« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

明日はフェリーの中

Dc1002111
写真は本文とは関係ありません


明日から京都~四国ツーリングに行ってきます。

30日 門司~大阪のフェリー船中泊。

31日 京都 皆さんと合流。

 1日 天橋立 京都からツーリングを楽しみます。

 2日 小豆島 どんなところなのか不明(笑)。

 3日 高知 桂浜で坂本龍馬に遭遇!

 4日 四万十 日本一の清流に沿って走ります。

6泊7日のツーリングです。

日頃お会いできない方々との再会&ツーリング。

梅雨入りしてますが、安全に走ってこようと思います。

天気さえ良ければ、京都・小豆島・高知・四万十の4日間はランニングも予定しています。

行ってきます!

| | コメント (2)

休日のあれこれ・・・

ネタがありません(笑)。

最近の休日の過ごし方でも記事にしてお茶をにごそう(爆)。



【休日その1】

Dc052014_3

Dc052011_2 

関連会社の方に誘われて福岡市西区小戸のヨットハーバーでバーベキュー。

この日はちょっと肌寒かったけど、飲んで食べれば盛り上がります。

飲んだ~、食べた~。

幹事の方、色々とありがとうございました。

ここはバーベキューセットや炭のレンタルがあり、すぐ横に食材やお酒が買えるお店もあって、手ぶらでバーベキューが出来てお勧めです。



【休日その2】

Dc052024

Dc052028 Dc052033

北九州市美術館で開催中のルーベンス展を見に行きました。

さすがに世界的に有名な作品はなかったけど、楽しめました。

美術館から見た北九州の街。

PM2.5?で霞んでますね~。



【休日その3】

Dc052040

Dc052044 Dc052037

どこに行こうかと迷ったら、やっぱり糸島方面に繰り出します。

今日はカフェではなくてお隣の伊都安蔵里(いとあぐり)でお食事。

築150年の醤油蔵を改装した店内。

有機野菜を中心にした体が喜ぶお食事でした。

いただきま~す♪

Dc052056 Dc052059 Dc052063

お腹がいっぱいになってもまだまだ食べられます(笑)。

昨年7月に開店したジェラートのお店「ロイターマーケット」。

エアストリームと言われるシルバーのトレーラーハウスが目印です。

旬の地元の食材を使った健康的なジェラートがモットーらしい。

残念ながらこの日は出張営業中のため臨時休業(涙)。

ちなみに営業日は天気の良い日の日中、休日は悪天候の日なのでご注意。

良いね~、このアバウトな営業時間(笑)

いつもの二見ヶ浦では子供達の歓声。

まるでポッキーのような電柱を発見(笑)。

この日は雲が多いものの気温が高かったので、ランニング、自転車、バイクなど糸島半島は大賑わいでした。


駆け足でお茶をにごしました(笑)。

気持ちはすでに月末からの京都~四国ツーリング。

図書館から借りた地図やガイドブックでおおよそのコースは決定。

ただ、宿は当日ビジネスホテルや民宿などを見つけるつもりです。

先に泊まるところを決めてしまうと無理して走ってしまい、余裕がなくなって危ないですからね。



【活字の備忘録】

小山田浩子「工場」、「ランナーズ1月号~4月号」、村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」、有川浩「旅猫リポート」。

話題の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。ずいぶんと村上春樹は読んだし、再読した本も多い。そんな自分からすると期待が大きかった分ちょっと残念な気持ち。ただ時間をおいて再読すると評価が大きく変わる可能性は大。村上春樹の本はそんなのが多いですもんね。



【音の備忘録】

Photo
LITTLE VILLAGEのデビューアルバム。ジョンハイアットをはじめ強者揃いのメンバー。派手じゃないけど良いね~。

Photo_2
しつこく聞いてますJASON MRAZ。この「WAITING FOR MY ROCKET TO COME」でオリジナルアルバムはぜんぶ聴いたことになります。これからは飽きないようにたまに聴くことにしよう(笑)。

Photo_3
昔はクルセイダーズ好きだったのですが、いつの間にか聴かなくなり、バンドがどうなっているかも知りませんでした。オリジナルメンバーが復活したクルセイダーズが聴ける「RURAL RENEWAL」。エリック・クラプトンも参加してます。でもサウンドは同じリフの繰り返しに甘いサックスがからむ・・・昔と同じクルセイダーズサウンドですね。懐かしい。

Photo_4
EGO WRAPPIN「NIGHT FOOD」。年に何度か聴きたくなる愛聴盤です。



心地よい季節は通り過ぎ、早くも夏。その前には鬱陶しい梅雨がきますね~。片道15キロの自転車通勤でもかなりの汗。ランニングも早朝か夕方しか無理。エアコンの効いた部屋に引きこもらないようにしないと・・・。

汗っかきの私。ランニングの効果?で汗腺がますます開きやすくなったかも?年齢的に加齢臭や汗の臭いに気をつけないと!そんな時次女から脇の臭いを抑えるクリームをもらいました。一度使いましたが、なかなか良さそう。マツキヨで人気商品らしいです。オヤジも大変ですよ、夏は(笑)。

ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。

次回はもっと気の利いた記事が書けるように頑張ります!(笑)。

| | コメント (2)

カフェ&シュガー(マン)

我が家はみんなカフェ好き。

地元の新聞に福岡のカフェにまつわる話が連載されていて、切り抜いてスクラップしていました。

その中から今回選んだのは、福岡市中央区赤坂にある「珈琲美美(びみ)」。
Dc042815


ここは1階が焙煎室で2階が喫茶スペースになっています。

店主の森光宗男さんは高校卒業後にハワイに渡り、帰国後は東京・吉祥寺にある自家焙煎の草分け的な名店「もか珈琲店」に入店。コーヒーの鬼と称された標交紀(しめぎゆきとし)氏の元で修行します。その森光さん、各地の喫茶店で数千杯のコーヒーを飲んだところ、心から感動したのはわずか3杯だけだったそうです。その3杯のコーヒーがいずれも三角帽の形をしたネル(綿生地)のフィルターを使っていたので、このやり方を習得。現在もこのやり方でコーヒーをいれています。ちなみに理想の一杯を作れるのは年に1度か2度。それが飲めるかどうかは一期一会だとか(新聞記事より抜粋)。

私は中味、奥さんは淡味のコーヒー。次女はカフェオーレのホット。

うま~い。

味音痴の私でも酸味と苦みのバランスが素晴らしいのがわかります。

口の中でじっくりと味わいながら頂きました。

フルーツケーキを一皿頼みましたが、甘いものを食べながら飲むとコーヒーの苦味と酸味が強調されてさらに美味しかった。

お店も落ち着ける雰囲気で、街中にあるとは思えない静かな空間でした。
Dc042802 Dc042807


市中心部に移動し、次女と別れて奥さんとKBCシネマへ。

ここは話題の大作や有名な俳優が出演するような作品は上映しませんが、地味ながら素晴らしい作品を取り上げる映画館。

暗くて重い内容の映画が好きなモモ夫婦にはピッタリ(笑)。

今回は「シュガーマン 奇跡に愛された男」です。

今年度のアカデミー賞「長編ドキュメンタリー映画賞」を受賞した作品です。

前回の記事でこの映画のサウンドトラックCDを紹介しましたが、興味のある方は幻のシンガーと言われる主人公「ロドリゲス」を音でも堪能して下さい。

素晴らしいドキュメンタリー作品でした。

多くの人の努力が数珠繋ぎとなって、忘れ去られていたシンガーが再びステージに上がるまでのドキュメンタリー。

ほんとに奇跡だ!

さらに驚くのは,有名になると再び音楽の世界で一儲けなんて思いそうですが(私なら絶対にそうです)、相変わらずデトロイトの古い家に住み、重労働な仕事を続けているらしい。

ほんとロドリゲスさんはぶれない人ですね~。

印象的なのは,映画に登場する3人の娘さんが「父を誇りに思っています」とコメントするところ。

家族に誇りにされる父(夫)なんて・・・。

好きなことばっかりしている私はダメですね(笑)。

最後はすごく暖かい気持ちになれた映画でした。

「シュガーマン奇跡に愛された男」公式サイト



今回の記事が第200号!(パチパチ)。

ぐ~たらやっていてるようで、200もの記事を書いたんですね~。

私が一番ビックリしています。

皆さん、これからもよろしくお願いします。

ネタ作りのためにも、色々と遊びのお誘い待ってますよ!

| | コメント (2)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »