« アイドルに遭遇! | トップページ | 門司港駅改修工事進捗状況調査ツーリング(笑) »

くじ運の使い方

仕事帰りに地下鉄博多駅の宝くじ売り場に寄ります。

封を開けていないジャンボ宝くじ10枚を渡して、当選金の表示画面を食い入るように見つめます。

もし高額当選したら・・・

「うそでしょう~」、「いや~まいったな~」と照れたり

周りの人から握手を求められたら、

「とりあえず欲しいものないから、貯金してゆっくり考えますよ~」

などとちょっと余裕をかましたり・・・。

そんな自分をイメージし、準備万端でしたが、

やっぱり「300円」の表示(笑)。


数日前の福岡マラソン2015の抽選結果の発表日。

自宅のパソコンで検索したら、「当選」。

またまた(昨年の第一回大会に続き)、当選したよとリビングにいた奥さんと次女に言うと、二人ともノー天気に拍手喝采(笑)。

マラソンの当選ほど微妙なものはなく、もちろん嬉しいけど、今年の夏も頑張って走らないといけないな~とか、すごく大きな荷物を背負った気分。

「当たって嬉しい、外れて安心」が本音かも。

ランナーの皆さんは日々のモチベーションを上げるために大会に出るのかな?

ぐうたらな私、落選してたら、夏はほどほどにしか走らないにきまってる。

そんなこんなで、嬉しいようなそうじゃないような、自分でもそこらへんの微妙な気持ちがよくわからない(笑)。

走らない人からみたら、なんでまたお金を使って、きつい練習して、何が楽しいんだか?ってことなんでしょうね。

私もそう思わないでもない(笑)。

これが宝くじで高額当選なら、自分を見失うほどに手放しで喜ぶんでしょうけどね。

テーブルの上の300円を眺めつつ、「当選」にも色々あるな~とあらためて思いました。

もしかして私「くじ運」の使い方間違ってるのかも・・・(笑)。



【オマケ】

昨年一緒に出場したM君は残念ながら落選。

うちの職場では巨漢のG君が当選したらしい。

他の職場の方々も落選したかたが多いみたい。

こんな時は、落選したランナーのぶんまで頑張りますといえばカッコイイのでしょうが、私はそんな「できた人間」じゃないし(笑)。

今年も応援に来てくれる(かな?)家族と、スタッフの皆さん、もちろん自分のために走るつもりです。

昨年は5倍、今年は3.6倍だったかな、よくも当選しました私。

大会まであと128日。

やるしかないです、はい。

福岡マラソン2015

|

« アイドルに遭遇! | トップページ | 門司港駅改修工事進捗状況調査ツーリング(笑) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。