« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

京都2012 2日目

前回の記事からずいぶんと更新さぼってました。

引き続き、京都の旅のお話にお付き合いください。


2日目は予報どおりの雨です。

雨夫婦なんで驚きません。

去年京都に行った時は台風でしたから(笑)。

今日の予定は東福寺と嵐山です。

あとは時間次第ってことで。

早めに起きてホテルをチェックアウトし、東福寺の開門時間に到着。

ところがすでに長蛇の列!

さすが人気のお寺ですね~。

Dc1128142 Dc1128149 Dc1128176

私の写真の腕&感性では伝えることができませんが、しっとりと雨に濡れた葉っぱの一枚一枚がきれいです。

3枚目の通天橋あたりからの写真がよく雑誌とかに載ってますね。


同じく東福寺の方丈庭園。

「美の壷」という趣味?の番組を観てから、ぜひ行きたかったところです。

近代庭園の傑作と言われ、方丈の東西南北に四つの個性的な庭があります。

2枚目の市松模様の庭とか和洋折衷で?面白いですね~。

Dc1128183 Dc1128188 Dc1128201


京都駅に戻り、JRで嵐山に向かいます。

さすが紅葉の時期の嵐山は大人気。

ま~この時期の京都はどこに行っても朝ラッシュ状態ですけどね。

雨に煙った嵐山も良いでしょ?(笑)。

Dc1128223 Dc1128232


嵐山でのお薦めは「大悲閣千光寺」。

京都や奈良に詳しい職場の方から薦められたお寺です。

渡月橋を渡って1キロほど上流に行った山の中にあり、天気が良ければ京都市内を一望できます。

まだまだ来る人は少なく、「知る人ぞ知る」お寺ですが、こんな角度から嵐山を楽しむのもありかな~と私は気に入りました。

ただ、奥さんとは相性が良くなかったようで、「私はもう来ない」と(笑)。

確かに賑わっている渡月橋周辺とは別世界だし、やる気のなさそうな受付のおじさんが「よ~くこんな天気の中、来なすったな~。今日は2人しか来とらんし・・・」とか聞いてもいないのに正直に話してました(笑)。

せっかくここまで歩いてきたのに、そんなこと言われたらがっかりだな~(笑)。

見晴らしは良いですよ~。

Dc1128228_2


またまたJRで京都に戻り、時間があったので三十三間堂のとなりの養源院に行きます。

ここにある俵宗達の杉戸絵を見るためです。

象、獅子、麒麟などが杉戸に書かれていて、特に象の絵などは現代でも通用するようなポップさに驚きます。

またここの廊下の天井は伏見城から移築された板が使われており、血の跡が染み付いています。

伏見城落城の時、最後まで城を守った武士が自刃した跡で、「血天井」と言われています。


養源院を出て徒歩で京都駅に向かう途中、金物屋さんで奥さんが手作りのアルミの鍋を買ったり(京都に来て鍋買わなくてもな~)、西本願寺や東本願寺を見てまわりました。

あとはいつものように京都駅でお土産と帰りの新幹線での反省会用のビールと惣菜を買います。

毎年行く京都ですが、今回初めて紅葉の時期に行きました。

覚悟してましたけど、人の多さは想像以上でした。



今年もあと少しとなりました。

今日の博多はチラホラと雪が舞っています。

寒がりの私は暖かい部屋から出られません。


大掃除は「お気軽自遊人」のお父さんがやるのが我が家のきまり(笑)。

なんで、ますます忙しくなりそうだ。


私は大晦日も仕事で、新年を職場で迎えることとなります(涙)。

やっぱり紅白でも見ながら、作りかけのおせち料理をつまみに飲む・・・っていうのが新年の迎え方ですよね?。


たぶん今回の記事が今年最後の記事となります。

1年間ありがとうございました。

ちょっと早いですが皆さん良いお年をお迎え下さい。

風邪がはやってますから、お気をつけ下さいね。


【奥さん撮影】

Dc1128276 Dc1128283 Dc1128293

Dc1128275 Dc1128302 Dc1211117

| | コメント (6)

京都2012 1日目

連日寒い日が続きますね~。

最高気温6度の風が強かった昨日、バイクのユーザー車検+プチツーリングに行ったのですが、終日バイクの上で固まってました。

寒がりの私、すでに春が待ち遠しいです。


ちょっと前のネタですが・・・

11月の下旬、毎年恒例の京都旅行に行ってきました。

紅葉の時季の京都は初めてです。

覚悟していたとはいえ、とにかく観光客の多さにビックリ!!

京都+紅葉+日曜日ですから、しかたないですね。

どこに行っても素晴らしい被写体はたくさんあるのに、好きなようには写真も撮れないほどです。


いつものように博多を7時30分発の新幹線に乗って、10時過ぎに京都に到着。

今日の予定は、南禅寺から銀閣寺まで哲学の道にそって歩くこととします。

最初の南禅寺で人の多さにめげ、予定を少々変更。

南禅寺~永観堂~哲学の道~法然院とします。

どこの紅葉も見ごろでしたけど、とくに永観堂の紅葉は素晴らしかった。

Dc112819 Dc112848 Dc112862

Dc112865 Dc112871 Dc112878


銀閣寺前の参道は人が多すぎて、前にも後ろにも進まないのが遠くからでもわかります。

とても寄り付けない。

バスに乗って京都駅にもどりますが、渋滞していてなかなか進みません。


なんとか京都駅に着き、JR京都線で山崎駅(サントリー山崎蒸溜所で有名)に移動し、アサヒビール大山崎山荘美術館に向かいます。

大山崎山荘は大正から昭和初期に実業家の加賀正太郎が別荘として自ら設計した英国風の山荘です。

それをアサヒビール(株)、京都府、大山崎町が協力して復元整備し、1996年に美術館としてよみがえりました。

クロード・モネの睡蓮の連作や年代物の器や壷などが展示されていましたが、一番感動したのはやっぱり山荘そのものです。

実業家であり趣味人としても有名な加賀正太郎がこだわって建てたこの山荘自体が美術品ですね。

天王山の山中にあるこの美術館、眺めも素敵です。

京都市中の人の多さとは無縁のこの山荘は紅葉も素晴らしくて、穴場ですよ。


再び京都に戻り、祇園あたりを延々とうろつき回り、奥さんがチェックしていた京料理のお店を探します。

なんとか探し当てましたが、定休日!(涙)

そんな気がしないでもなかったけどね、奥さんの情報だから(笑)。

店の前でぼうぜんとしていると、となりのお店の前に若いカップルが順番を待っているのが目にはいります。

店外で待つ人がいるんだから、良いお店じゃない?

予想は大当たり!

美味しい京料理を楽しめました。

しかもかなり安かった(あとでレシートをチェックしたら、一部付け忘れてました!)。

ホテルの部屋で再び飲みなおし、初日は終了。

ホテルの窓から京都駅・・・
Dc1128137



【奥さん撮影】

Dc121123 Dc1128204 Dc1128241

Dc1128247 Dc1128257 Dc1128260

奥さんの写真の説明を少々・・・

1枚目は南禅寺の「疏水」。琵琶湖の水を京都市内に運ぶ水路。古いお寺と煉瓦造りの水路の組み合わせが面白い。

2枚目は南禅寺の三門。お金を払って上層にあがりましたが、見晴らしはもうひとつ。

3枚目、4枚目はアサヒビール大山崎山荘美術館。

あとは地下鉄と抹茶ソフト(笑)。

| | コメント (6)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »