぱりそんなはずもなく、係の方に注意されていました。中国人だったようで、わからなかったんですね。中国ではOKなのかな?あまりに堂々と撮影するんで、まわりの方もドン引きでした(笑)。


実家で芋掘り。私の畑で芋掘り。幼稚園でも芋掘りするらしいから、孫娘も飽きたでしょうね(笑)。私の畑では冬野菜もそれなりに収穫でき、新鮮な野菜が食卓に並びます。ただ、百均で買ったニンジンの種は全滅みたい(涙)。種ケチったらダメだな~(反省)。


10年物の愛車フィットのエンジン下のカバーが脱落してしまい修理することに。ディーラーに行くとすごい数のお客さんでした。ホンダの新型軽「N-ONE」が大人気のようです。私の年代だったらN360(愛称Nコロ)をほうふつさせる懐かしくなるデザインですね。昔を思い出し、アイビールックでこの車に乗るオヤジが出てくるかも。


近くの市民ホールで文化祭が開催していたので、夫婦で行ってみました。この日はかなり寒く、おもわず豚汁の露天に駆け込みました。これが絶品!ちなみに夕食も豚汁。奥さん何考えてるの?絵画・写真展や陶芸の作品(長女が出品)を見て回り、個人出店の古本市をのぞくと大好きな村上春樹の1Q84の文庫本がセットで発売中。きれいでお安い。残念ながらあとで見に来たら売れていた。さっさと買えばいいのに・・・決断力のない自分が腹立たしい。


職場で接遇研修を受けました。特殊なメガネや重り?などを体に巻き付けて「高齢者」を体験します。歳を取ったらこんなに体って動かないものなの??ちょっとビックリです。歳をとってもマラソンやトライアスロンなんかができるお年寄りもいますよね~。老後のために今から体力の貯金しよう!


昨年の12月から続く歯医者通い。通院も現在32回目になりました。まだまだ終わりは見えません。トホホ(涙)。


毎年夫婦で人間ドッグ。今年も行ってきました。結果は歳なりかな(笑)。普段は気にならないのですが、子供の頃からの耳鳴りが治りません。生涯で一番長くつき合ったのは耳鳴り君です(トホホ)。


12月が車検のバイクですが、乗り続けるかどうか思案中。年に1500キロぐらいしか乗らないし、もっと軽量なバイクに乗り換えたい気持ちも。ホンダのCRF250Lやヤマハのセローなどのオフロードバイクをツーリング仕様にして乗りたいな~と思ってますが、バイクが変わっても劇的に乗るのかどうかは甚だ不明(笑)。けっきょくユーザー車検だったら2万円ほどで済むし、車検を受けるかな・・・。そんな悩んで悩んでの自分に奥さんはあきれて「好きにし~!」と。ほんと重ね重ね決断力がない人間です、私。



【本】

荻原浩「幸せになる百通りの方法」、中田永一「くちびるに歌を」、高野和明「ジェノサイド」、伊坂幸太郎「PK」、水村美苗「母の遺産」、宮下奈都「誰かが足りない」、沢木耕太郎「バーボンストリート」、集英社文庫編集部「短編復活」 


おすすめは・・・

「幸せになる百通りの方法」。今の世の中って複雑で大変ですよね。人間関係もそうだし、物や情報があふれていて、意味もなくいつも欠乏感のようなものを感じる。そんな時代に一生懸命生きている人々をちょっとコミカルに書いた短編集。オレオレ詐欺をやりこめる大阪のおばちゃんの話は笑えました。


「バーボンストリート」。沢木耕太郎の本はずいぶん読みましたが、どれも読みやすく、それでいて軽くない。世界中を旅してまわる作者。行動力がそのまま文章に出てるような。憧れる男性ですね~、生き方とか。


「短編復活」。小説「すばる」創刊15周年を記念して2002年に発売された文庫本。次女が読み終わって部屋に転がっていたの読んでみました。赤川次郎や東野圭吾などおなじみの作家16名の16の作品。短い文章の中にもそれぞれの作家の個性が出ています。



【音楽】

Bob_seger
BOB SEGER「BRAND NEW MORNING」。ちゃんと聴いたのは初めて。苦手な弾き語りです(笑)。この人のいつものスタイルじゃないようです。他のアルバムなら、また違ったかも。

Mama_lion_1st_2nd
MAMA LIONです。「PRESERVE WILDLIFE」と「GIVE IT EVERYTHING I'VE GOT」の2枚のアルバムが1枚のCDになったもの。この方のシャウトなボーカルは体質的に無理(笑)。まるでクビを締められているような叫び声だ(笑)。バックの演奏は好きなだけに残念。

Spooky_tooht_2nd_2
SPOOKY TOOTH「SPOOKY TWO」。セカンドアルバムです。これは好きだな~。ギターとハモンドオルガンが中心の骨太ロック。ドラマチックな曲が多く、わかりやすいメロディーも◎。

Cannet_heat_2
CANNED HEATです。かなりマイナーなバンド?知りませんでした。演奏は奇をてらうことのないスタンダードなブルースで、ハープの音色も良いしダミ声のボーカルも好きです。

In_utero
NIRVANA「IN UTERO」。音楽通の方は代表作「NEVER MIND」よりこちらが良いと言われますが、通じゃない私は大好きな曲「smells like teen spirit」が入っているからNEVER MINDが好きですね。

Photo
PAUL McCARTNY「WINGS WILD LIFE」。いや~シンプル。高校時代にWINGSにはまっていたこともあり、懐かしい。手作り感たっぷりのアルバム。年に一度くらい聴きたくなるアルバムです。



「寒い」。

口を開けるとこの言葉しか出てこない。

明日はストーブ出して灯油買いに行こうかな。

今年になって少し体が絞れた分だけ脂肪が減って?寒がりになったかも。

「あ~寒い」。 

|

« おめでとう♪ | トップページ | 大興禅寺 2012秋 »

コメント

福岡には歴史ある建造物が多いのですね。
時間をかけてみてみたくなりました。

私もずっと耳鳴りに悩まされていて先週の金曜も耳鼻科に行ったんですね。
そのせいか高い音が聞こえないために検査で引っかかってしまいます^^;
しょうがないみたいですね。
歳をとるとしょうがないとも言ってました。

投稿: アパッチ | 2012年11月12日 (月) 09時33分

アパッチさん
そうですか、アパッチさんも耳鳴りですか。
私も左耳の高音域が聞こえずらいです。

音楽好きの私、i pod の使用をやめようかと思いましたが、健康な人でも加齢とともになるし、やめたから完治するわけでもないだろし・・・。
これからも上手につき合っていこうと思います。

投稿: 博多のモモ | 2012年11月12日 (月) 13時31分

この記事へのコメントは終了しました。

« おめでとう♪ | トップページ | 大興禅寺 2012秋 »